ラストインパクトが角居厩舎へ!2016年中山記念のデータを分析する

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

第90回中山記念

どうも、ごりょんさんです。今週はマツパク先生のラストウィークかと思いましたが、ラストインパクトは すでに角居厩舎に転厩していたみたいですね。菱田→ベリーという事で、鞍上強化されましので注意が必要かもしれません。

2月28日の日曜日に中山競馬場で行われます 第90回中山記念(GⅡ)の過去のデータから傾向を分析して行きます。

そのそもこのレースは距離1800mと、天皇賞春(GⅠ)のステップレースには少し距離が足りない感じがしますね。歴代の優勝馬を見ても、昨年のヌーヴォレコルト、一昨年のジャスタウェイといった、中距離タイプの馬が活躍するレースです。

実際に勝ち馬で天皇賞春に直行した馬は、過去10年でゼロです。トーセンクラウンが日経賞を挟んで天皇賞に進みました。勝ち馬で天皇賞に進んだのはこの1頭のみ。

過去10年でその後に天皇賞春に出走した馬は30頭中わずかに3頭だけです。こういった事から考えますとマイラータイプを狙うのがベストですね。

スポンサーリンク

第90回中山記念の傾向

ごりょんさん
第90回中山記念の2011年~2015年の過去5年間の傾向になります。


単勝オッズ別集計

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率
1.0~ 1.41- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
1.5~ 1.90- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
2.0~ 2.90- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%
3.0~ 3.90- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%
4.0~ 4.92- 0- 0- 1/ 366.7%66.7%66.7%
5.0~ 6.92- 1- 1- 2/ 633.3%50.0%66.7%
7.0~ 9.90- 0- 2- 3/ 50.0%0.0%40.0%
10.0~14.90- 2- 2- 4/ 80.0%25.0%50.0%
15.0~19.90- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%14.3%
20.0~29.90- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%
30.0~49.90- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%
50.0~99.90- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%
100.0~0- 0- 0-15/150.0%0.0%0.0%

過去5年間の平均配当

  • 単勝     446円
  • 馬連    2348円
  • 3連複    5750円
  • 3連単   34222円

1番人気成績

  • 1-0-0-4

過去5年間 オール単勝20倍以内で決まっています。堅いレースと思われがちですが、1番人気の成績が悪いので、3連単の配当が高いですね。ちなみに 2.3.4番人気で 4-4-4-3と、過去5年間で15頭馬券に絡んだうちの12頭を独占しています。


年齢別集計

年齢着別度数勝率連対率複勝率
4歳2- 0- 3-11/1612.5%12.5%31.3%
5歳3- 2- 1-12/1816.7%27.8%33.3%
6歳0- 2- 0-12/140.0%14.3%14.3%
7歳0- 1- 0-10/110.0%9.1%9.1%
8歳0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%

年齢別では、4.5歳馬が強い傾向が。高齢馬でもすべて単勝20倍以内の馬ですので、大穴といった馬は皆無ですね。


斤量別集計

斤量着別度数勝率連対率複勝率
54kg1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%
54.5kg0- 0- 0- 0/ 0
55kg0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%
55.5kg0- 0- 0- 0/ 0
56kg1- 2- 0-27/303.3%10.0%10.0%
56.5kg0- 0- 0- 0/ 0
57kg1- 2- 2-15/205.0%15.0%25.0%
57.5kg0- 0- 0- 0/ 0
58kg2- 1- 2- 1/ 633.3%50.0%83.3%

斤量別では、58キロを背負う馬が圧倒的な強さを誇ります。2-1-2-1とほぼ完ぺきな成績に。

GⅠで連対できるような馬なら馬券内は堅いと言うことですね。58キロで唯一馬券にならなかった馬は、トーセンクラウンだけです。この馬はGⅡを1勝しただけでしたので、馬券に絡めなかったみたいです。

4歳55kg、5歳以上56kg、牝馬2kg減

  • 2015年2月28日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
  • 2015年2月27日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く) 出典:wikipedia

しかし 2014年のロゴタイプは4歳で58キロを背負いましたが、これはGⅠを2勝、GⅡを1勝していたためなのでしょうか?これからすると、ドゥラメンテは皐月賞ダービーの2冠馬なのですが、何故か57キロに。イマイチ制度がよく解りませんが、ドゥラメンテにとっては大きなプラス材料ですね。


枠番別集計

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%0114
2枠0- 0- 1- 6/ 70.0%0.0%14.3%045
3枠2- 1- 1- 3/ 728.6%42.9%57.1%167135
4枠1- 0- 1- 5/ 714.3%14.3%28.6%6754
5枠0- 1- 1- 6/ 80.0%12.5%25.0%083
6枠0- 2- 0- 8/100.0%20.0%20.0%035
7枠1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%10.0%1411
8枠1- 0- 1- 8/1010.0%10.0%20.0%4539
  • 偶数番  2-1-2-25
  • 奇数番  3-4-3-24

