CBC賞2016最終追い切り診断~ベルカント坂路一番時計!

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

第52回CBC賞追い切り

ごりょんさん
どうも、ごりょんさんです。

今週の日曜日に行われます第52回CBC賞の最終追い切りの動きをチェックして行きたいと思います。

出走頭数が13頭とやや寂しい感じがしますが、馬券を当てるという点では手ごろな頭数とも言えますね。

人気が予想されますベルカントスノードラゴンが、水曜日の東西の坂路で1番時計を叩きだし順調さをアピールしています。

第52回CBC賞の調教の動き

A:これは動き抜群で馬券に絡みそう。

B:抜群の動きでないにしろ良い動き。

C:普通の動きです。

D:伏せ馬で遅れるようなあまり良くない動き。

なお、坂路は4F-3F-1Fの数字です。

2016年6月29日(水)

栗東坂路1番時計ベルカント牝549.9-35.9-12.3
美浦坂路1番時計スノードラゴン牡851.8-38.2-12.2

2016年6月30日(木)

栗東坂路1番時計プレフェリート牡550.8-37.8-12.4
美浦坂路1番時計ヒカリトップメモリ牝351.0-37.3-12.8
ごりょんさん

ちなみに

栗W=栗東CWコース

栗坂=栗東坂路

美W=美浦南Wコース

美坂=美浦坂路

です。

エイシンブルズアイ(予想オッズ2.4)診断:A

6/29(水)栗坂52.3-37.7-12.1馬なり
前走高松宮記念5着栗坂53.4-38.5-12.0馬なり

騎手:石橋

栗東坂路単走。

高松宮記念5着以来3か月ぶりになります。

6月の初旬から坂路で乗り込まれまして、1週ごとに時計を縮めていきました。

3週連続ラスト1Fが12秒台前半と、なかなか好仕上がりに見受けられました。

ポン駆けも効きますので好勝負必至ですね。

ベルカント(予想オッズ4.0)診断:A

6/29(水)栗坂49.9-35.9-12.3強め
前走ドバイアルクオーツS12着海外遠征

騎手:藤岡康

栗東坂路単走。

前走はドバイの1000mのGⅠに挑戦しまして12着という結果でした。

以来3か月ぶりの実戦になります。

この馬もエイシンブルズアイ同様に6月初旬から乗りこまれました。

最終追い切りを含め坂路で合計10本追われました。

この3週間では好時計を連発しており、今週に行われました最終追い切りでは1番時計を叩きだしました。

調子としましては良い状態に仕上がったと思われます。

ただ追い切りを見ていましたらラチを頼る感じに見えましたので、外枠が当たると心配ですね。

スノードラゴン(予想オッズ4.3)診断:A

6/29(水)美坂51.8-38.2-12.2馬なり
前走北海道SC3着美坂54.8-39.7-12.3馬なり

騎手:大野

美浦坂路単走。

高松宮記念7着の後地方ダート重賞を2戦しまして5.3着でした。

8歳の高齢馬ですが今週の水曜日には美浦の坂路で1番時計を叩きだすなど元気いっぱいです。

高松宮記念時の最終追い切りが53.4-39.5-12.4でしたので、今回の方が時計的には優秀ですね。

状態としては文句なしではないでしょうか。

サドンストーム(予想オッズ8.5)診断:B

6/29(水)栗坂51.4-37.5-12.3一杯
前走春雷S3着栗坂54.4-38.9-12.1一杯

騎手:ルメール

栗東坂路単走。

中山の春雷S3着いらい3か月ぶりの実戦になります。

6月の中旬から坂路で5本追い切りを消化しました。

今週の最終追い切りでは4Fで51.4と好時計でしたが、去年に比べて1本追い切り本数が少ないですね、やや急仕上げかと思われます。

レッドファルクス(予想オッズ9.5)診断:C

6/29(水)美W  55.7-40.1-12.9馬なり
前走欅S1着美D65.2-50.3-36.9-12.2強め

騎手:デムーロ

美浦南Wコース2頭追い。並走馬追走1馬身先着。

前走で東京ダートのオープン戦を勝ちましての参戦になります。

他馬が坂路で追われているのに対してこの馬はウッドチップコースで追われまして、馬なりで並走馬を交わして行きました。

しかし全体の時計が遅いのは気がかりになります。

ワキノブレイブ(予想オッズ15.9)診断:C

6/29(水)栗坂54.3-39.0-11.9強め
前走鞍馬S9着栗坂54.7-39.3-12.1馬なり

騎手:浜中

栗東坂路単走。

前走は京都のOP特別で9着と敗れました。

以来2か月ぶりになりますが、最終追い切りでは右方向に首をかしげながら走っていました。

ラスト1Fからは真っ直ぐ向いて走りまして11.9と好時計を叩きだしました。

やや集中力に欠ける追い切りだったように感じます。

シンデレラボーイ(予想オッズ18.3)診断:B

6/29(水)栗坂51.6-37.2-12.3一杯
前走安土城S4着栗坂52.0-37.3-12.5一杯

騎手:川田

栗東坂路2頭追い。コートオブアームズ(古馬500万下)を追走3馬身先着。

前走の安土城Sでは勝ち馬から0.3差の惜しい4着でした。

以来1か月ぶりになりますが、最終追い切りでは坂路で伏せられて並走馬を千切りました。

状態としては悪くない感じに見受けられました。

ベルルミエール(予想オッズ24.8)診断:B

6/30(木)栗W66.5-51.4-38.1-12.5馬なり
前走安土城S12栗W   54.2-39.3-12.5馬なり

騎手:太宰

栗CWコース2頭追い。フェンガリ(古馬500万下)を追走2馬身先着。

出走馬中唯一の木曜追いになりました。

前走時よりも全体の時計を3秒も縮めて来ました。

CWコースで4F51秒台は中々優秀ですね。

この馬の馬合はスタートが全てですね、出遅れたらアウト。


人気ブログランキング

今回のデータは役に立ったと

思われた方、よければクリック

よろしくお願いします。

第52回CBC賞調教診断まとめ

診断A:エイシンブルズアイ ベルカント スノードラゴン

診断B:サドンストーム シンデレラボーイ ベルルミエール

診断C:レッドファルクス ワキノブレイブ

下位人気馬で調教が良く見えた馬:なし

第52回CBC賞の傾向

第52回CBC賞予想

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です