天皇賞2016春最終追い切り~好調馬はどの馬か?

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!

第153回天皇賞(春)追い切り

今週も半ばに雨が降りました。日曜日の馬場状態が気になる所です。

今週の日曜日に行われます,第153回天皇賞(春)

最終追い切りの動きをチェックして行きたいと思います。

A:これは動き抜群で馬券に絡みそう。

B:抜群の動きでないにしろ良い動き。

C:普通の動きです。

D:伏せ馬で遅れるようなあまり良くない動き。

なお、坂路は4F-3F-1Fの数字です。

2016年4月27日(水)

栗東坂路1番時計セトアロー牡550.0-36.8-12.6
美浦坂路1番時計スズダリア牝452.6-39.2-13.6

2016年4月28日(木)

栗東坂路1番時計ユウチェンジ牡351.8-38.7-13.0
美浦坂路1番時計スノードラゴン牡854.6-40.0-12.9

第153回天皇賞(春)の調教の動き

ゴールドアクター(予想オッズ2.5) 診断:C

4/27(水)美浦南W68.8-53.6-40.0-13.4馬なり
前走美浦南W65.4-51.2-37.7-12.9一杯

美浦南Wコース2頭追い。トーセンアーネスト(古馬1000万下)を2馬身追走併入。

1週目に強く追い切ったらしいですが、有馬記念時がラスト12.9に対して、今回は13.4とややセーブ気味でした。

万全の状態と思いますがゴール前で追い抜かないのはどうなんですかね。

キタサンブラック(予想オッズ3.8) 診断:B

4/27(水)栗東CW97.3-81.2-65.8-51.6-38.2-12.0強め
前走栗東CW         85.4-69.2-54.0-39.0-12.3馬なり

CWコース2頭追い。クールヤシャマル(3歳未勝利)3馬身を追走クビ差遅れ。

クビ差遅れましたが、ここ3走の中ではラスト1Fが1番速い時計でした。まあ順調なのではないですかね。

シュヴァルグラン(予想オッズ6.0) 診断:B

4/27(水)栗東CW84.5-68.8-53.2-39.0-12.3馬なり
前走栗東CW82.8-67.4-52.9-39.0-12.7一杯

CWコース2頭追い。アドマイヤカーリン(古馬1000万下)を4馬身追走1馬身先着

前走時は併入でしたが、今回はきっちり先着しました。

サウンズオブアース(予想オッズ7.7) 診断:B

4/27(水)栗東CW80.5-64.2-49.6-36.4-11.9一杯
前走栗東CW83.4-67.3-52.3-38.2-12.0強め

CWコース2頭追い。アンバーグリスキー(古馬500万下)を2馬身追走5馬身先着

今回は全体の時計を縮めて来ましたね。有馬記念時よりも良さそうですが。

フェイムゲーム(予想オッズ9.7) 診断:B

4/27(水)美浦南W85.7-69.6-54.5-40.1-13.2馬なり
前走美浦南W   70.6-54.9-39.7-13.2一杯

美浦南Wコース3頭追い。外の馬と併入。

前走時よりもゆったりとした感じの追い切りでした。

昨年の当レースの最終追い切りは71.4-55.3-40.6-12.8でした。

トーホウジャッカル(予想オッズ14.4) 診断:C

4/27(水)栗東坂52.9-39.0-13.2一杯
前走栗東坂53.0-38.9-12.6馬なり

栗東坂路2頭追い。ダンツエイコウ(3歳500万下)を2馬身追走クビ差先着

一昨年の菊花賞優勝時の最終追い切りが54.7-39.5-25.1-11.9でしたので、本調子ではない感じでしょうか。

アルバート(予想オッズ16.1) 診断:C

4/27(水)美浦南W69.5-54.3-39.9-12.9馬なり
前走美浦南W      40.5-12.7馬なり

美浦南Wコース単走。

ステイヤーズS圧勝時が52.7-38.6-12.9ですのでやや物足りない内容かと。

タンタアレグリア(予想オッズ24.1) 診断:B

4/27(水)美浦南W   70.4-54.1-39.4-12.4強め
前走美浦南W81.6-65.9-51.9-38.4-12.9強め

美浦南Wコース2頭追い。プロディガルサン(3歳op)に先行併入。

3歳馬にあおられました。前走時よりも全体の時計は遅いですが、ラスト1Fは良かったです。

レーヴミストラル(予想オッズ37.8) 診断:C

4/27(水)栗東坂      55.7-39.9-12.8一杯
前走栗東CW87.1-70.7-55.4-40.4-12.1強め

栗東坂路2頭追い。ミッキーシャンティ(3歳未勝利)に2馬身先着

マツパク流のCWコース追いから坂路追いに変わりました。転厩初戦ではさすがに苦しいですかね。


今回のデータは役に立ったと
思われた方、よければクリック
よろしくお願いします。

第153回天皇賞(春)調教診断まとめ

診断A:サウンズオブアース
診断B:キタサンブラック シュヴァルグラン フェイムゲーム タンタアレグリア
診断C:ゴールドアクター トーホウジャッカル アルバート レーヴミストラル

下位人気馬で調教が良く見えた馬:なし

➔第153回天皇賞(春)の傾向
➔第153回天皇賞(春)予想

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です