2016報知杯フィリーズレビューの過去のデータを徹底検証して勝てるデータを見つける

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

第50回報知杯フィリーズレビュー傾向

今週は東西で障害を含む4つの重賞が予定されています。

3月13日の日曜日に阪神競馬場で行われます 第50回報知杯フィリーズレビュー(GⅡ)の傾向を調べていきたいと思います。

3着までに桜花賞の優先出走権が与えられます。

人気が予想されますのは、出走馬中、唯一の重賞ウイナーのキャンディバローズ。阪神JFの4.5着馬のペプチドサプルアットザシーサイド。兄が一昨年の3歳王者のダノンプラチナという良血馬のリボンフラワーなど。

第50回報知杯フィリーズレビューの傾向

ごりょんさん
第50回報知杯フィリーズレビューの2011年~2015年の過去5年間の傾向になります。


単勝オッズ別集計

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率
2.0~ 2.90- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
3.0~ 3.92- 0- 0- 2/ 450.0%50.0%50.0%
4.0~ 4.91- 0- 1- 2/ 425.0%25.0%50.0%
5.0~ 6.91- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%16.7%
7.0~ 9.91- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%
10.0~14.90- 3- 3- 7/130.0%23.1%46.2%
15.0~19.90- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%
20.0~29.90- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%
30.0~49.90- 0- 1- 6/ 70.0%0.0%14.3%
50.0~99.90- 0- 0-12/120.0%0.0%0.0%
100.0~0- 1- 0-16/170.0%5.9%5.9%

過去5年間の平均配当

  • 単勝    496円
  • 馬連   17492円
  • 3連複   58126円
  • 3連単  395096円

1番人気成績

  • 2-0-0-3

単勝10倍以内の成績

5-0-1-15(23.8%-23.8%-28.6%)

2013年に 単勝186.5倍の人気薄ニホンピロアンバーが2着に逃げ粘りましたので、とんでもない配当になりました。その他で単勝オッズが20倍を超えた馬は1頭だけと、ほぼ人気内に収まっている感じがします。

単勝に関しては5頭すべてが3番人気内で 1ケタオッズですね。


騎手分類別集計

騎手分類着別度数勝率連対率複勝率
美浦1- 2- 0- 9/128.3%25.0%25.0%
栗東3- 3- 4-54/644.7%9.4%15.6%
地方0- 0- 0- 0/ 0
外国1- 0- 1- 4/ 616.7%16.7%33.3%


調教師分類別集計

調教師分類着別度数勝率連対率複勝率
美浦2- 3- 1-11/1711.8%29.4%35.3%
栗東3- 2- 4-56/654.6%7.7%13.8%

騎手・調教師別ともに 関東勢が成績が良いです。関東馬で馬券に絡んだ馬6頭の内訳は

  • 関東騎手 3
  • 関西騎手 1(武豊)
  • 外国人  2

こんな感じで外国人騎手が活躍しています。


枠番別集計

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%5664
2枠2- 0- 0- 8/1020.0%20.0%20.0%7935
3枠0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%075
4枠0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
5枠0- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%052
6枠1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%77575
7枠0- 2- 1- 8/110.0%18.2%27.3%099
8枠1- 0- 1- 9/119.1%9.1%18.2%3299
  • 偶数番  2-2-4-33
  • 奇数番  3-3-1-34

枠順別では、ほぼフラットですが、平均人気よりも平均着順が良い枠は、1番、4番、12番より外枠と、内か外両端の枠が比較的好走していました。


脚質上り別集計

脚質上り着別度数勝率連対率複勝率
平地・逃げ0- 1- 1- 3/ 50.0%20.0%40.0%
平地・先行2- 1- 2-14/1910.5%15.8%26.3%
平地・中団0- 2- 0-27/290.0%6.9%6.9%
平地・後方3- 1- 2-23/2910.3%13.8%20.7%
平地・マクリ0- 0- 0- 0/ 0
3F 1位2- 0- 1- 2/ 540.0%40.0%60.0%
3F 2位1- 1- 0- 4/ 616.7%33.3%33.3%
3F 3位0- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%14.3%
3F ~5位2- 1- 1-10/1414.3%21.4%28.6%
3F 6位~0- 2- 3-45/500.0%4.0%10.0%

枠順別では、内回りコースの割に 追込み馬の活躍が目立ちます。4コーナーを10番手以下で通過した馬でも 3-1-2-27と3分の1が馬券に絡んでいます。


種牡馬別集計

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率
ファルブラヴ1- 1- 0- 3/ 520.0%40.0%40.0%
サクラバクシンオー1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%
マンハッタンカフェ1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%
タイキシャトル1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%
スズカマンボ1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
ゼンノロブロイ0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%
ダイワメジャー0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%25.0%
ブラックタキシード0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%
スウェプトオーヴァーボード0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%
アドマイヤムーン0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%
ジャングルポケット0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%
Tiz Wonderful0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%
Harlan’s Holiday0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%
Cozzene0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%
ディープインパクト0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%

