2016年ダービー卿チャレンジT過去データから浮上する馬は?

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!

第48回ダービー卿チャレンジT傾向

先週の土曜日にアラブ首長国連邦のメイダン競馬場で行われました ドバイワールドカップデーは、日本馬が2勝と大活躍をしました。

中でもターフのリアルスティールは強かったですね。先行して余裕で押し来る強い内容でした.しかも1着の賞金が3億9600万円と桁違いの金額でしたね。

話は中央競馬に戻しまして先週の 藤田菜々子騎手の成績を確認していきます。

3月26日(土)中山競馬場

  • 2R ネイチャーポイント   4人気5着
  • 5R シャララ       3人気4着
  • 7R ケモノタイプ     6人気15着
  • 12R キングクリチャン   7人気9着

3月27日(日)中山競馬場

  • 2R ミディ         4人気7着
  • 3R マルターズフェスタ   6人気8着
  • 5R アリオンダンス     8人気14着
  • 7R クリノダイシャリン   6人気15着
  • 8R ヴェアリアスサマー   2人気10着

通算:0-1-0-30

少し馬質が上がって来ましたね、しかし藤田騎手を見て思うのですが、スタートは良いのですが最後の直線は追って甘さが出ていますね、

これは仕方がない事なのですが、ここのところを改めて行かないと良い馬はまわってこないかと思われます。日々精進してもらいたいですね。

第48回ダービー卿チャレンジTの傾向

4月3日の日曜日に 中山競馬場で行われますハンデ戦重賞 第48回ダービー卿チャレンジT(GⅢ)のデータや傾向を調べていきたいと思います。

2016年 4月 3日(日) 3回中山4日目 26頭 [仮想出馬表]

4歳以上・オープン・G3(ハンデ)(国際)[指定] 芝1600m (B)

馬名性齢替 騎手斤量調教師
アイライン牝4 52(美)高橋裕
アルマワイオリ牡4 勝浦55(栗)西浦勝一
インパルスヒーロー牡6 田中勝56(美)国枝栄
エキストラエンド牡7*吉田隼57(栗)角居勝彦
$キャンベルジュニア牡4*川田54(美)堀宣行
クラレント牡7*松山58(栗)橋口慎介
ココロノアイ牝4 54(美)尾関知人
サトノアラジン牡5*ルメール57(栗)池江泰寿
サンライズメジャー牡7*柴山56(栗)浜田多実
シベリアンスパーブ牡754(美)手塚貴久
シャイニープリンス牡656(美)栗田博憲
ショウナンアチーヴ牡556(美)国枝栄
タガノブルグ牡5*北村友54(栗)鮫島一歩
ダイワマッジョーレ牡757(栗)矢作芳人
ダイワリベラル牡5*三浦56(美)菊沢隆徳
$ダッシングブレイズ牡4*戸崎圭太56(栗)吉村圭司
テイエムタイホー牡7*内田57(栗)鈴木孝志
ニシノビークイック牡752(美)竹内正洋
ノットフォーマル牝4 52(美)中野栄治
フラアンジェリコ牡8*石橋55(美)斎藤誠
マジックタイム牝5 *シュタルケ53(美)中川公成
マテンロウボス牡555(栗)昆貢
ミュゼゴースト牡455(美)大江原哲
メイショウヤタロウ牡855(栗)高橋亮
ヤングマンパワー牡455(美)手塚貴久
ロゴタイプ牡6 田辺58(美)田中剛

2011年は阪神競馬場で行われましたので、2012年以降のデータを分析して行きます。

ごりょんさん
 第48回ダービー卿チャレンジTの2012年~2015年までの過去4年間の傾向になります。
 


単勝オッズ別集計

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率
3.0~ 3.91- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%
4.0~ 4.90- 1- 1- 3/ 50.0%20.0%40.0%
5.0~ 6.91- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%
7.0~ 9.92- 1- 0- 6/ 922.2%33.3%33.3%
10.0~14.90- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%
15.0~19.90- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%14.3%
20.0~29.90- 1- 2- 6/ 90.0%11.1%33.3%
30.0~49.90- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%
50.0~99.90- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%
100.0~0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%


レース検索  人気別集計

人気着別度数勝率連対率複勝率
1番人気1- 1- 0- 2/ 425.0%50.0%50.0%
2番人気0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%
3番人気1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%
4番人気1- 1- 0- 2/ 425.0%50.0%50.0%
5番人気1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%
6番人気0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
7番人気0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%
8番人気0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%
9番人気0- 1- 1- 2/ 40.0%25.0%50.0%
10番人気0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%25.0%
11番人気0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
12番人気0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
13番人気0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
14番人気0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
15番人気0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
16番人気0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%

