勝てる馬の条件は?2016年第46回高松宮記念データを分析する

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

第46回高松宮記念傾向

いよいよ春が近づいて来ました。そろそろ花見のシーズンを迎えますね。

さっそく先週の重賞レースの結果を振り返ります。

第64回阪神大賞典結果

  1. シュヴァルグラン ◎
  2. タンタアレグリア ○
  3. アドマイヤデウス

単勝: 300 馬連:670 3連複:810 3連単:3310

ペースは 61.6-64.4-59.8と 上がりが速いレースになりました。

勝ちました シュバルグランは外々を周っても余裕の楽勝でした。データ通りの日経新春杯組ダイヤモンド組で決まりましたね。馬券は シュヴァルグラン-タンタアレグリアのワイド1点を購入しました。購入時は3.3~4.5ほどでしたが、最終的に2.6倍にorz

第65回フジテレビ賞スプリングS結果

  1. マウントロブソン △
  2. マイネルハニー
  3. ロードクエスト  ◎

単勝: 800 馬連:3390 3連複:1690 3連単:19380

4コーナーを周ってもまだシンガリだったロードクエストでしたが、 まさか連を外すとは思わなかったですね。重賞で馬券になった馬がたった2頭しかいない弱いメンバーで、 前走500万を勝ったばかりの馬を差せないとは・・・これでは皐月賞どころの話ではないですね(笑)。しかも最終追い切りが前走と雲泥の差のA級の評価でしたから。

試し乗りか何だか分かりませんが、馬主さんは4000万円損をしたことになるでしょうね(笑)。 

馬券は当然ロードクエストから両外国人への馬連2点買いで、 90%的中する自信がありましたので、結果はショックでした。

今週は中京競馬場で春のスプリント王者決定戦の 第46回高松宮記念(GⅠ)が行われます。

人気が予想されますのは、前走の阪急杯(GⅢ)で久々のスカッとした逃げを見せて 優勝した ミッキーアイルこちらも前走のシルクロードS(GⅢ)を圧勝したダンスディレクター追記 3月23日回避決まりました 前走で初めて馬券圏内を外しましたビッグアーサーなど。

2016年 3月27日(日) 2回中京6日目 22頭 [仮想出馬表]

4歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝1200m (B)

馬名性齢替 騎手斤量調教師
アースソニック牡7*バルジュー57(栗)中竹和也
アクティブミノル牡4*藤岡康57(栗)北出成人
$アルビアーノ牝4 cルメール55(美)木村哲也
ウキヨノカゼ牝6 四位55(美)菊沢隆徳
ウリウリ牝6 *戸崎55(栗)藤原英昭
$エアロヴェロシティセ857[外]オサリバ
$エイシンブルズアイ牡5石橋57(栗)野中賢二
サクラゴスペル牡8*勝浦57(美)尾関知人
サトノルパン牡5和田57(栗)村山明
サドンストーム牡757(栗)西浦勝一
スギノエンデバー牡857(栗)浅見秀一
スノードラゴン牡8大野57(美)高木登
ダンスディレクター牡6*横山典57(栗)笹田和秀
ティーハーフ牡6池添57(栗)西浦勝一
ハクサンムーン牡7酒井57(栗)西園正都
ヒルノデイバロー牡5*太宰57(栗)昆貢
ビッグアーサー牡5*福永57(栗)藤岡健一
*ブラヴィッシモ牡457(栗)須貝尚介
ミッキーアイル牡5松山57(栗)音無秀孝
レッツゴードンキ牝4 岩田55(栗)梅田智之
ローレルベローチェ牡5中井57(栗)飯田雄三
ワキノブレイブ牡657(栗)清水久詞