種牡馬別では、ディープインパクト・キングカメハメハといった スーパー種牡馬たちの成績が軒並み悪いですね。というか、1頭も馬券になっていませんね。

ディープインパクト産駒が 0-0-0-5で平均オッズが15.9に対し平均着順が8.2着とイマイチの成績です。今回はキャンディバローズ、リボンフラワーと人気2頭が出走を予定しています。


キャリア別集計

キャリア着別度数勝率連対率複勝率
1戦0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
2戦1- 0- 1- 3/ 520.0%20.0%40.0%
3戦0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%
4戦2- 1- 0-17/2010.0%15.0%15.0%
5戦2- 1- 0-18/219.5%14.3%14.3%
6戦0- 2- 2- 9/130.0%15.4%30.8%
7戦0- 1- 1- 6/ 80.0%12.5%25.0%
8戦0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%
9戦0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
10戦0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%

キャリア別ですが、確率で言いますと 2戦が一番成績が良いです、次いで4.5戦。6.7戦になりますと2.3着が多くなっていきます。ナタリーバローズやダイアナヘイローは要注意ですね。


前確定着順別集計

前確定着順着別度数勝率連対率複勝率
同級1着0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%
同級2着1- 1- 0- 2/ 425.0%50.0%50.0%
同級3着0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
同級4着1- 0- 2- 2/ 520.0%20.0%60.0%
同級5着0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%
同級6~9着0- 0- 0-11/110.0%0.0%0.0%
同級10着~1- 1- 0-13/156.7%13.3%13.3%
下級1着2- 2- 2-21/277.4%14.8%22.2%
下級2着0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
下級3着0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
下級4着0- 0- 0- 0/ 0
下級5着0- 0- 0- 0/ 0
下級6~9着0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
下級10着~0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%

前走の着順別では

  • 同級~5着 2-2-3-14(9%-19%-33.3%)
  • 同級10着~ 1-1-0-13(6.7%-13.3%-13.3%)
  • 下級1着  2-2-2-21(7.4%-14.8%-22.2%)

ちなみに、同級10着以下からの巻き返しの2頭ですが、どちらもGⅠ組ですね。


前走馬体重別集計

前走馬体重着別度数勝率連対率複勝率
~-20kg0- 0- 0- 0/ 0
-19~-10kg0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%
-9~ -4kg0- 1- 1-22/240.0%4.2%8.3%
-3~ +3kg2- 3- 3-27/355.7%14.3%22.9%
+4~ +9kg3- 1- 0-11/1520.0%26.7%26.7%
+10~+19kg0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
+20kg~0- 0- 0- 0/ 0
不・初・未0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
 前走減2- 2- 4-39/474.3%8.5%17.0%
 同体重0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%11.1%
 前走増3- 2- 1-19/2512.0%20.0%24.0%

前走の馬体重の増減ですが、-4キロ以上減って出走した馬の成績が 0-1-2-27(0%-3%-10%)と不振を極めます。やはりこの時期のマイナス体重は好成績に繋がらない様です。

前走で-4キロ以上だった馬は、アットザシーサイド、エターナルユース、カトルラポール、キャンディバローズ、クリノラホール、タガノヴィアーレ、ダイアナヘイローと、中には人気馬もいますね。

反対に前走で+4~9キロの馬<の成績が 3-1-0-11と、飛び抜けた成績を残しています。クードラパン、ペプチドサプルと この2頭は要注意です。


前走脚質別集計

前走脚質着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
平地・逃げ1- 2- 0-14/175.9%17.6%17.6%32362
平地・先行2- 2- 4-20/287.1%14.3%28.6%40105
平地・中団1- 0- 1-23/254.0%4.0%8.0%1421
平地・後方1- 1- 0-10/128.3%16.7%16.7%3645
平地・マクリ0- 0- 0- 0/ 0
3F 1位2- 1- 0- 8/1118.2%27.3%27.3%7267
3F 2位0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
3F 3位0- 0- 2- 7/ 90.0%0.0%22.2%0138
3F ~5位0- 1- 1-10/120.0%8.3%16.7%053
3F 6位~3- 3- 2-35/437.0%14.0%18.6%39175

前走の脚質別ですが、中団以外はほぼ良く似た成績に。前走 上がり3Fで1位の馬が 2-1-0-8といちばん確率が良いですね。ソーディヴァイン、ダンツロビンの2頭が該当しますが、共にダート戦でした。


