メジャーエンブレムvsシンハライト勝つのはどちら?2016年桜花賞のデータを徹底分析!

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

第76回桜花賞データ

どうも、ごりょんさんです。

先週は全くいいところがありませんでした。追い切りとデータの2択でデータを取って、切った馬が馬券に絡みましたorz やはり競馬はデータよりも追い切りを重視すべきなのでしょうか?そんな先週のメインレースをさらっと回顧します。

第60回産経大阪杯

  1. アンビシャス
  2. キタサンブラック  △
  3. ショウナンパンドラ ▲

単勝: 390 馬連:1470 3連複:2540 3連単:12810

61.1-58.2という上がりの競馬になりました。アンビシャスは当然後方ポツンと思われただけに意外でしたね。

第48回ダービー卿チャレンジT

  1. マジックタイム ▲
  2. ロゴタイプ
  3. サトノアラジン ◎

単勝: 1300 馬連:6110 3連複:6930 3連単:59230

46.9-45.9とこちらも上りの速い競馬になりました。サトノアラジンは少し太かったみたいですね。マジックタイムとの馬連を買っていましたのでアウトでした。

いよいよ今週は 牝馬クラッシックレースの第1冠 第76回桜花賞(GⅠ) が行われます。

今年は メジャーエンブレムという大本命に対して、チューリップ賞(GⅢ)の1.2着馬の シンハライト ジュエラーが激突するという構図になります。

スポンサーリンク

第76回桜花賞の傾向

2016年 4月10日(日) 2回阪神6日目 23頭 [仮想出馬表]

3歳・オープン・G1(定量)(牝)(国際)(指定) 芝1600m・外 (B)

馬名性齢替 騎手斤量調教師
アットザシーサイド牝3  福永55(栗)浅見秀一
アッラサルーテ牝3 *和田55(美)手塚貴久
アドマイヤリード牝3 55(栗)須貝尚介
ウインファビラス牝3  松岡55(美)畠山吉宏
ウインミレーユ牝3 55(栗)梅田智之
エクラミレネール牝3  内田55(美)高橋裕
カイザーバル牝3  四位55(栗)角居勝彦
カトルラポール牝3 55(美)浅野洋一
キャンディバローズ牝3 *菱田55(栗)矢作芳人
クロコスミア牝3  勝浦55(栗)西浦勝一
シンハライト牝3  池添55(栗)石坂正
$ジープルメリア牝3 55(栗)南井克巳
ジュエラー牝3  デムーロ55(栗)藤岡健一
ソルヴェイグ牝3 *蛯名55(栗)鮫島一歩
ダイアナヘイロー牝3 55(栗)福島信晴
デンコウアンジュ牝3  川田55(栗)荒川義之
ビービーバーレル牝3  石橋55(美)中舘英二
ブランボヌール牝3 *三浦55(栗)中竹和也
メイショウスイヅキ牝3 *松山55(栗)本田優
メイショウバーズ牝3 *古川55(栗)本田優
メジャーエンブレム牝3  ルメール55(美)田村康仁
ラベンダーヴァレイ牝3  戸崎55(栗)藤原英昭
レッドアヴァンセ牝3  武豊55(栗)音無秀孝

シンガリマケ
第76回桜花賞の2011年~2015年までの過去5年間の傾向になります。

<t

単勝オッズ別集計

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率
1.0~ 1.41- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
1.5~ 1.90- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
2.0~ 2.90- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%
3.0~ 3.91- 1- 0- 0/ 250.0%100.0%100.0%
4.0~ 4.91- 1- 0- 0/ 250.0%100.0%100.0%
5.0~ 6.90- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
7.0~ 9.90- 1- 2- 6/ 90.0%11.1%33.3%
10.0~14.91- 1- 0- 5/ 714.3%28.6%28.6%
15.0~19.91- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%
20.0~29.90- 1- 1- 7/ 90.0%11.1%22.2%
30.0~49.90- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%
50.0~99.90- 0- 1-11/120.0%0.0%8.3%
100.0~0- 0- 0-31/310.0%0.0%0.0%


人気別集計

人気着別度数勝率連対率複勝率
1番人気1- 1- 0- 3/ 520.0%40.0%40.0%
2番人気2- 2- 0- 1/ 540.0%80.0%80.0%
3番人気0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%
4番人気0- 1- 1- 3/ 50.0%20.0%40.0%
5番人気1- 0- 1- 3/ 520.0%20.0%40.0%
6番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%
7番人気1- 1- 0- 3/ 520.0%40.0%40.0%
8番人気0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%
9番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%
10番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%
11番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%
12番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%
13番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%
14番人気0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%
15番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%
16番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%
17番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%
18番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%

過去5年間の平均配当

  • 単勝     762円
  • 馬連    2146円
  • 3連複   29048円
  • 3連単  189026円

1番人気成績

  • 1-1-0-3(20%-40%-40%)

単勝10倍以内:3-3-2-10(16.7%-33.3%-44.4%)