なお、昨年の勝ち馬の香港馬 エアロヴェロシティは回避が決まりました、残念ですね。

スポンサーリンク

第46回高松宮記念の傾向

シンガリマケ
第46回高松宮記念の2012年~2015年までの過去4年間の傾向になります。


単勝オッズ別集計

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率
1.0~ 1.41- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
1.5~ 1.90- 0- 0- 0/ 0
2.0~ 2.90- 0- 2- 0/ 20.0%0.0%100.0%
3.0~ 3.91- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
4.0~ 4.90- 0- 0- 0/ 0
5.0~ 6.91- 1- 1- 3/ 616.7%33.3%50.0%
7.0~ 9.91- 1- 0- 2/ 425.0%50.0%50.0%
10.0~14.90- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%
15.0~19.90- 2- 0- 5/ 70.0%28.6%28.6%
20.0~29.90- 0- 0-11/110.0%0.0%0.0%
30.0~49.90- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
50.0~99.90- 0- 1-10/110.0%0.0%9.1%
100.0~0- 0- 0-19/190.0%0.0%0.0%
過去4年間の平均配当

  • 単勝    485円
  • 馬連   4825円
  • 3連複  8600円
  • 3連単  46432円

1番人気成績

  • 1-0-2-1(25%-25%-75%)

単勝10倍以内:4-2-3-5(28.6%-42.9%-64.3%)

過去4年間で12頭中9頭までが、単勝10倍以内で収まっています。後の2頭は10倍台、ただ1頭の人気薄は単勝85.6倍で3着に逃げ粘ったたハクサンムーンです。


騎手分類別集計

騎手分類着別度数勝率連対率複勝率
美浦0- 2- 0-21/230.0%8.7%8.7%
栗東3- 2- 4-35/446.8%11.4%20.5%
地方0- 0- 0- 0/ 0
外国1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%


調教師分類別集計

調教師分類着別度数勝率連対率複勝率
美浦0- 2- 0-16/180.0%11.1%11.1%
栗東3- 2- 4-43/525.8%9.6%17.3%
外国1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%

数の上では関西馬・騎手が優勢ですね。


年齢別集計

年齢着別度数勝率連対率複勝率
4歳1- 0- 3-11/156.7%6.7%26.7%51122
5歳2- 0- 1-15/1811.1%11.1%16.7%2821
6歳0- 4- 0-16/200.0%20.0%20.0%060
7歳1- 0- 0-11/128.3%8.3%8.3%5421
8歳0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00

7歳で勝ったのは香港馬なので除くと、4.5歳馬が1着、2着に6歳馬が入って3着は4.5歳馬という感じになっています。


枠番別集計

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%015
2枠1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%8132
3枠1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%9632
4枠0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
5枠1- 0- 1- 6/ 812.5%12.5%25.0%4833
6枠1- 1- 0- 6/ 812.5%25.0%25.0%1638
7枠0- 1- 1- 9/110.0%9.1%18.2%0156
8枠0- 2- 1- 9/120.0%16.7%25.0%061
  • 偶数番  2-1-1-31
  • 奇数番  2-3-3-28

内枠で2勝していますが、いずれも外国人騎手で先行していますね、ロードカナリアでさえ3着に敗れていますので、外枠の方がレースがしやすい感じがします。


脚質上り別集計

脚質上り着別度数勝率連対率複勝率
平地・逃げ0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%
平地・先行3- 1- 2-10/1618.8%25.0%37.5%
平地・中団1- 2- 1-25/293.4%10.3%13.8%
平地・後方0- 1- 0-21/220.0%4.5%4.5%
平地・マクリ0- 0- 0- 0/ 0
3F 1位1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%16.7%
3F 2位0- 2- 1- 1/ 40.0%50.0%75.0%
3F 3位0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
3F ~5位1- 1- 0- 5/ 714.3%28.6%28.6%
3F 6位~2- 1- 3-44/504.0%6.0%12.0%

脚質別では、先行馬が有利ですね。


4角位置別集計

4角位置着別度数勝率連対率複勝率
2番手以下4- 4- 3-56/676.0%11.9%16.4%
3番手以下2- 3- 3-52/603.3%8.3%13.3%
4番手以下1- 3- 3-52/591.7%6.8%11.9%
5番手以下1- 3- 1-46/512.0%7.8%9.8%
7番手以下1- 3- 1-41/462.2%8.7%10.9%
10番手以下0- 3- 0-28/310.0%9.7%9.7%
13番手以下0- 1- 0-21/220.0%4.5%4.5%
16番手以下0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%

