函館スプリントS2016追い切り~高松宮記念組の状態は?

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!

第23回函館スプリントS追い切り

ごりょんさん
どうも、ごりょんさんです。

今週の日曜日に行われますサーマースプリントシリーズ初戦

第23回函館スプリントS

の最終追い切りの動きをチェックして行きたいと思います。

中央開催と違いまして北海道競馬では、原則当日輸送等はなく、現地に滞在して調整して行きます。

ですから最終追い切りは、函館競馬場での芝の追い切りウッドコースの追い切りの2択になります。

ほとんどの馬が1週前にハードに追い切りを済ませ、直前は馬なりでというパターンが大半を占めています。

第23回函館スプリントSの調教の動き

A:これは動き抜群で馬券に絡みそう。

B:抜群の動きでないにしろ良い動き。

C:普通の動きです。

D:伏せ馬で遅れるようなあまり良くない動き。

なお、坂路は4F-3F-1Fの数字です。

2016年6月日15(水)

栗東坂路1番時計ルイ牡250.6-37.4-12.5
美浦坂路1番時計ペイシャバラード牝352.3-38.7-12.8

2016年6月16日(木)

栗東坂路1番時計ベルカント牝550.2-36.3-11.9
美浦坂路1番時計ウインブライト牡253.4-38.5-12.3
ごりょんさん
ちなみに

栗W=栗東CWコース

栗坂=栗東坂路

美W=美浦南Wコース

美坂=美浦坂路
です。

ローレルベローチェ(予想オッズ4.6)診断:B➝

6/15(水)函館芝67.5-51.6-38.5-12.5馬なり
前走高松宮記念16着栗坂  55.4-40.3-12.7馬なり

騎手:中井

函館芝コース単走。

この馬は栗東の坂路調教ではラスト1Fまでは頭を天に向けてのお馴染みのポーズで走っています。

ラスト1Fは真面目に走るみたいですが(笑)。

今回は初の函館での最終追い切りになりました。

最近のレースを見て感じるのですが、逃げ馬にラスト1Fの速い追い切りは必要ない感じに思えます。

この馬はいつも馬なりですので、こんなものではないですかね。

不安点は、前走の高松宮記念後は坂路での追い切りが全部で3本という事になりますが、これはどうなんでしょうか?