過去5年間の平均配当

  • 単勝     662円
  • 馬連    4635円
  • 3連複   27340円
  • 3連単   110012円

1番人気成績

  • 1-1-0-2(25%-50%-50%)

単勝10倍以内:4-2-1-12(21.1%-31.6%-36.8%)

9.10人気の連対はありますが、すべてが単勝オッズ30倍以内で収まっています。


年齢別集計

年齢着別度数勝率連対率複勝率
4歳2- 3- 1-16/229.1%22.7%27.3%
5歳2- 0- 2-12/1612.5%12.5%25.0%
6歳0- 0- 1-10/110.0%0.0%9.1%
7歳0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%
8歳0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%

年齢別ですが、ほぼ4.5歳馬で決まっていますね。前走GⅡ中山記念2着のダイワファルコンが6歳、前走GⅢ阪急杯を上がり最速で4着に突っ込んだオセアニアボスが7歳でした。


斤量別集計

斤量着別度数勝率連対率複勝率
51kg0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
52kg0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
53kg0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
54kg0- 0- 1- 4/ 50.0%0.0%20.0%
54.5kg0- 0- 0- 0/ 0
55kg2- 1- 1-13/1711.8%17.6%23.5%
55.5kg0- 0- 0- 0/ 0
56kg0- 2- 1-19/220.0%9.1%13.6%
56.5kg0- 0- 0- 0/ 0
57kg0- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%14.3%
57.5kg2- 0- 1- 3/ 633.3%33.3%50.0%
58kg0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%
58.5kg0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%

斤量別ですが、57.5キロが 2-0-1-3と複勝率50%です。今回は該当馬なしですね。58キロ以上は 0-0-0-4と馬券になっていません。クラレントとロゴタイプが58キロを背負います。


枠番別集計

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%8640
2枠0- 0- 1- 7/ 80.0%0.0%12.5%073
3枠0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%018
4枠1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%9133
5枠1- 2- 3- 2/ 812.5%37.5%75.0%38253
6枠0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
7枠1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%11532
8枠0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%12.5%073
  • 偶数番  3-2-2-25
  • 奇数番  1-2-2-27

いくら内枠が有利の中山1600でも連続開催の12日目ともなると内が荒れてきているのでしょうか?真ん中の5枠が一番成績がよく、1-2-3-2(12.5%-37.5%-75%)と過去4年間で12頭中6頭と、半数を占めています。


脚質上り別集計

脚質上り着別度数勝率連対率複勝率
平地・逃げ2- 0- 0- 4/ 633.3%33.3%33.3%
平地・先行0- 1- 0-13/140.0%7.1%7.1%
平地・中団1- 1- 2-17/214.8%9.5%19.0%
平地・後方1- 2- 2-18/234.3%13.0%21.7%
平地・マクリ0- 0- 0- 0/ 0
3F 1位1- 1- 0- 2/ 425.0%50.0%50.0%
3F 2位0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
3F 3位0- 2- 2- 1/ 50.0%40.0%80.0%
3F ~5位1- 0- 1- 6/ 812.5%12.5%25.0%
3F 6位~2- 1- 1-39/434.7%7.0%9.3%

脚質別ですが、逃げた馬が4年で2勝しています。やはり逃げ馬に有利なコースのようですね。


種牡馬別集計

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率
ダイワメジャー1- 1- 0- 2/ 425.0%50.0%50.0%
マンハッタンカフェ1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%
スクリーンヒーロー1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
ゴールドヘイロー1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
Red Ransom0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%
キングカメハメハ0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%
マイネルラヴ0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%
ジャングルポケット0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%
ネオユニヴァース0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%
クロフネ0- 0- 1- 2/ 30.0%0.0%33.3%
ウォーエンブレム0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%
フジキセキ0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%
ディープインパクト0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%

種牡馬別では、ダイワメジャーの成績が良いです。反対にディープインパクトは0-0-0-6と意外な結果に。


前走騎手別集計

前走騎手着別度数勝率連対率複勝率
◆同騎手3- 2- 2-19/2611.5%19.2%26.9%
◆乗替り1- 2- 2-33/382.6%7.9%13.2%

前走騎手別では、乗り替わりは不利なデータが出ています。


前確定着順別集計

前確定着順着別度数勝率連対率複勝率
同級1着0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%20.0%
同級2着0- 1- 1- 2/ 40.0%25.0%50.0%
同級3着0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%
同級4着0- 2- 0- 6/ 80.0%25.0%25.0%
同級5着1- 0- 1- 1/ 333.3%33.3%66.7%
同級6~9着0- 0- 0-14/140.0%0.0%0.0%
同級10着~1- 0- 0-19/205.0%5.0%5.0%
下級1着2- 0- 1- 4/ 728.6%28.6%42.9%