前走クラス別集計

前走クラス着別度数勝率連対率複勝率
新馬0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
未勝利0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
500万下2- 2- 2-24/306.7%13.3%20.0%
1000万下0- 0- 0- 0/ 0
1600万下0- 0- 0- 0/ 0
OPEN特別0- 1- 1-13/150.0%6.7%13.3%
G31- 1- 1-15/185.6%11.1%16.7%
G20- 0- 0- 0/ 0
G12- 1- 1- 8/1216.7%25.0%33.3%

前走はどのクラスを走っていたかですが、GⅠ>500万>GⅢ>OPという感じになっています。この前走500万下勝ちから馬券に絡んだ6頭は、すべて前走1400~1600mを走っていました。


前走距離別集計

前走距離着別度数勝率連対率複勝率
1200m0- 0- 0-16/160.0%0.0%0.0%
1300m0- 0- 0- 0/ 0
1400m0- 2- 2-19/230.0%8.7%17.4%
1500m0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
1600m5- 3- 3-30/4112.2%19.5%26.8%
1700m0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%

前走距離別では、勝ち馬5頭はすべて1600mから出ています。これは大きなヒントになりますね。


前走レース名別集計

前走レース名着別度数勝率連対率複勝率
阪神ジュG11- 1- 1- 8/119.1%18.2%27.3%
こぶし賞500*1- 1- 0- 1/ 333.3%66.7%66.7%
クイーンG31- 0- 1- 7/ 911.1%11.1%22.2%
菜の花賞500*1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%
フューチG11- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
クロッカ0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%
フェアリG30- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%
春菜賞500*0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%
500万下*0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%
ジュニア0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%
はこべら500*0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%

前走レース別では、こぶし賞組がいちばん良い成績を収めています。他はやはり牡馬混合戦からが好走していますね。リボンフラワーは要注意ですね。

2016報知杯フィリーズレビュー展開

年度前半3F-4F-5F後半5F-4F-3F勝ちタイム勝ち馬上がり3F
201534.7-46.7-58.4 59.3-47.8-35.81.22.534.9
201434.6-46.7-58.4 59.5-47.7-35.61.22.335.3
201334.9-46.7-58.0 58.9-47.2-35.41.22.134.8
201234.3-46.1-58.0 59.9-48.5-36.71.22.836.5
201134.1-45.9-57.9 59.5-48.2-36.41.22.3(稍)35.5

前半の3Fよりも後半の3Fが平均1.46秒も遅いハイペースのレース展開です。


今回のデータは役に立ったと
思われた方、よければクリック
よろしくお願いします。

第45回報知杯フィリーズレビューまとめ

昨年に行われました、阪神JF出走馬の次走を調べてみました。

  1. メジャーエンブレム→クイーンC1着
  2. ウインファビラス →チューリップ賞10着
  3. ブランボヌール  →チューリップ賞14着
  4. ペプチドサプル  →紅梅S4着→フィリーズレビュー
  5. アットザシーサイド→フィリーズレビュー
  6. ペルソナリテ   →クイーンC10着
  7. デンコウアンジュ →チューリップ賞5着
  8. クロコスミア   →チューリップ賞7着
  9. アドマイヤリード →チューリップ賞16着
  10. キャンディバローズ→フィリーズレビュー
  11. メジャータイフーン→エルフィンS9着
  12. メイショウスイヅキ→フィリーズレビュー
  13. クードラパン   →フェアリーS4着→フィリーズレビュー
  14. メジェルダ    →紅梅S5着
  15. ウインミレーユ  →フィリーズレビュー
  16. ジェントルハート →紅梅S12着
  17. マシェリガール  →クイーンC11着
  18. キリシマオジョウ

メジャーエンブレム以外は全く馬券に絡んでいないという壊滅状態です。
となると、千両賞からのリボンフラワーや、新馬戦でエルビッシュに楽勝しているナタリーバローズなどは要注意ですね。

  • 勝ち馬5頭すべて単勝1ケタ台オッズ
  • 関東勢の成績が良い
  • 内外両端の枠の方が好走知る確率が上がる
  • 追込み馬が5年で3勝
  • キャリア2戦馬は複勝率40%に
  • 前走馬体重が+4~9キロの馬の成績◎
  • 前走で上がり3Fが1位の馬は2-1-0-8
  • 前走クラス別ではGⅠ>500万>GⅢ>OP
  • 勝ち馬の前走はすべて1600m
  • 前半のペースが後半よりも速いハイペースのレース展開

➔第50回報知杯フィリーズレビューの調教
➔第50回報知杯フィリーズレビュー予想

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です