大荒れ必至!第32回フェアリーS2016年最終追い切り診断

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

フェアリーS

どうも、ごりょんさんです。

今週は3日連続開催ですが、重賞レースは日曜日と月曜日しか行われませんので、土曜日の予想はお休みになります。

1月6日の水曜日に行われました第32回フェアリーSの最終追い切りを管理人の見たまんまの感想を述べていきます。

A:これは動き抜群で馬券に絡みそう。
B:抜群の動きでないにしろ良い動き。
C:普通の動きです。
D:伏せ馬で遅れるようなあまり良くない動き。

なお、時計はCWは5F-1Fの数字、坂路は4F-1Fの数字です。

2015年12月日(水)
栗東坂路1番時計:イースターパレードセ7 49.9-36.8-24.9-12.7
美浦坂路1番時計:フレイムヘイローセ8 51.1-38.1-25.7-13.0

第32回フェアリーSの各馬の調教の動き

クードラパン(予想オッズ2.3) 診断:B

1/6(水)美浦南W良 54.7-39.6-13.3(馬なり)
前走 美浦南W良 54.8-40.2-13.0(馬なり)

南W単走。

前走時は伏せ馬でしたが、今回は単走追い。これといって特徴のある追い切りではないですが良いんじゃないでしょうか?

リセエンヌ(予想オッズ3.6) 診断:B

1/6(水)栗東P良 66.0-50.8-37.3-12.4(馬なり)
前走 栗東P良 67.2-51.9-38.0-12.2(馬なり)

ポリトラック単走。

前走に比べて全体の時計は縮めました、ラスト1Fが0.2秒遅くなりましたが、前走同様の走りをすればここでも好勝負出来ると思いますが、少し元気が無いような気がしました。

アルジャンテ(予想オッズ5.5) 診断:C

1/6(水)美浦坂良 54.5-38.7-12.8(強め)
前走 美浦南W重 53.8-39.7-13.0(馬なり)

坂路2頭追い。ハッピーダンサーに2馬身先クビ差先着。

なかなか良い追い切りタイムですね。しかし道中常に頭を右に傾けて集中して走れていない感じがしました。良くなっていくのには時間が掛かりそうな気がします。

シーブリーズラブ(予想オッズ7.4) 診断:A

1/6(水)美浦南W良 68.7-53.6-39.4-12.9(馬なり)
前走 美浦南W稍 68.1-53.2-39.3-12.8(強め)

南W2頭追い。アデューシャーク(3歳未勝利)1馬身追走3馬身先着。

軽く走っているようで、並走馬を置き去りにしています。フルーキーの下という血統も魅力的ですね。良いんじゃないでしょうか。

ダイワダッチェス(予想オッズ13.5) 診断:

1/6(水)美浦南W良86.4-70.3-54.7-40.6-13.5(馬なり)
前走 美浦P良 69.4-53.8-40.1-13.5(馬なり)

映像なし

ビービーバーレル(予想オッズ20.0) 診断:B

1/6(水)美浦南W良 70.4-55.1-40.0-12.6(強め)
前走 美浦南W重 70.2-55.5-40.5-12.9(強め)

南W2頭追い。2馬身先着。

前走同様の追い切りタイムです。しかし重心が沈むようなフォームで駆け抜けて行く姿は好調に感じました。

レッドシルヴィ(予想オッズ26.1) 診断:C

1/6(水)美浦南W良 55.4-40.5-12.9
前走 美浦南W良 54.1-39.5-13.4(強め)

南W3頭追い。ダイワドレッサー、レッドカノーヴァ(古馬500万下)に大外先行併入。

まあ、こんなもんじゃないでしょうか。

第32回フェアリーS調教診断まとめ

A:シーブリーズラブ
B:クードラパン リセエンヌ ビービーバーレル
C:アルジャンテ レッドシルヴィ

下位人気馬で調教が良く見えた馬

コパノマリーン なかなかしなやかなフォームで走っています。

参照:♥第32回フェアリーSの傾向♥

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です