トーホウジャッカルは力を出せる!?2016年阪神大賞典の追い切りを見ての感想

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

第64回阪神大賞典追い切り

3月16日の水曜日と翌実の木曜日に行われました、第64回阪神大賞典(GⅡ)の最終追い切りの動きをチェックして行きたいと思います。

A:これは動き抜群で馬券に絡みそう。

B:抜群の動きでないにしろ良い動き。

C:普通の動きです。

D:伏せ馬で遅れるようなあまり良くない動き。

なお、坂路は4F-3F-1Fの数字です。

2016年3月16日(水)

栗東坂路1番時計ビッグアーサー牡549.5-36.8-13.3
美浦坂路1番時計サクラゴスペル牡852.9-39.5-14.4

2016年3月17日(木)

栗東坂路1番時計ローレルベローチェ牡549.6-36.9-13.0
美浦坂路1番時計フェスティヴイェル牡553.4-39.0-13.0
スポンサーリンク

第64回阪神大賞典の調教の動き

シュヴァルグラン(予想オッズ2.4) 診断:B

3/16(水)栗東CW82.8-67.4-52.9-39.0-12.7強め
前走栗東CW99.7-68.2-54.0-40.0-13.6馬なり

CWコース3頭追い。中アドマイヤイバマ(1000万下)を6馬身追走、2馬身半先着。外アドマイヤフィズ(未勝利)を3馬身追走、クビ差先着

前走の日経新春杯の最終追い切りでは、ラスト1Fを軽く仕掛けられた程度の感じでした。今回はやや強めに追われまして、並走馬に最後は並ばれましたが、余裕のゴール。前走時以上に動ける状態に思えました。後は距離適性だけですね。

トーホウジャッカル(予想オッズ3.4) 診断:B

3/16(水)栗東坂53.0-38.9-12.6馬なり
前走札幌芝65.2-50.4-36.4-11.8強め

坂路2頭追い。アスカタイシ(未勝利)を3馬身追走、クビ差先着

前走は札幌戦でしたので、最終追い切りは芝コースで行われました。菊花賞を勝った時の最終追い切りが、坂路で強めに追われまして 54.7-39.5-11.9でしたので、今回の追い切りはやや物足らないように映りました。ただ、同じ休み明けの宝塚記念時が、ほぼ一杯に追われて54.8-40.1-12.4という数字でしたので、それに比べたら動きは軽いですね。

アドマイヤデウス(予想オッズ4.7) 診断:B

3/16(水)栗東坂52.6-37.5-12.4強め
前走栗東坂52.3-37.7-12.4一杯

坂路単走。

前走同様に坂路で単走で追い切られました。有馬記念後から前走の京都記念までの追い切り本数が、中7周で6本、今回が中5週で4本と順調に稽古をこなしている感じですね。状態に関しては平行線といった所でしょうか。

タンタアレグリア(予想オッズ5.1) 診断:C

3/16(水)美浦南W81.6-65.9-51.9-38.4-12.9強め
前走美浦南W82.8-66.6-52.1-38.1-12.6強め

南Wコース3頭追い。中バーディーイーグル(1600万下)、外サトノセレリティ(1000万下)と併入。

迫力ある3頭追いの最内をやや追われて併入しました。ただ、追われてからは思ったほど伸びた感じはしませんでしたね。一変まではどうでしょうか?

カレンミロティック(予想オッズ8.9) 診断:C

3/16(水)栗東坂52.8-38.2-12.5一杯
前走栗東坂52.4-38.3-12.8一杯

坂路単走。

前走のジャパンカップ時の追い切り動画がありませんので比較できませんが、今回の最終追い切りは一杯に追われて前走とほぼ同じ時計でした。

昨年の休養→阪神大賞典始動とローテ的には同じ感じになりました。ちなみに昨年の最終追い切りは、デムーロ騎手を背に馬なりで52.4-38.2-12.912.9このことから、昨年度よりは、やや力が落ちてきているのかなと思いますが。

カムフィー(予想オッズ16.7) 診断:C

3/16(水)美浦南W69.4-54.6-39.9-13.5強め
前走美浦南W67.9-52.9-38.9-13.3一杯

南Wコース単走。

前走のダイアモンドS時の最終追い切りは、南Wコースで伏せて併入でした。今回は単走で強めに追われましたが、全体の時計は平凡でした。あまり変わり身は期待できない感じがしますが。


今回のデータは役に立ったと
思われた方、よければクリック
よろしくお願いします。

第64回阪神大賞典調教診断まとめ

診断A:
診断B:シュヴァルグラン トーホウジャッカル アドマイヤデウス
診断C:タンタアレグリア カレンミロティック カムフィー

下位人気馬で調教が良く見えた馬:なし

➔第64回阪神大賞典の傾向
➔第64回阪神大賞典予想

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です