東京競馬場の芝2400m重賞レースに強い騎手・種牡馬や穴を開ける騎手は?

2400m

東京競馬場の芝コース2400mで行われる重賞レースでの、成績が良い騎手・調教師・種牡馬や、穴を開ける騎手などを紹介したいと思います。

東京コースの2400mと言えば、真っ先に思い浮かぶのが、日本ダービー(GⅠ)ジャパンカップ(GⅠ)です。世界的に見ても、凱旋門賞やブリーダーズカップターフが2400mで行われており、いわゆるクラシックディスタンスと呼ばれており、世界最高峰のレースといわれています。

2400mを乗り切るためには、スピード+スタミナや底力が要求されます。クラシックディスタンスを制する事により、引退後に種牡馬入りした時の価値を高める事となります。

かなり重要なレースが行われる東京コースの2400mですが、果たして得意としている騎手や血統は存在するのでしょうか?

東京競馬場芝コース2400mの特徴

東京競馬場の芝2400m重賞レースに強い騎手・種牡馬や穴を開ける騎手は?引用:JRA

スタート地点は、正面スタンド前の直線です。スタートしてすぐにゴール版を1度通過します。最初の1コーナーまでの距離は349.5mと、あまり長くない距離ですね。2コーナーを周ったバックストレッチ(向こう正面)は約450mです。

3コーナー手前付近からは、緩い上り坂になっていて、そこから3.4コーナーにかけて下り坂になります。最後の直線の長さは525.9mですが、途中から2.1mのこう配が待ち構えています。

コースはA.B.C.Dの4パターン存在して、GⅠレースでは、オークスだけがBコース。ダービーとジャパンカップがCコースで行われます。

最初のコーナーまでの距離349.5m
コーナーの数4つ
コース区分A.B.C.D
直線のこう配(高低差)2.1m
ゴール前の直線の長さ 525.9m

 

東京芝コース2400mで行われる重賞レース

対象レース名

  • オークス(GⅠ)
  • ダービー(GⅠ)
  • ジャパンカップ(GⅠ)
  • 青葉賞(GⅡ)

コースレコード

  • アルカセット(牡5) 2分22秒1

東京芝2400m重賞レースでの天候別枠順成績

シンガリマケ
シンガリマケ
2008年~2018年5月31日までの、過去10年間のデータを参考にしました。

良馬場

良馬場では、はっきりと内枠有利のデータが出ていますね、1枠が最も成績が良く、8枠と比べても連対率に3倍もの違いがみられます。

最も成績の良い1枠の中でも、最内1番は、5-4-3-26(13.2%-23.7%-31.6%)と更に良くなっており、単回値142円、複回値112円と馬券的にも美味しいです。

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠9- 7- 5- 53/ 7412.2%21.6%28.4%9283
2枠6- 4- 6- 56/ 728.3%13.9%22.2%132102
3枠3- 2- 5- 64/ 744.1%6.8%13.5%5048
4枠4- 4- 3- 63/ 745.4%10.8%14.9%1384
5枠5- 6- 4- 61/ 766.6%14.5%19.7%5861
6枠2- 5- 2- 66/ 752.7%9.3%12.0%7748
7枠5- 6- 6- 89/1064.7%10.4%16.0%1837
8枠4- 4- 7- 94/1093.7%7.3%13.8%5641

 

道悪

稍重・重・不良の成績ですが、道悪になれば8枠の成績がややアップしますね。しかし、単回値・複勝率ともに平凡になっています。

良馬場と同じように、道悪でも1枠1番が、1-1-0-3(20.0%-40.0%-40.0%)と優秀です。基本的に、良馬場でも道悪でも最内の1番は成績が良いですね。

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%77150
2枠0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
3枠2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%87136
4枠0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%045
5枠0- 1- 2- 7/100.0%10.0%30.0%0153
6枠0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%043
7枠1- 0- 1-12/147.1%7.1%14.3%6950
8枠2- 0- 0-12/1414.3%14.3%14.3%4232

 

東京芝2400m重賞レース騎手成績

勝率では22.1%の池添謙一騎手がトップですが、C.ルメール騎手が連対率・複勝率の2冠王です。C.ルメール騎手は東京コースを得意としていますね。

ちなみに、ランキング外では四位洋文騎手が1-4-2-9(6.3%-31.3%-43.8%)と連対率・複勝率が大変高くなっています。複回値が175円と、たいへん美味しい騎手と言えますね。

東西騎手別では関西の騎手が7人と関東を圧倒しています。

東京競馬場芝2400m騎手成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
1蛯名正義4-5-1-2411.8%26.5%29.4%
2岩田康誠4-2-2-2113.8%20.7%27.6%
3C.ルメール4-2-2-1121.1%31.6%42.1%
4川田将雅4-2-1-1816.0%24.0%28.0%
5池添謙一4-1-2-1122.1%27.8%38.9%
6横山典弘4-0-0-2613.3%13.3%13.3%
7内田博幸3-4-1-298.1%18.9%21.6%
8M.デムーロ3-1-3-1215.8%21.1%36.8%
9武豊3-1-2-2111.1%14.8%22.2%
10安藤勝己2-1-0-1114.3%21.4%21.4%
注:騎乗回数が多い方が上位にランクインします。
対象期間2008年~2018年5月31日

 

東京芝2400m重賞レース調教師成績

関西勢が上位を独占している中で、藤沢和雄調教師が堂々のトップになりました。記憶に新しいところでは、オークスのソウルスターリング、ダービーのレイデオロなどがあります。