2番人気が2-2-0-1と完全に1番人気を上回っています。人気薄は14番人気が1頭絡んでいます、プリンセスジャックですが、阪神JF6着とそこそこの成績でした。他はすべて8番人気以内で決まっています。


騎手別集計

騎手着別度数勝率連対率複勝率
岩田康誠2- 0- 2- 1/ 540.0%40.0%80.0%
川田将雅1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%
安藤勝己1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%
C.デム1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
池添謙一0- 2- 0- 1/ 30.0%66.7%66.7%
M.デム0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%
戸崎圭太0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%
内田博幸0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%
福永祐一0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%
ピンナ0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%
ルメール0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%

騎手別では、さすがにGⅠだけあって1流騎手ばかりですね。岩田騎手が複勝率80%とずば抜けていますが、今のところ騎乗馬は未定ですね。


騎手分類別集計

騎手分類着別度数勝率連対率複勝率
美浦0- 2- 0-28/300.0%6.7%6.7%
栗東4- 3- 4-45/567.1%12.5%19.6%
地方0- 0- 0- 0/ 0
外国1- 0- 1- 2/ 425.0%25.0%50.0%


調教師分類別集計

調教師分類着別度数勝率連対率複勝率
美浦1- 1- 2-34/382.6%5.3%10.5%
栗東4- 4- 3-41/527.7%15.4%21.2%

騎手・調教師共に関西が有利です。


枠番別集計

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠0- 0- 1- 9/100.0%0.0%10.0%075
2枠0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%00
3枠1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%10226
4枠2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%30.0%218121
5枠1- 0- 2- 7/1010.0%10.0%30.0%49231
6枠0- 1- 1- 8/100.0%10.0%20.0%044
7枠0- 2- 0-13/150.0%13.3%13.3%033
8枠1- 1- 1-12/156.7%13.3%20.0%830


馬番別集計

馬番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1番0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%0150
2番0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
3番0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
4番0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
5番0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
6番1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%20452
7番1- 1- 0- 3/ 520.0%40.0%40.0%360214
8番1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%7628
9番0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%0372
10番1- 0- 1- 3/ 520.0%20.0%40.0%9890
11番0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%054
12番0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%034
13番0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%00
14番0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%040
15番0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%060
16番0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%024
17番0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%046
18番1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%2422
0- 0- 0- 0/ 0
偶数4- 3- 1-37/458.9%15.6%17.8%4432
奇数1- 2- 4-38/452.2%6.7%15.6%4099
大外1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%2422

枠順別ですが、一昔前までは2ケタ馬番が掲示板を独占していましたが、6~10番で4勝している所を見ますと、中枠が走りやすいのではないでしょうか?

12番以降で1勝2着4回と対照的ですね。ちなみに大外18番での勝ち馬はハープスターでした。


脚質上り別集計

脚質上り着別度数勝率連対率複勝率
平地・逃げ1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%
平地・先行0- 1- 0-16/170.0%5.9%5.9%
平地・中団2- 0- 3-39/444.5%4.5%11.4%
平地・後方2- 4- 2-16/248.3%25.0%33.3%
平地・マクリ0- 0- 0- 0/ 0
3F 1位2- 1- 1- 2/ 633.3%50.0%66.7%
3F 2位1- 3- 0- 2/ 616.7%66.7%66.7%
3F 3位1- 0- 1- 1/ 333.3%33.3%66.7%
3F ~5位1- 0- 2- 9/128.3%8.3%25.0%
3F 6位~0- 1- 1-61/630.0%1.6%3.2%

脚質別ですが、逃げ切り勝ちは過去5年で1頭、昨年のレッツゴードンキです。この時は50.0-46.0というスーパードスローでした。基本的には 差し・追込み馬が強いレースですね。


生産者別集計

生産者着別度数勝率連対率複勝率
ノーザンファーム2- 2- 1-12/1711.8%23.5%29.4%
社台ファーム1- 2- 2- 8/137.7%23.1%38.5%
清水牧場1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
下河辺牧場1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
千代田牧場0- 1- 1- 2/ 40.0%25.0%50.0%
タバタファーム0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%

生産牧場別ですが、ノーザンFと社台Fで3分の2を占めています。


種牡馬別集計

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率
ディープインパクト4- 3- 1- 8/1625.0%43.8%50.0%
キングカメハメハ1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%
クロフネ0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%
ステイゴールド0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%25.0%
マンハッタンカフェ0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%
ファルブラヴ0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%
ダイワメジャー0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%
ハーツクライ0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%

種牡馬別ですが、ディープインパクト産駒が複勝率50%で 過去5年間で4勝2着3回3着1回と驚異の成績を残しています。

今回はキャンディバローズ、シンハライト、ブランボヌール、ラベンダーヴァレイ、レッドアヴァンセの5頭が登録しています。


キャリア別集計

キャリア着別度数勝率連対率複勝率
2戦0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
3戦1- 2- 1- 7/119.1%27.3%36.4%
4戦3- 2- 2-10/1717.6%29.4%41.2%
5戦1- 0- 1-20/224.5%4.5%9.1%
6戦0- 1- 1-19/210.0%4.8%9.5%
7戦0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%
8戦0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
9戦0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%
10戦0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%