ティーハーフ(予想オッズ5.0)診断:B➝

6/16(木)函館W69.8-54.2-39.8-12.5馬なり
前走安土城S6着栗坂  53.7-38.7-12.9一杯

騎手:池添

函館Wコース単走。

安土城Sから中2週での参戦

になります。

1週前追い切りは坂路で52.8-38.5-12.6を叩きだしました。

最終追い切りは、全体の時計が昨年よりも1.2秒遅くなっていますね。

昨年も直線で左をチラ見していましたが、今年はより長くチラ見が続きました。

去年よりはわずかにパフォーマンスが下がっているかもしれないですね。

シュウジ(予想オッズ5.0)診断:B➝

6/15(水)函館芝61.8-47.1-34.9-11.4馬なり
前走NHKマイルC12着栗坂  53.8-38.4-11.8強め

騎手:岩田

函館芝コース4頭追い。並走馬を最内で追走約1馬身先着。

最近の岩田騎手の騎乗馬は調教が◎な馬が多いのですが、

エプソムCでのダービーフィズ、安田記念のダノンシャーク、目黒記念でのショウナンバッハなど全て追い切り時計が速いですね。

今回のシュウジも芝コースで追い切られましたが、5F61.8秒と他馬よりも6秒近くも速いですね。

まあ、すべてに岩田騎手が跨っている訳ではないと思いますが。

しかし、ほぼ馬なりでこの時計は立派ですね。

ただ、今回は展開がキツイ様に思えますが。

オメガヴェンデッタ(予想オッズ5.6)診断:C➝

6/15(水)函館芝68.1-51.6-37.9-12.3馬なり
前走京王杯SC6着栗坂  52.8-38.3-12.0一杯

騎手:武豊

函館芝コース2頭追い。モンドキャンノ(2歳新馬)と併入。

前走京王杯6着以来1か月ぶりの実戦になります。

以来、坂路追い切りは4本と、量としては十分ですが、4Fで55.0秒が最高とやや軽めの追い切りになりました。

最終追い切りでは函館の芝コースで2歳の新馬と併入という事になりました。

今回は総合的に見ましてやや軽めの仕上がりに感じました。

アクティブミノル(予想オッズ6.0)診断A

6/15(水)函館W56.7-40.7-12.5強め
前走高松宮記念4着栗坂53.9-39.2-11.6馬なり

騎手:藤岡康

函館Wコース単走。

高松宮記念以来3か月ぶりの実戦になります。

坂路で計8本追われまして1週前追い切りが51.1-37.3-11.8の猛時計でした。

体はきっちりと出来上がっていると見て良いですね。

重賞2勝の実績からも当然ここでは勝ち負けでしょう。

オデュッセウス(予想オッズ9.3)診断:B➝

6/15(水)函館W   68.7-53.6-39.7-12.6馬なり
前走橘S1着美浦南W83.0-68.0-53.6-39.9-13.0馬なり

騎手:戸崎

函館Wコース2頭追い。ワンダフルラッシュ(3歳1000万)を約5馬身追走併入。

前走は京都の3歳OP橘Sを快勝しまして2か月ぶりの実戦になります。

最終調整は函館のwコースで伏せられまして併入に。

状態としてはまずまずかと思われます。

レッツゴードンキ(予想オッズ10.0)診断:B➝

6/15(水)函館W71.6-56.2-39.3-12.1馬なり
前走ヴィクトリアM10着栗坂  52.3-38.3-12.3強め

騎手:吉田隼

函館Wコース単走。

前走ヴィクトリアM10着から1か月ぶりの実戦ですね。

以来、坂路追いは3本。

函館での最終追い切りでは、wコースで全体の時計は遅めでしたがラスト1Fは12.1と中々の好時計でした。

やや軽めの調整が気になりますが出来は平行線といった感じではないでしょうか。

ティソーナ(予想オッズ18.1)診断:C➝

6/16(木)函館芝68.9-51.8-38.4-12.5馬なり
前走NHKマイルC17着美浦南W  53.4-38.9-13.1馬なり

騎手:柴山

函館Wコース2頭追い。エポワス(オープン)に3馬身先行併入。

NHKマイルCから約1か月ぶりの実戦です。

最終追い切りでは、エポワスと併入になりました。

状態は可もなく不可もないという所でしょうか?

アースソニック(予想オッズ27.0)診断:C➝

6/16(木)函館W68.5-53.5-39.0-12.5一杯
前走春雷S9着栗坂  53.4-38.5-12.5強め

騎手:三浦

函館Wコース単走。

前走春雷Sから約1か月での参戦になります。

以来、坂路追いは2本消化しています。

函館での最終追い切りでは全出走馬中この馬だけが一杯に追われました。

昨年の当レースの最終追い切りは、全くの馬なりで70.5-55.3-39.9-13.8でしたので、今年の方が稽古の速さとしては上ですね。

キャンディバローズ(予想オッズ36.2)診断:C➝

6/15(水)函館W57.3-41.9-12.8馬なり
前走桜花賞13着栗坂54.3-39.6-12.7馬なり

騎手:菱田

函館Wコース2頭追い。並走馬に半馬身先着。

桜花賞から1か月開けての参戦になりました。

以来、坂路追いは2本だけです。

しかし最終追い切りの全体の時計が57.3は軽すぎるような気が・・・

函館SS過去2年間の連対馬の最終追い切り内容

2015年
1着:ティーハーフ
函館W良
68.6-54.0-39.4-12.4
2着:アースソニック函館W良
70.5-55.3-39.9-13.8
3着:レンイングランド函館W良
67.5-52.1-38.3-12.7
2014年
1着:ガルボ
函館W良2頭追い
65.9-51.6-37.9-13.1
2着:ローブティサージュ函館W良3頭追い
66.8-51.9-39.0-12.6
3着:クリスマス函館
69.3-52.4-38.2-12.0


人気ブログランキング

今回のデータは役に立ったと

思われた方、よければクリック

よろしくお願いします。

第23回函館スプリントS調教診断まとめ

診断A:アクティブミノル

診断B:ローレルベローチェ ティーハーフ シュウジ オデュッセウス レッツゴードンキ

診断C:オメガヴェンデッタ ティソーナ アースソニック キャンディバローズ

下位人気馬で調教が良く見えた馬:なし

第23回函館スプリントSの傾向

第23回函館スプリントS予想

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です