その他では、石坂正調教師が4-0-0-6とたいへん好成績を収めていますね。ジェンティルドンナがオークスとジャパンカップを2勝、シンハライトがオークスと、全て牝馬で挙げていますね。

東京2400mでは騎手・調教師ともに関西が関東を圧倒しています。

東京競馬場芝2400m調教師成績
順位調教師成績勝率連対率複勝率
1藤沢和雄4-3-2-2212.9%22.6%29.0%
2角居勝彦4-2-5-2112.5%18.8%34.4%
3石坂正4-0-0-640.0%40.4%40.0%
4友道康夫3-3-3-1115.0%30.0%45.0%
5松田博資3-3-1-1315.0%30.0%35.0%
6国枝栄3-1-1-1020.0%26.7%33.3%
7池江泰寿2-4-4-206.7%20.0%33.3%
8橋口弘次郎2-2-0-1212.5%25.0%25.0%
9藤原英昭1-3-1-164.8%19.0%23.8%
10堀宣行1-1-3-116.3%12.5%31.3%
注:騎乗回数が多い方が上位にランクインします。
対象期間2008年~2018年5月31日

 

東京芝2400m重賞レース種牡馬成績

勝ち数はディープインパクトの圧勝ですね。他では、サンデーサイレンス系が合計で7 頭もランクインしています。

東京競馬場芝2400m種牡馬成績
順位種牡馬成績勝率連対率複勝率
1ディープインパクト13-9-12-7611.8%20.0%30.9%
2キングカメハメハ5-4-4-468.5%15.3%22.0%
3ハーツクライ5-3-3-3311.4%18.2%25.0%
4シンボリクリスエス3-1-1-2111.5%15.4%19.2%
5ステイゴールド2-3-1-325.3%13.2%15.8%
6ゼンノロブロイ2-2-4-226.7%13.3%26.7%
7アグネスタキオン2-2-1-179.1%18.2%22.7%
8スペシャルウィーク2-2-0-1212.5%25.0%25.0%
9ジャングルポケット1-2-2-194.2%12.5%20.8%
10ネオユニヴァース1-1-2-204.2%8.3%16.7%
注:騎乗回数が多い方が上位にランクインします。
対象期間2008年~2018年5月31日

 

東京芝2400m重賞で人気薄で穴を開けるのは?

次に、東京競馬場芝2400mの重賞レースで、人気薄で馬券に突っ込んでくる穴騎手・穴調教師・穴種牡馬を調べてみました。

2008年から2018年5月31日までの約10年間で、単勝8番人気以下の成績を対象にデータをまとめました。なお、単勝8番人気以下の成績は全44レースで3-6-12-426(0.7%-2.0%-4.7%)でした。

 

東京芝2400m穴騎手成績

人気薄に乗ってもしっかりと馬券に持ってくるデムーロ騎手はさすがですね。その他では、関東圏でのレースとあって、美浦所属騎手がランクインしています。

東京競馬場芝2400m穴騎手成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
1吉田豊1-0-0-137.1%7.1%7.1%
2武幸四郎1-0-0-325.0%25.0%25.0%
3M.デムーロ1-0-0-150.0%50.0%50.0%
4松岡正海0-1-2-160.0%5.3%15.8%
5柴田善臣0-1-1-150.0%5.9%11.8%
注:騎乗回数が多い方が上位にランクインします。
対象期間2008年~2018年5月31日

 

東京芝2400m穴調教師成績

スクリーンヒーローでお馴染みの鹿戸雄一調教師が堂々のランキング1位です。スクリーンヒーローが9番人気、エフティマイアが13番人気でした。

東京競馬場芝2400m穴調教師成績
順位調教師成績勝率連対率複勝率
1鹿戸雄一1-1-0-416.7%33.3%33.3%
2大久保洋吉1-0-0-233.3%33.3%33.3%
3飯田明弘1-0-0-150.0%50.0%50.0%
4堀井雅広0-1-1-10.0%33.3>%66.7%
5藤原英昭0-1-0-80.0%11.1%11.1%
注:騎乗回数が多い方が上位にランクインします。
対象期間2008年~2018年5月31日

 

東京芝2400m穴種牡馬成績

シンボリクリスエス・グラスワンダー・スズカマンボがそれぞれ1勝を挙げていますね。ちなみに0-1-1-0と複勝率が100%のBig Brownとは聞きなれない種牡馬ですが、産駒は青葉賞9番人気2着、ダービー8番人気3着の外国産馬のアポロソニックです。

東京競馬場芝2400m穴種牡馬成績
順位種牡馬成績勝率連対率複勝率
1シンボリクリスエス1-0-0-137.1%7.1%7.1%
2グラスワンダー1-0-0-614.3%14.3%14.3%
3スズカマンボ1-0-0-150.0%50.0%50.0%
4Big Brown0-1-1-00.0%50.0%100%
5ディープインパクト0-1-0-320.0%3.0%3.0%
注:騎乗回数が多い方が上位にランクインします。
対象期間2008年~2018年5月31日

 

東京競馬場芝2400m重賞レースまとめ

東京競馬場の芝コースの2400mで行われる重賞レースの傾向を調べて行きましたが、クラシックディスタンスだけあって、荒れる要素の少ないレース展開でした。

2008年から2018年5月末までに行われた重賞競走は合計44レースありましたが、単勝8番人気以下の成績は3-6-12-426と、勝率0.7%、連対率2.0%、複勝率4.7% という結果でした。

しかし、44レースで21頭という事は、2レースに1回馬券に絡んでいる計算になります。この人気薄で馬券に絡める確率の高い馬を見つける事で、回収率もアップして、競馬に勝てる予想が出来るかもしれないですね。

コメント