先行馬の成績は?2016年フジテレビ賞スプリングSのデータを徹底分析!

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

第65回フジテレビ賞スプリングS傾向

どうも、ごりょんさんです。

先週の日曜日に行われました第50回報知杯フィリーズレビューの回顧を少し。

第50回報知杯フィリーズレビュー結果

  1. ソルヴェイグ
  2. アットザシーサイド
  3. キャンディバローズ △

単勝: 2720 馬連:3940 3連複:4950 3連単:47890

1200m通過が1.10.4というスローペースでした。ここ5年間でいちばん遅い流れでした。これだけペースが遅いと、外枠の差しに馬は厳しかったですね。

しかし川田騎手は最近好調ですね。マカヒキの騎乗も決まりましたし、しばらくは要注意ですね。

3月13日(日)の藤田菜七子さん騎乗結果

2R ニシノラック   6人気13着
4R ループドライブ  7人気14着
5R パワポケゴールド 6人気6着
8R オーミアリエル  4人気13着
通算:0-1-0-9

なかなか良い馬に乗せてもらえませんね、まあその内勝てるでしょう。

今週は3連休という事もありまして 3場で4重賞が行われます。

20日の日曜日には、皐月賞へのトライアルレース、

第65回フジテレビ賞スプリングS(GⅡ)が行われます。

人気が予想されますのは、昨年の新潟2歳Sを圧勝した ロードクエスト、デビュー2戦目でGⅢを制覇した ドレッドノータス、母の兄がクロフネという良血馬の マウントロブソンなど。

登録が13頭とやや寂しいのが残念ですね。

スポンサーリンク

第65回フジテレビ賞スプリングSの傾向

なお、2011年は阪神競馬場で行われましたので、2015~2012年と2010年の過去5回のデータを対象にします。

シンガリマケ
第65回フジテレビ賞スプリングS2010年~2015年(2011年は除く)の過去6年間の傾向になります。

単勝オッズ別集計

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率
1.0~ 1.40- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%
1.5~ 1.90- 0- 0- 0/ 0
2.0~ 2.90- 3- 0- 0/ 30.0%100.0%100.0%
3.0~ 3.91- 0- 1- 1/ 333.3%33.3%66.7%
4.0~ 4.90- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
5.0~ 6.93- 1- 1- 2/ 742.9%57.1%71.4%
7.0~ 9.90- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%
10.0~14.91- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%
15.0~19.90- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
20.0~29.90- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%
30.0~49.90- 0- 2-11/130.0%0.0%15.4%
50.0~99.90- 1- 0-11/120.0%8.3%8.3%
100.0~0- 0- 0-14/140.0%0.0%0.0%

過去5年間の平均配当

  • 単勝    666円
  • 馬連   4364円
  • 3連複   4994円
  • 3連単  31912円

1番人気成績

  • 1-3-1-0(20.0%-20.0%-100%)

単勝10倍以内:4-4-3-10(19.0%-38.1%-54.2%)

2.3着で計3回、人気薄が馬券に絡んでいますね。

  • マイネルホウオウ 11人気3着 ジュニアC1着
  • ロジメジャー   10人気3着 500万下2着
  • ゲシュタルト   10人気2着 こぶし賞5着

しかし単勝10倍以内で15頭中11頭が馬券内に来ており、人気所はあまり崩れていないようです。

騎手分類別集計

騎手分類着別度数勝率連対率複勝率
美浦2- 2- 4-40/484.2%8.3%16.7%
栗東2- 3- 1-16/229.1%22.7%27.3%
地方0- 0- 0- 0/ 0
外国1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%

調教師分類別集計

調教師分類着別度数勝率連対率複勝率
美浦3- 1- 4-31/397.7%10.3%20.5%
栗東2- 4- 1-26/336.1%18.2%21.2%

騎手別では、は関西の騎手が2.3着の成績が良いようです。調教師は互角ですね。

馬体重別集計

馬体重着別度数勝率連対率複勝率
~399kg0- 0- 0- 0/ 0
400~419kg0- 0- 0- 0/ 0
420~439kg0- 0- 0- 0/ 0
440~459kg0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%
460~479kg0- 0- 2-24/260.0%0.0%7.7%
480~499kg2- 2- 2-11/1711.8%23.5%35.3%
500~519kg2- 2- 0-10/1414.3%28.6%28.6%
520~539kg1- 1- 0- 3/ 520.0%40.0%40.0%

レース当日の馬体重ですが、最低でも480キロは欲しい所ですね。今回のメンバーはアドマイヤモラール1頭だけと軽量馬が揃いました。プラス体重で出てこないとやや苦しいですね。