キャリア別ですが、4戦が3-2-2-10と飛び抜けた成績を残しています。次は3戦の1-2-1-7。今年はキャリア4戦の馬はアットザシーサイド1頭だけです。


前走騎手別集計

前走騎手着別度数勝率連対率複勝率
◆同騎手4- 3- 3-50/606.7%11.7%16.7%
◆乗替り1- 2- 2-25/303.3%10.0%16.7%

前走騎手別ですが、単勝は継続騎乗が有利ですが、2.3着馬は変わりませんね。ちなみに乗り替わって馬券に絡んだケースは

  • 丸山→C.デムーロ
  • C.デムーロ→M.デムーロ
  • 岩田→内田
  • 松山→福永
  • 北村友→ルメール

外国人絡みが多いです。基本的に鞍上強化ばかりですね。


前確定着順別集計

前確定着順着別度数勝率連対率複勝率
同級1着2- 3- 2-19/267.7%19.2%26.9%
同級2着0- 0- 1-15/160.0%0.0%6.3%
同級3着2- 0- 0- 8/1020.0%20.0%20.0%
同級4着1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%
同級5着0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%
同級6~9着0- 1- 2- 9/120.0%8.3%25.0%
同級10着~0- 1- 0-15/160.0%6.3%6.3%

前走着順別では、1着馬が7頭とほぼ半数を占めています。反対に6着以下からの巻き返しが4頭絡んでいます。チューリップ賞(GⅢ)1番人気11着のクルミナル、同レース6着のコンテッサトゥーレ。これまたチューリップ賞(GⅢ)1番人気で7着だったレッドオーヴァル、同レース8着のプリンセスジャック。

すべてチューリップ賞(GⅢ)で着外からの巻き返しになりますが、4頭に共通するのは、すでにOP特別を勝っていたという事です。賞金面で余裕があり、チューリップ賞では権利を取らなくても良い状態だったかと思われます。

今回チューリップ賞着外馬の中で、OP勝ちのある馬は、レッドアヴァンセ、ブランボヌール。重賞連対のあるウインファビラスです。


前走人気別集計

前走人気着別度数勝率連対率複勝率
同級1人気1- 2- 1-14/185.6%16.7%22.2%
同級2人気3- 2- 0-13/1816.7%27.8%27.8%
同級3人気0- 0- 0-10/100.0%0.0%0.0%
同級4人気0- 0- 2- 2/ 40.0%0.0%50.0%
同級5人気1- 1- 1- 5/ 812.5%25.0%37.5%
同級6~9人0- 0- 1-16/170.0%0.0%5.9%
同級10人~0- 0- 0-15/150.0%0.0%0.0%

前走の人気別ですが、プリンセスジャック1頭が8番人気でしたが、後の14頭はすべて5番人気以内でした。


前走レース名別集計

前走レース名着別度数勝率連対率複勝率
チューリG34- 2- 3-11/2020.0%30.0%45.0%
エルフィ1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%
クイーンG30- 2- 0- 6/ 80.0%25.0%25.0%
阪神ジュG10- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%
フィリーG20- 0- 1-30/310.0%0.0%3.2%
フラワーG30- 0- 1- 6/ 70.0%0.0%14.3%

前走レース別では、チューリップ賞からが9頭と、ほぼ3分の2を占めています。クイーンS組からは0-2-0-6と2頭だけですね。

第76回桜花賞展開

年度前半3F-4F-5F後半5F-4F-3F勝ちタイム勝ち馬(上がり3F)
201537.1-50.0-62.558.9-46.0-33.51.36.0レッツゴードンキ
(33.5)
201433.8-45.3-57.059.5-48.0-36.31.33.3ハープスター
(32.9)
201334.8-46.9-58.960.2-48.1-36.11.35.0アユサン
(35.5)
201234.9-47.1-59.359.7-47.5-35.31.34.6ジェンティルドンナ
(34.3)
201134.6-46.7-58.559.3-47.2-35.41.33.9マルセリーナ
(34.3)

昨年以外はすべて前傾のペースですね。


今回のデータは役に立ったと
思われた方、よければクリック
よろしくお願いします。

第76回桜花賞のまとめ

  • 単勝2番人気が2-2-0-1と好成績
  • 騎手・調教師共に関西が強い
  • 6~10番で4勝と中枠が好成績
  • 差し追込み馬で4勝
  • ノーザンF・社台Fで3分の2を占める
  • ディープインパクト産駒が4勝2着3回3着1回
  • キャリアは4戦馬が好成績
  • 前走1着馬が15頭中7頭
  • 着外からの巻き返しは全て前走がチューリップ賞から
  • 15頭中14頭が前走5番人気以内
  • チューリップ賞組からが5年で9頭

➔第76回桜花賞追い切り診断
➔第76回桜花賞予想

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です