第65回日刊スポーツ賞中山金杯最終追い切り診断

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!


2016年最初の重賞レース、第65回日刊スポーツ賞中山金杯(GⅢ)が中山競馬場で行われます。

昨年の12月30日~31日に行われました最終追い切りの様子を管理人の見たまんまの感想で述べていきます。なお、今回は変則日程になっています。

A:これは動き抜群で馬券に絡みそう。
B:抜群の動きでないにしろ良い動き。
C:普通の動きです。
D:伏せ馬で遅れるようなあまり良くない動き。

なお、時計はCWは5F-1Fの数字、坂路は4F-1Fの数字です。

2015年12月30日(水)
栗東坂路1番時計:ストームジャガー牡6 51.0-37.8-25.1-13.0
美浦坂路1番時計:クラーロデルナ牡7  55.1-40.3-26.7-13.5

2015年12月31日(水)
栗東坂路1番時計:アドマイヤリバティ牡4 50.8-38.1-25.8-13.5
美浦坂路1番時計:サクラヴァローレ牡5  52.5-38.6-25.8-12.9

第65回日刊スポーツ賞中山金杯の各馬の調教の動き

フルーキー(予想オッズ2.7) 診断:

12/30(水)栗東CW良      55.3-40.1-12.1(馬なり)
前走   栗東CW良   71.5-54.7-39.4-12.0(馬なり)

映像なし。

3頭追い。半馬身遅れ。前走で重賞初勝利を飾った時の最終追い切りでは楽に半馬身先着していましたが、今回は遅れたみたいですね。ただし、1月3日に坂路で馬なりで、54.7-39.6-12.9の時計を出しました。状態は良さそうに見えました。

ヤマカツエース(予想オッズ4.8) 診断:A

12/31(木)栗東CW良82.3-66.8-52.2-38.6-12.3
前走   栗東CW重85.1-68.9-54.0-39.6-12.2(一杯)

1月3日(日)に栗東CW良馬場で71.0-54.6-39.6.11.9の追い切りを行っており、これが実質の最終追い切りみたいです。前走、福島記念時の追い切りと比べても、直線では切れ味抜群の脚を繰り出していました。状態は良さそうですね。

ブライトエンブレム(予想オッズ4.9) 診断:B

12/30(水)美浦南W良     57.3-41.8-13.3
前走   栗東CW良83.6-68.1-53.4-39.3-12.9(馬なり)

1月3日(日)に美浦南W良馬場で70.8-54.7-40.4-13.5の時計を出しました。前脚を高く上げた独特のフォームで走っており好感が持てました。

ベルーフ(予想オッズ6.2) 診断:

12/31(木)栗東CW良86.8-69.0-53.1-39.0-12.4
前走   栗東CW良   54.8-39.3-12.6(馬なり)

31日の追い切りでは2頭追いでクビ差の遅れ。1月3日(日)に栗東坂路良馬場で56.1-41.2-14.0のほぼ馬なりの時計を出しました。まあ、平行線て所でしょうか?

マイネルフロスト(予想オッズ6.6) 診断:

12/31(木)美浦南W良  66.3-52.3-38.2-12.2(一杯)
前走   美浦南W良  67.8-53.0-38.4-12.9(馬なり)

映像なし

3頭追い。1~2秒追走大差先着。この馬は責めと実践が直結するタイプのようなので今回は前走以上の成績が挙げられそうですね。

ネオリアリズム(予想オッズ8.5) 診断:

12/31(木)美浦南W良  69.8-55.3-40.1-12.7
前走   美浦南W不    55.6-40.3-13.1(馬なり)

1月3日(日)に美浦南W良馬場で56.7-41.7-13.9の時計を出しました。乗り役が抑えているのに行きたがるそぶりを見せてチグハグな感じがしましたが・・・

第65回日刊スポーツ賞中山金杯調教診断まとめ

変則日程で、どれが最終追い切りか分からない状態の馬もいましたので映像が見れた馬だけ評価します。

A:ヤマカツエース
B:ブライトエンブレム
C:

下位人気馬で調教が良く見えた馬:なし

参照:♥第65回日刊スポーツ賞中山金杯過去5年間の傾向♥
参照:♥第65回日刊スポーツ賞中山金杯予想♥

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です