枠番別集計

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠1- 1- 0- 4/ 616.7%33.3%33.3%20573
2枠1- 1- 1- 5/ 812.5%25.0%37.5%70117
3枠2- 1- 1- 5/ 922.2%33.3%44.4%104128
4枠0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
5枠0- 1- 0- 9/100.0%10.0%10.0%011
6枠0- 1- 2- 7/100.0%10.0%30.0%044
7枠0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
8枠1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%6092
  • 偶数番  2-4-3-26
  • 奇数番  3-1-2-31

6番までの馬が 15頭中10頭馬券に入っています。やはり内枠が有利な傾向が表れています。

脚質上り別集計

脚質上り着別度数勝率連対率複勝率
平地・逃げ1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%16.7%
平地・先行4- 2- 1- 9/1625.0%37.5%43.8%
平地・中団0- 3- 4-21/280.0%10.7%25.0%
平地・後方0- 0- 0-21/210.0%0.0%0.0%
平地・マクリ0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
3F 1位1- 1- 2- 5/ 911.1%22.2%44.4%
3F 2位0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%
3F 3位0- 1- 1- 2/ 40.0%25.0%50.0%
3F ~5位1- 1- 2- 7/119.1%18.2%36.4%
3F 6位~3- 1- 0-41/456.7%8.9%8.9%

脚質別では、圧倒的に逃げ先行馬に有利なレース<ですね。追込み馬は馬券になっていません。

4角位置別集計

4角位置着別度数勝率連対率複勝率
2番手以下3- 5- 5-54/674.5%11.9%19.4%
3番手以下2- 5- 5-47/593.4%11.9%20.3%
4番手以下0- 3- 5-44/520.0%5.8%15.4%
5番手以下0- 3- 4-42/490.0%6.1%14.3%
7番手以下0- 2- 1-36/390.0%5.1%7.7%
10番手以下0- 0- 1-23/240.0%0.0%4.2%
13番手以下0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%
16番手以下0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%

4コーナーで10番手以下では届かない可能性大です。

生産者別集計

生産者着別度数勝率連対率複勝率
社台ファーム3- 0- 1- 7/1127.3%27.3%36.4%
社台C白老ファーム1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%16.7%
ヤナガワ牧場1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
ノーザンファーム0- 1- 1-11/130.0%7.7%15.4%
パカパカファーム0- 1- 1- 0/ 20.0%50.0%100.0%
信成牧場0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%
細川農場0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%
Ocala Stud0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%
千代田牧場0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%
ヒカル牧場0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%

生産牧場別では、珍し社台ファームの1人勝ちですね。今年はプランスシャルマン1頭だけでです。

ちなみに、今年はこれまで重賞レースが29鞍行われましたが

  • ノーザンファーム 12-10-10-68(100)
  • 社台ファーム    1-8-7-50(66)

という結果に。

種牡馬別集計

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率
フジキセキ1- 1- 0- 2/ 425.0%50.0%50.0%
シンボリクリスエス1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%
アグネスタキオン1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%
ローエングリン1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
ブラックタイド1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
ディープインパクト0- 2- 1- 6/ 90.0%22.2%33.3%
マンハッタンカフェ0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%
Henny Hughes0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%
キングカメハメハ0- 0- 2- 3/ 50.0%0.0%40.0%
ダイワメジャー0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%
スズカフェニックス0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%

種牡馬別では、現役時代に中山の成績が良かった馬が上位に、ディープインパクト・キングカメハメハはやや苦戦しています。

前走騎手別集計

前走騎手着別度数勝率連対率複勝率
◆乗替り4- 2- 2-30/3810.5%15.8%21.1%
◆同騎手1- 3- 3-27/342.9%11.8%20.6%

前走騎手別では、乗り替わりの方が成績が良くなっています。外国人が絡んだ乗り替わりが5頭。その他の3回のうち、内田騎手に乗り替わりが2回です。

現時点で分かっている騎手は

マウントロブソン・シュタルケ、ミッキーロケット・ルメール、プランスシャルマン・内田、ロードクエスト・池添

騎手の乗り替わりが面白いですね。デムーロ騎手が阪神大賞典でトーホウジャッカルに騎乗するみたいです。ロードクエストは何故か池添騎手。シュヴァルグランは代打?ミッキーロケットに乗るルメール。となると、戸崎騎手は何に騎乗するのかが見物になりますね。

間隔別集計

間隔着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
連闘0- 0- 0- 0/ 0
2週0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
3週0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%00
4週1- 1- 2-13/175.9%11.8%23.5%72103
5~ 9週2- 3- 0-22/277.4%18.5%18.5%4228
10~25週2- 1- 3-11/1711.8%17.6%35.3%5586
半年以上0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

