天皇賞秋に強い騎手・調教師・種牡馬や穴を開ける騎手は?

G1データ

天皇賞秋(東京競馬場芝2000m)で活躍する騎手や調教師・種牡馬、更には穴を空ける騎手・調教師・種牡馬などを詳しく分析していきます。

天皇賞は春・秋の年2回行われ、天皇賞秋では古馬と3歳馬が激突する舞台でもあり、中距離ナンバーワンを決めるレースでもあります。

天皇賞秋でのステップレースは多々あります。毎日王冠・オールカマー・京都大賞典・札幌記念などからがポピュラーになっていますが、宝塚記念からの直行では、2-4-2-13(9.5%-28.6%-38.1%)となかなかの成績を残しています。

スポンサーリンク

東京競馬場芝2000mの特徴

引用:JRA

スタート地点は、1コーナー奥のポケット地点です。2コーナーまでの距離が約130mと短く、多頭数での外枠は不利な傾向があります。バックストレッチ半ばには上り坂があり、3コーナーに向けて坂を下ります。

最後の直線は、525.9mで、160mの上り坂があり、そこから300mの平坦コースを進むとゴールです。

最初のコーナーまでの距離130m
コーナーの数3つ
コース区分B
直線のこう配(高低差)約2m
ゴール前の直線の長さ525.9m

天皇賞秋コースレコード

  • トーセンジョーダン(牡5) 1分56.1秒

 

天皇賞秋枠順別成績

シンガリマケ
シンガリマケ
2008年~2018年5月31日までの、過去10年間のデータを参考にしました。

4枠が1着3回、2着3回、3着3回と好成績を挙げています、複勝率は何と45%です。単回値・複回値共に100円超えているので要注意です。

次に、1枠の連対率が21.1%とマズマズの成績を残しています。ただし、複回値は68円と、内枠と言うだけで人気になっている感じもありますね。

反対に8枠は連対率は0%と、さすがに大外枠は厳しいものがあるみたいです。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠1- 3- 1-14/195.3%21.1%26.3%1168
2枠2- 1- 0-17/2010.0%15.0%15.0%11232
3枠0- 0- 2-18/200.0%0.0%10.0%017
4枠3- 3- 3-11/2015.0%30.0%45.0%110113
5枠1- 1- 0-18/205.0%10.0%10.0%1813
6枠2- 0- 1-17/2010.0%10.0%15.0%24968
7枠1- 2- 1-23/273.7%11.1%14.8%1044
8枠0- 0- 2-27/290.0%0.0%6.9%018

天皇賞秋騎手別成績

武豊騎手がキタサンブラック(牡5)、ウオッカ(牝4)で1勝ずつの計2勝を挙げてトップですね。その他の注目では、外国人騎手が4名ランクインしていますが、M.デムーロ騎手は1-2-1-1(20%-60%-80%)と凄まじい複勝率を残しています、単回値332円、複回値208円と馬券を購入する側にとれば美味しい騎手になっています。

天皇賞秋騎手成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
1武豊2-0-1-720.0%20.0%30.0%
2M.デムーロ1-2-1-120.0%60.0%80.0%
3北村宏司1-1-0-416.7%33.3%33.3%
4横山典弘1-0-1-514.3%14.3%28.6%
5N.ピンナ1-0-0-0100%100%100%
6R.ムーア1-0-0-0100%100%100%
7浜中俊1-0-0-150.0%50.0%50.0%
8C.スミヨン1-0-0-233.3%33.3%33.3%
9福永祐一1-0-0-811.1%11.1%11.1%
10安藤勝己0-2-0-00.0%100%100%
対象期間2008年~2018年5月31日

 

天皇賞秋調教師成績

池江泰寿調教師が2勝(トーセンジョーダン、ラブリーデイ)で2勝を挙げています。上位ランクの中で複勝率が高いのが藤原英昭調教師で、57.1%です。単回値237円、複回値192円と高く狙い目になっています。

天皇賞秋調教師成績
順位調教師成績勝率連対率複勝率
1池江泰寿2-0-0-1412.5%12.5%12.5%
2堀宣行1-2-0-98.3%25.0%25.0%
3藤原英昭1-1-2-314.3%28.6%57.1%
4藤沢和雄1-1-1-710.0%20.0%30.0%
5角居勝彦1-0-2-512.5%12.5%37.5%
6清水久詞1-0-0-150.0%50.0%50.0%
7須貝尚介1-0-0-233.3%33.3%33.3%
8松田博資1-0-0-325.0%25.0%25.0%
9音無秀孝1-0-0-910.0%10.0%10.0%
10石坂正0-2-0-00.0%100%100%
対象期間2008年~2018年5月31日