4コーナーを10番手以下で回った馬は2着が精いっぱいです。13番手以下で馬券に絡んだのは、不良で行われた2014年のスノードラゴンの2着のみ。


種牡馬別集計

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率
キングカメハメハ1- 0- 1- 3/ 520.0%20.0%40.0%
ダイワメジャー1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%
クロフネ1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%
Pins1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
アドマイヤムーン0- 1- 1- 1/ 30.0%33.3%66.7%
アドマイヤコジーン0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%
シンボリクリスエス0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%
ロージズインメイ0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%
フジキセキ0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%
ディープインパクト0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%

種牡馬別では、キングカメハメハ、ダイワメジャー、クロフネ、アドマイヤムーンと、キングカメハメハ以外は短距離系種牡馬ですね。


前走騎手別集計

前走騎手着別度数勝率連対率複勝率
◆同騎手3- 4- 3-34/446.8%15.9%22.7%
◆乗替り1- 0- 1-25/273.7%3.7%7.4%

前走騎手別では、継続騎乗が圧倒的に有利です。乗り替わりで馬券に絡んだ馬は、2頭。浜中→デムーロ、石橋→酒井。デムーロ騎手はまったくのテン乗り、酒井騎手は前々走騎乗して重賞を勝っていました。やはり乗り替わりはマイナス点が大きいですね。


間隔別集計

間隔着別度数勝率連対率複勝率
2週0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%
3週1- 2- 1-24/283.6%10.7%14.3%
4週2- 1- 1-18/229.1%13.6%18.2%
5~ 9週1- 1- 2-11/156.7%13.3%26.7%
10~25週0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%
半年以上0- 0- 0- 0/ 0
初出走他0- 0- 0- 0/ 0
不明・他0- 0- 0- 0/ 0
明け2戦3- 3- 1-22/2910.3%20.7%24.1%
明け3戦0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%
明け4戦0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%
明け5戦1- 0- 1- 5/ 714.3%14.3%28.6%
明け6~0- 1- 0-17/180.0%5.6%5.6%
指1-99週4- 4- 4-59/715.6%11.3%16.9%

間隔別ですが、オール中3~9週ですね。しかも叩き2戦目の馬が7頭も馬券内に来ています。該当馬は、アルビアーノ、ウキヨノカゼ、サドンストーム、スノードラゴン、ティーハーフ、ハクサンムーン、ブラヴィッシモ、ミッキーアイル、レッツゴードンキ。


前確定着順別集計

前確定着順着別度数勝率連対率複勝率
同級1着2- 1- 2- 6/1118.2%27.3%45.5%
同級2着1- 2- 1- 5/ 911.1%33.3%44.4%
同級3着0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%
同級4着1- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%14.3%
同級5着0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%
同級6~9着0- 0- 1-18/190.0%0.0%5.3%
同級10着~0- 0- 0-13/130.0%0.0%0.0%
下級1着0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%

前走着順別では、休み明けで9着に敗れたハクサンムーン以外は、全て同級4着以内<でした。前走で1.2着した馬が9頭と75%を占めています。エイシンブルズアイ、ダンスディレクター、ハクサンムーン、ミッキーアイル、ローレルベローチェと5頭だけです。


前走着差別集計

前走着差着別度数勝率連対率複勝率
勝0.6~0.91- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
勝0.3~0.50- 0- 2- 1/ 30.0%0.0%66.7%
勝0.1~0.21- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%14.3%
勝0.00- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%
負0.00- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%
負0.1~0.22- 2- 0- 7/1118.2%36.4%36.4%
負0.3~0.50- 1- 0-15/160.0%6.3%6.3%
負0.6~0.90- 0- 1-17/180.0%0.0%5.6%
負1.0~1.90- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%