前走からの間隔別ですが、オール4~25週ですね。ケンホファヴァルト、ポロス、モウカッテルが中2.3週ですね。

前確定着順別集計

前確定着順着別度数勝率連対率複勝率
同級1着1- 3- 3- 6/137.7%30.8%53.8%
同級2着0- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%14.3%
同級3着2- 0- 0- 1/ 366.7%66.7%66.7%
同級4着0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%
同級5着0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
同級6~9着0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
同級10着~0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%
下級1着2- 0- 0-21/238.7%8.7%8.7%
下級2着0- 0- 2- 0/ 20.0%0.0%100.0%
下級3着0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
下級4着0- 0- 0- 0/ 0
下級5着0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%
下級6~9着0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%

前走着順別では、同級では3着までですが、下級条件では、取りこぼして来ている馬でも3頭が馬券に絡んでいます。今回で言えばミッキーロケットがピッタリですが。

前走着差別集計

前走着差着別度数勝率連対率複勝率
勝2.0~0- 0- 0- 0/ 0
勝1.0~1.90- 0- 0- 0/ 0
勝0.6~0.90- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%
勝0.3~0.51- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%16.7%
勝0.1~0.21- 2- 3- 9/156.7%20.0%40.0%
勝0.01- 1- 0-11/137.7%15.4%15.4%
負0.01- 0- 2- 3/ 616.7%16.7%50.0%
負0.1~0.21- 1- 0- 4/ 616.7%33.3%33.3%
負0.3~0.50- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%
負0.6~0.90- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%
負1.0~1.90- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%
負2.0~2.90- 0- 0- 0/ 0
負3.0~3.90- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
負4.0~0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%

前走で勝ち馬につけられた着差ですが、最大でも0.5秒までです。人気薄の4頭が脱落しそうですが。

前走クラス別集計

前走クラス着別度数勝率連対率複勝率
新馬0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%
未勝利0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%
500万下2- 1- 2-18/238.7%13.0%21.7%
1000万下0- 0- 0- 0/ 0
1600万下0- 0- 0- 0/ 0
OPEN特別0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%
G32- 3- 0-19/248.3%20.8%20.8%
G20- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%
G11- 1- 2- 1/ 520.0%40.0%80.0%

前走クラス別では、GⅠ組が素晴らしい成績ですね、今回は直行組はいませんが、間にレースを挟んだ馬が2頭、アドマイヤモラールとハレルヤボーイが登録しています。

前走レース名別集計

前走レース名着別度数勝率連対率複勝率
500万下*2- 0- 0- 4/ 633.3%33.3%33.3%
共同通信G31- 2- 0- 8/119.1%27.3%27.3%
フューチG11- 1- 2- 1/ 520.0%40.0%80.0%
ラジオNIG31- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%
こぶし賞500*0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%
きさらぎG30- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%
セントポ500*0- 0- 2- 4/ 60.0%0.0%33.3%
ジュニア0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%

前走レース別ですが、朝日杯以外の中山出走馬が全滅という意外な結果に。特に京成杯は0-0-0-7と相性が悪いですね。

フジテレビ賞スプリングS展開

年度前半3F-4F-5F後半5F-4F-3F勝ちタイム勝ち馬上がり3F
201536.7-49.8-62.659.3-46.5-34.51.49.134.4
201435.8-48.2-60.360.2-48.1-36.01.48.435.3
201336.8-48.5-60.159.3-47.7-35.61.47.835.2
201237.5-49.9-62.160.8-48.6-36.41.50.7(重)35.5
201035.8-48.0-60.260.2-48.0-35.61.48.235.6

後半の方がやや速いですが、ほぼ平均ペースでしょうか。


今回のデータは役に立ったと 思われた方、よければクリック よろしくお願いします。

第65回フジテレビ賞スプリングS傾向のまとめ

今回のレースはドレッドノータスとロードクエストの一騎打ちというレースになるのでしょうか?

  • 3着は荒れる事があるものの、基本的には上位人気馬が好走するレース
  • 馬体重は480キロは欲しい所
  • 6番までの馬が15頭中10頭馬券内
  • 圧倒的に逃げ先行馬に有利
  • 社台ファームの生産馬が成績が良い
  • 騎手は乗り替わりの方が成績が良い
  • 間隔はオール中4~25週
  • 前走着順は同級は3着まで、下級では取りこぼしていても馬券になっている
  • 勝ち馬につけられた着差は、最大でも0.5秒まで
  • 前走重賞組が好走
  • 京成杯組は0-0-0-7と相性が悪い
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です