前走順別ですが、下級1着馬の成績がいちばん良いですね、キャンベルジュニアとマテンロウボスが前走1600万勝ちです。その他では 同級5着馬までが良い成績を残していますね。6着以下では 1-0-0-33と巻き返したのはカレンブラックヒル1頭だけでした。


前走脚質別集計

前走脚質着別度数勝率連対率複勝率
平地・逃げ0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%
平地・先行1- 1- 1-12/156.7%13.3%20.0%
平地・中団2- 1- 3-25/316.5%9.7%19.4%
平地・後方1- 2- 0-10/137.7%23.1%23.1%
平地・マクリ0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%
3F 1位1- 3- 0- 4/ 812.5%50.0%50.0%
3F 2位0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%
3F 3位0- 0- 2- 2/ 40.0%0.0%50.0%
3F ~5位2- 0- 1- 8/1118.2%18.2%27.3%
3F 6位~1- 1- 1-32/352.9%5.7%8.6%

前走の脚質ですが、逃げ以外はフラットですね。上りが1位の馬が 1-3-0-4と複勝率50%になっています。インパルスヒーロー、タガノブルグ、ノットフォーマル、マテンロウボスが該当します。


前走クラス別集計

前走クラス着別度数勝率連対率複勝率
1600万下2- 0- 1- 4/ 728.6%28.6%42.9%
OPEN特別0- 2- 1-19/220.0%9.1%13.6%
G32- 2- 0-18/229.1%18.2%18.2%
G20- 0- 2- 8/100.0%0.0%20.0%
G10- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%

前走クラス別ですが、1600万からが一番成績が良いですね、その他はGⅢからが2勝、2着2回です。


前走距離別集計

前走距離着別度数勝率連対率複勝率
1000m0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%
1150m0- 0- 0- 0/ 0
1200m0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%
1300m0- 0- 0- 0/ 0
1400m2- 1- 0- 3/ 633.3%50.0%50.0%
1500m0- 0- 0- 0/ 0
1600m1- 3- 2-26/323.1%12.5%18.8%
1700m0- 0- 0- 0/ 0
1800m1- 0- 2-13/166.3%6.3%18.8%
1900m0- 0- 0- 0/ 0
2000m0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%

前走の距離別では、中山の小回りという事で、1400mが2-1-0-3と好成績です。


前走レース名別集計

前走レース名着別度数勝率連対率複勝率
阪急杯G32- 1- 0- 1/ 450.0%75.0%75.0%
武庫川H16001- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%
スピカS16001- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%50.0%
東風S0- 2- 1- 7/100.0%20.0%30.0%
東京新聞G30- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%16.7%
中山記念G20- 0- 2- 6/ 80.0%0.0%25.0%
韓国馬事16000- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%

前走レース別ですが、阪急杯組が2-1-0-1と別格ですね。タガノブルグとダイワマッジョーレの2頭が該当しますが両馬共に2ケタ着順でした。

第48回ダービー卿チャレンジT展開

年度前半3F-4F-5F後半5F-4F-3F勝ちタイム勝ち馬上がり3F
201535.6-46.7-58.056.6-45.5-34.21.32.233.0
201434.8-46.1-57.959.8-48.5-36.71.34.6稍36.5
201334.3-45.5-57.358.3-47.1-35.31.32.635.1
201235.4-47.4-58.858.1-46.1-34.7
1.33.534.1

今回のデータは役に立ったと
思われた方、よければクリック
よろしくお願いします。

第48回ダービー卿チャレンジTのまとめ

  • 全馬単勝30倍以内で決まっているレース
  • 4.5歳馬が圧倒的に強い
  • 5枠の成績が1-2-3-2と複勝率75%
  • 過去4年で逃げ馬が2勝
  • ダイワメジャー産駒が活躍
  • 1600万勝ちからの馬が好成績
  • 前走上がり3Fが1位の馬は1-3-0-4
  • 前走距離1400m馬は2-1-0-3
  • 阪急杯組が2-1-0-1と好成績

➔第48回ダービー卿チャレンジT追い切り診断
➔第48回ダービー卿チャレンジT予想

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です