サトノアラジンの状態は?2016年第48回ダービー卿チャレンジT追い切り診断

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

第48回ダービー卿チャレンジT追い切り

3月30日の水曜日と翌日の木曜日に行われました、第48回ダービー卿チャレンジトロフィ(GⅢ) の最終追い切りの動きをチェックして行きたいと思います。

A:これは動き抜群で馬券に絡みそう。

B:抜群の動きでないにしろ良い動き。

C:普通の動きです。

D:伏せ馬で遅れるようなあまり良くない動き。

なお、坂路は4F-3F-1Fの数字です。

2016年3月30日(水)

栗東坂路1番時計ジュンファイトクン牡449.6-37.1-12.8
美浦坂路1番時計コスモドーム牡551.5-37.7-12.6

2016年3月31日(木)

栗東坂路1番時計カープストリーマー牡350.7-37.3-12.5
美浦坂路1番時計ハーモニーエール牡353.0-38.4-12.5

第48回ダービー卿チャレンジTの調教の動き

シンガリマケ
3月30日の水曜日と翌日の木曜日に行われました、第48回ダービー卿チャレンジトロフィ(GⅢ) の最終追い切りの様子です。

サトノアラジン(予想オッズ2.6) 診断: B

3/30(水)栗東CW84.8-68.9-54.4-39.2-11.7一杯
前走香港遠征

CWコース2頭追い。レヴィンインパクト(3歳500万)を4馬身追走、1馬身半先着

前走は海外に遠征していましたので、追い切り内容は不明です。前々走のGⅠマイルCSの最終追い切りが54.5-38.7-12.0でしたので、時計的には今回の方が良いですね。

内容も前回とほぼ同じゴール前で一杯に追われて並走馬を交わしていく感じでした。仕上がり具合は良さそうに思いました。

ダッシングブレイズ(予想オッズ3.7) 診断:B

3/30(水)栗東坂53.3-38.7-12.2一杯
前走栗東坂53.5-38.8-12.5馬なり

坂路単走。

前走リゲルS時の最終追い切りは馬なりでしたが、今回は一杯に追われました。しかし時計的にはあまり変わりませんでした。状態t的にどうなんでしょうか。

前走の放馬の件からも少しツキが無いように思いますが。

キャンベルジュニア(予想オッズ4.2) 診断:B

3/31(木)美浦南W54.8-39.9-12.4馬なり
前走小倉D67.1-51.8-37.1-12.0馬なり

南Wコース3頭追い。外のコンチャフラメンカ(古馬500万)に2馬身先着。内のストロングバローズ(3歳オープン)に1馬身先着

前走は小倉の1600万選を圧勝してきました同馬ですが、前走は小倉のダートで追い切りを行いました。今回は南Wで追い切られまして時計は平凡でしたが、伏せ馬で先着しましたので状態は良さそうです。

天下の堀厩舎ですので、追い切りの時計はあまり関係ないですね。後は力関係だけでしょう。

ロゴタイプ(予想オッズ7.1) 診断:B

3/30(水)美浦南W   68.0-53.4-38.8-11.6一杯
前走美浦南W84.3-68.2-52.9-39.6-13.0馬なり

南Wコース単走。

前走中山記念(GⅡ)時は、伏せ馬でラスト馬なりで13.0かかりました。今回は単走で一杯に追われましてラスト11.6となかなかの切れ味を見せました。<58キロのトップハンデが課題になってきますね。

エキストラエンド(予想オッズ14.1) 診断:A

3/30(水)栗東CW84.3-67.9-53.3-38.9-12.0馬なり
前走栗東CW   71.6-55.4-40.0-11.9強め

CWコース3頭追い。大外を回り他2頭と併入。

全体の時計は前走時よりも詰めてきましたね、見た感じでは直線は前走同様の動きでした。調子的にも上り調子ではないでしょうか。この馬の場合は内枠を引くかどうかですね。

ダイワリベラル(予想オッズ20.8) 診断:C

3/30(水)美浦南W      52.7-38.2-12.8馬なり
前走美浦南W82.4-67.3-52.7-39.6-12.8馬なり

南Wコース2頭追い。併入。

前走時は6Fから眺めに追われました.今回は4Fから追われて、前走の4Fのタイムと全く同じでした。前走からの上積みは無いみたいですね。

マジックタイム (予想オッズ20.8) 診断:B

3/30(水)美浦南W   53.0-39.5-12.9馬なり
前走美浦南W66.9-51.4-37.3-12.9馬なり

南Wコース2頭追い。ワンパーセント(3歳500万下)にクビ差先着

500万にクビ差先着という事であまり上積みは無いみたいに思われますが。


今回のデータは役に立ったと
思われた方、よければクリック
よろしくお願いします。

第60回産経大阪杯調教診断まとめ


診断A:エキストラエンド
診断B:サトノアラジン ダッシングブレイズ キャンベルジュニア ロゴタイプ マジックタイム
診断C:ダイワリベラル

下位人気馬で調教が良く見えた馬:

➔第60回産経大阪杯の傾向
➔第60回産経大阪杯

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です