 

天皇賞秋種牡馬成績

ディープインパクトが堂々の1位になっていますが、延べ出走頭数が多いわりには率は平凡ですね、勝率を見ると僅か3.3%となっています。2位のキングカメハメハも同様の事が言えます。

5位スクリーンヒーローとブラックタイド、7位ミラクルアドマイヤとマイナー種牡馬が頑張っているのが印象に残りました。

天皇賞秋種牡馬成績
順位種牡馬成績勝率連対率複勝率
1ディープインパクト1-4-1-243.3%16.7%20.0%
2キングカメハメハ1-0-1-136.7%6.7%13.3%
3タニノギムレット1-0-1-225.0%25.0%50.0%
4King’s Best1-0-1-133.3%33.3%66.7%
5スクリーンヒーロー1-0-0-0100%100%100%
5ブラックタイド1-0-0-0100%100%100%
7ミラクルアドマイヤ1-0-0-150.0%50.0%50.0%
8スペシャルウィーク1-0-0-233.3%33.3%33.3%
9ハーツクライ1-0-0-420.0%20.0%20.0%
10ジャングルポケット1-0-0-137.1%7.1%7.1%
対象期間2008年~2018年5月31日

 

天皇賞秋の人気薄で穴を開けるのは?

最後に。天皇賞秋で人気薄で馬券に突っ込んでくる穴騎手・穴調教師・穴種牡馬を調べてみました。

ここでは、2008年~2018年5月31日までの約10年間で、天皇賞秋の単勝8番人気以下の成績を対象にデータをまとめました。なお、単勝8番人気以下の成績は、全10レースで、0-1-1-103(0.0%-1-0%-1.9%)でした。

 

天皇賞秋穴騎手成績

2008年~2018年5月31日までの約10年間で、天皇賞秋の単勝8番人気以下で馬券に絡んだ騎手は、戸崎圭太騎手岩田康誠騎手の地方出身の2騎手だけです。

天皇賞秋穴騎手成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
1戸崎圭太0-1-0-20.0%33.3%33.3%
2岩田康誠0-0-1-60.0%0.0%14.3%
30.0%0.0%0.0%
40.0%0.0%0.0%
50.0%0.0%0.0%
対象期間2008年~2018年5月31日

 

天皇賞秋穴調教師成績

藤原英昭調教師が10番人気ステファノス(牡4)で2着しています、この時はクイーンエリザベス2世カップ2着の後、休養明けの毎日王冠で7着に敗れてしまった為に人気が落ちていました。

もう1頭は浅見秀一調教師で、13番人気レインボーライン(牡4)で3着に食い込んでいます。この時は宝塚記念5着以来の休み明けでの挑戦でした。

天皇賞秋穴調教師成績
順位調教師成績勝率連対率複勝率
1藤原英昭0-1-0-10.0%50.0%50.0%
2浅見秀一0-0-1-00.0%0.0%100%
30.0%0.0%0,0%
40.0%0.0%0.0%
50.0%0.0%0.0%
対象期間2008~2018年5月31日

 

天皇賞秋穴種牡馬成績

ディープインパクトステイゴールドの2頭になります。

天皇賞秋穴種牡馬成績
順位種牡馬成績勝率連対率複勝率
1ディープインパクト0-1-0-120,0%7.7%7.7%
2ステイゴールド0-0-1-20.0%0.0%33.3%
30.0%0.0%0.0%
40.0%0.0%0.0%
50.0%0.0%0.0%
対象期間2008~2018年5月31日

 

まとめ

2008年~2018年5月31日までの約10年間の天皇賞秋での騎手・調教師・種牡馬成績を分析してみました。まずは枠順ですが、大外の8枠以外なら問題ないですね、できれば4枠が良いですが・・・。

騎手では、やはり外国人ジョッキーを馬券の軸にすると確率的にも良いかと思われます、特にM.デムーロ騎手が素晴らしい成績を残しているので、単・複で勝負してみても面白いです。

天皇賞秋では人気薄で馬券に絡んだ馬が僅か2頭と、なかなか穴を狙いにくいレースになっています。9番人気以降は消して、外国人騎手を中心にして予想を立てていけば、以外にすんなり的中するかもしれないですね。※馬券の購入は自己責任でお願いします。

コメント