枠順別では、10番より内がやや有利かと。


脚質上り別集計

脚質上り着別度数勝率連対率複勝率
平地・逃げ0- 2- 1- 2/ 50.0%40.0%60.0%
平地・先行3- 2- 2-12/1915.8%26.3%36.8%
平地・中団2- 1- 1-17/219.5%14.3%19.0%
平地・後方0- 0- 1-17/180.0%0.0%5.6%
平地・マクリ0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
3F 1位4- 0- 1- 3/ 850.0%50.0%62.5%
3F 2位0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%
3F 3位1- 1- 0- 4/ 616.7%33.3%33.3%
3F ~5位0- 3- 1- 7/110.0%27.3%36.4%
3F 6位~0- 1- 2-33/360.0%2.8%8.3%

脚質別では、中山の開幕週でもあって、圧倒的に先行馬有利な流れになっていますね。


間隔別集計

間隔着別度数勝率連対率複勝率
2週0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
3週0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%
4週0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%
5~ 9週3- 2- 2-18/2512.0%20.0%28.0%
10~25週2- 2- 2-15/219.5%19.0%28.6%
半年以上0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%
初出走他0- 0- 0- 0/ 0
不明・他0- 0- 0- 0/ 0
明け2戦0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%
明け3戦0- 0- 1- 8/ 90.0%0.0%11.1%
明け4戦1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%
明け5戦1- 1- 1- 7/1010.0%20.0%30.0%
明け6~1- 2- 0- 6/ 911.1%33.3%33.3%

間隔別では、中5週~25週に集中していますね。半年以上の休み明けで0-0-1-5とあまり良い成績ではないです。


前確定着順別集計

前確定着順着別度数勝率連対率複勝率
同級1着3- 1- 1- 7/1225.0%33.3%41.7%
同級2着1- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%14.3%
同級3着0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
同級4着0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%
同級5着0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%
同級6~9着1- 1- 0-17/195.3%10.5%10.5%
同級10着~0- 3- 2-15/200.0%15.0%25.0%

前走着順別では、同級1着馬が3-1-1-7と別格の成績に。下級条件からの参戦はゼロですね。さすがにGⅡ戦ですね。


前走クラス別集計

前走クラス着別度数勝率連対率複勝率
OPEN特別0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%0.0%
G31- 3- 2-17/234.3%17.4%26.1%
G20- 0- 3-11/140.0%0.0%21.4%
G14- 2- 0-11/1723.5%35.3%35.3%

前走クラス別では、4-2-0-11とGⅠからの参戦馬が好成績を収めています。


前走レース名別集計

前走レース名着別度数勝率連対率複勝率
有馬記念G12- 1- 0- 3/ 633.3%50.0%50.0%
天皇賞秋G11- 1- 0- 1/ 333.3%66.7%66.7%
中山金杯HG31- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%
エリザベG11- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
京都金杯HG30- 1- 1- 2/ 40.0%25.0%50.0%
朝日チャHG30- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%
根岸SG30- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%
阪神カッG20- 0- 2- 1/ 30.0%0.0%66.7%
富士SG30- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%
札幌記念G20- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%

前走レース別では、有馬記念・天皇賞秋のGⅠ組が3-2-0-4と好成績。東西金杯組が1-1-2-9。

第90回中山記念展開

年度前半3F-4F-5F後半5F-4F-3F勝ちタイム勝ち馬上がり3F
201537.5-49.8-61.960.5-48.4-36.11.50.3稍35.6
201437.3-49.5-61.160.3-48.7-36.91.49.8稍36.6
201336.2-47.5-58.659.8-48.7-37.31.47.335.3
201236.0-47.4-58.759.9-48.6-37.01.47.3重34.4
201136.3-48.5-60.157.5-45.9-34.51.46.033.9

天気が崩れる事が多いため、開幕集でも時計が掛かっています。

第90回中山記念まとめ

  • 勝20倍台以内で決まるが、1番人気の成績はイマイチ
  • 2.3.4番人気で4-4-4-3とこれだけで馬券の8割を占める
  • 4.5歳馬強し
  • 内枠がやや有利
  • 先行馬有利。後方一気は皆無
  • 間隔は中5~25週がほとんど
  • 同級1着馬の成績が3-1-1-7と別格
  • 前走はGⅠ組
  • 前走天皇賞秋・有馬記念組が◎

➔第90回中山記念調教診断
➔第90回中山記念予想

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です