前走の着差別ですが、前走で敗れた7頭中5頭までが、0.2差でに収めています。後の2頭は、サンカルロ0.3とハクサンムーン0.9でした。


前走斤量別集計

前走斤量着別度数勝率連対率複勝率
増減無し2- 1- 2-18/238.7%13.0%21.7%
増減±1kg以内4- 4- 4-54/666.1%12.1%18.2%
今回増0- 2- 1-36/390.0%5.1%7.7%
今回1~1.5kg増0- 2- 1-32/350.0%5.7%8.6%
今回2~2.5kg増0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
今回3kg以上増0- 0- 0- 0/ 0
今回減2- 1- 1- 5/ 922.2%33.3%44.4%
今回1~1.5kg減2- 1- 1- 2/ 633.3%50.0%66.7%

前走斤量別ですが、前走よりも斤量が1~1.5キロ減る馬が、2-1-1-2と素晴らしい成績を残しています。今回は該当馬はいませんでしたが、ウリウリが2キロ減、サトノルパンが0.5キロ減です。


前走脚質別集計

前走脚質着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ1- 1- 1- 6/ 911.1%22.2%33.3%85220
平地・先行0- 1- 2-13/160.0%6.3%18.8%035
平地・中団2- 1- 1-25/296.9%10.3%13.8%1724
平地・後方0- 1- 0-14/150.0%6.7%6.7%010
平地・マクリ0- 0- 0- 0/ 0
3F 1位0- 1- 2- 9/120.0%8.3%25.0%050
3F 2位0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%053
3F 3位0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%038
3F ~5位1- 1- 0-10/128.3%16.7%16.7%6438
3F 6位~2- 1- 1-32/365.6%8.3%11.1%1454

前走の脚質ですが、逃げ馬の成績が1番良いですね。切れる脚を使う馬は、2.3着までしか来れていません。


前走クラス別集計

前走クラス着別度数勝率連対率複勝率
1600万下0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%
OPEN特別0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%
G33- 4- 4-47/585.2%12.1%19.0%
G20- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%
G10- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%

前走クラス別では、香港馬を除いた全馬がG3からですね。


前走レース名別集計

前走レース名着別度数勝率連対率複勝率
阪急杯G32- 1- 1-18/229.1%13.6%18.2%
オーシャG31- 2- 1-23/273.7%11.1%14.8%
チェアG11- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
シルクロHG30- 1- 2- 5/ 80.0%12.5%37.5%

前走レース名は、阪急杯、シルクロードS、オーシャンSの3通りしかありません。

第46回高松宮記念展開

年度前半3F-4F-5F後半5F-4F-3F勝ちタイム勝ち馬上がり3F
201534.0-45.6-56.956.6-45.9-34.51.08.5稍34.3
201434.5-46.4-59.060.1-49.4-37.71.12.2不37.2
201334.3-45.5-56.556.2-45.2-33.81.08.133.2
201234.5-46.1-57.858.1-47.5-35.81.10.335.5

2013年以外は前半がやや速いペースですね。


今回のデータは役に立ったと
思われた方、よければクリック
よろしくお願いします。

第46回高松宮記念のまとめ

今回はデムーロ騎手の名前が見当たらないと思っていましたら、ドバイへ出張なんですね。人気馬に松山・横山の両騎手ですか。波乱を感じさせる予感が・・・

  • 比較的人気馬どうしで決まるレース
  • 着順が4.5歳→6歳→4.5歳というパターン多し
  • 先行馬が断然有利
  • キンカメ、ダイワメジャー、クロフネ、アドマイヤムーンが活躍
  • 前走からは継続騎乗が圧倒的有利
  • 前走からの間隔はオール中3~9週
  • 前走1.2着馬が75%を占める
  • 前走で逃げた馬は複勝率33.3%
  • 前走はオールG3から
  • 前走レースは阪急杯、シルクロードS、オーシャンSの3レースのみ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です