【藤田菜七子さん本日デビュー】チューリップ賞2016最終追い切り診断

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!

第23回チューリップ賞追い切り

本日3月3日の雛祭りにJRAの新人騎手の藤田菜七子さんが川崎競馬場でデビュー戦を迎えました。

結果はと言いますと、

  • 1R   (ダ1400) 2番人気8着
  • 4R (ダ1500) 4番人気4着
  • 5R (ダ1600) 4番人気2
  • 8R (ダ1400) 3番人気13着
  • 10R(ダ1600)    4番人気3

5戦0-1-1-3という結果でした。

JRAでのデビュー戦は3月5日の土曜日の中山競馬場の2Rでネイチャーポイントに騎乗予定です。

2016年 3月 5日(土) 2回中山3日目 16頭 [仮想(10:40)]
【2R】 
3歳・未勝利(馬齢)(混)[指定] ダート1200m

馬名S性齢斤量替 騎手
1アラマサバド牝3 54的場勇人
2イデアオブダンディ牡356*酒井学
仮B3エンゼルトリック牝3 51▲*原田和真
仮B4サイモンジェッター牡356*柴山雄一
5ジイサマ牡355☆*石川裕紀
6セイユウボーイ牡356*国分優作
7テアニン牝3 54*田中勝春
8トウショウシェル牡354△*長岡禎仁
9トーホウエース牡353▲*木幡巧也
10ネイチャーポイント牡353▲*藤田菜七
11フクサンレイズ牝3 51▲*井上敏樹
12フジシャイアン牡356小島太一
13ペニーウェディング牝3 54吉田豊
14ボタニカル牝3 51▲*野中悠太
15ルナマティーノ牝3 54*大野拓弥
仮B16レヴェイヨン牡356武士沢友

土曜日が1鞍、日曜日が2鞍の騎乗予定になっています。

怪我だけには気を付けて頑張ってもらいたいですね。

3月2日の水曜日と翌日の木曜日に行われました第23回チューリップ賞の最終調教を管理人の見たまんまの感想を述べていきます。

A:これは動き抜群で馬券に絡みそう。

B:抜群の動きでないにしろ良い動き。

C:普通の動きです。

D:伏せ馬で遅れるようなあまり良くない動き。

なお、坂路は4F-3F-1Fの数字です。

2016年3月2日(水)

栗東坂路1番時計ニシケンモノノフ牡548.9-36.9-13.5
美浦坂路1番時計ミラクルバイオ牡351.1-37.7-13.4

2016年3月3日(木)

栗東坂路1番時計ポメグラネイト牡550.4-36.4-12.7
美浦坂路1番時計ニューコネクション牡952.8-38.7-12.8

第23回チューリップ賞の調教の動き

ジュエラー(予想オッズ2.4) 診断:A

3/2(水)栗東ポ63.6-49.2-36.0-11.2一杯
前走栗東ポ66.8-51.8-38.6-11.7馬なり

ポリトラック2頭追い。エイシンノーティス(1000万下)を追走、2馬身先着。

前走時はデムーロ騎手を背に外ラチ一杯を使っての追い切りでした。

1週前追い切りでは坂路で54.8-39.8-12.1のラストが切れのある追い切りをこなしていました。

今回はややコースの中を追走して一杯に追われました。おそらく8分ほどの仕上がり具合とみられますが前走同様力強い前脚さばきが見られました、引き続き好調と見てよさそうですね。

しかしデムーロ騎手はリオンディーズ の調教で美浦ですか・・・。仕方がないですね。

レッドアヴァンセ(予想オッズ3.8) 診断:B

3/2(水)栗東坂55.3-40.6-12.6馬なり
前走栗東坂52.4-38.3-12.5一杯

坂路2頭追い。デルマオギン(3歳未勝利)に半馬身先着。

乗り役は隣をチラチラ見ながら楽しそうに乗っていましたが、レッドアヴァンセ自身は真面目に黙々と坂を駆け上がって行きました。

前走エルフィンS時と同様、中4週で速い追い切りが2本、ただ全体の時計が遅いのが気になりますが。

シンハライト(予想オッズ4.3) 診断:A

3/2(水)栗東坂52.9-38.4-12.4強め
前走栗東坂54.0-39.7-12.8強め

坂路2頭追い。ハリー(3歳未勝利)に3馬身先着。

石坂厩舎、ディープインパクト産駒、1600mというだけで人気しそうな同馬ですが、

前走の紅梅S時が、速い追い切り2本。今回も2本とほぼ同じ調教量です。

ただ、なんとなく線が細いような気がしましたが。

ウインファビラス(予想オッズ7.7) 診断:C

3/2(水)美浦W67.0-52.2-38.0-12.9馬なり
前走美浦ポ64.1-49.2-35.9-11.6強め

南W3頭追い。大外のヴェイルドスケール(4歳500万下)と併入。

前走のGⅠ阪神JFの最終追い切りでは、ポリトラックで並走馬3頭を豪快に交わして行きました。

今回は交わしたところまでは同じでしたが、馬自身が気を抜いたのか、並走馬に並ばれてしまいました。松岡騎手によると、トライアル仕様で仕上がり段階、でもやれると思うという答えが返ってきましたが。

賞金も足りていますし、今回はあくまでも桜花賞に向けての叩き台程度の仕上げではないでしょうか。

後は相手との力関係ですね。

ブランボヌール(予想オッズ12.1) 診断:B

3/2(水)栗東坂52.6-37.8-12.3一杯
前走栗東坂54.2-38.6-12.3強め

坂路単走。

前々走のファンタジーS後から阪神JFまで、坂路追いでラスト1Fが12秒台前半は1本だけでしたが、今回は2週続けて速い時計の追い切りをこなしましたので、前走時よりも状態は上のような気がします。

後は距離適性の問題だけではないでしょうか。

デンコウアンジュ(予想オッズ19.8) 診断:B

3/2(水)栗東CW54.0-39.3-11.7馬なり
前走栗東ポ66.2-50.7-36.9-11.5強め

CWコース単走。

メジャーエンブレムを差し切った唯一の馬の同馬ですが、前走時はポリトラック、今回はCWコース追いでした。

馬なりでしたが、ラスト1Fが11.7と中々の切れ味を見せました。調子自体は良さそうですが。

エルビッシュ(予想オッズ23.6) 診断:C

3/2(水)栗東CW87.6-70.1-54.0-39.2-12.1馬なり
前走栗東坂57.6-41.2-13.4馬なり

CWコース3頭追い。クロコダイルロック(3歳未勝利)、アナザープラネット(3歳新馬)を追走、半馬身、クビ差遅れ。

迫力ある3頭伏せですね。

3頭の最内を進みましたが、3歳の格下馬に遅れるという、何とも言えない追い切り内容でした。

ラスト1Fがやや物足りなく感じましたが。

第23回チューリップ賞調教診断まとめ

診断A:ジュエラー シンハライト
診断B:レッドアヴァンセ ブランボヌール デンコウアンジュ
診断C:ウインファビラス エルビッシュ

映像なし:フォールインラブ ヴィブロス

下位人気馬で調教が良く見えた馬

アドマイヤリード:転厩で坂路追いに切り替えて好時計を叩きだしています。
カイザーバル:51.5-37.3-11.9の猛時計

➔第23回チューリップ賞の傾向
➔第23回チューリップ賞予想

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です