第67回阪神ジュベナイルフィリーズ回顧~血統関係なしの強い勝ち方

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!

昨日香港で行われた香港国際競走で見事日本馬2頭(モーリス・エイシンヒカリ)が優勝しました。
日本馬のレベルがここまで上がって来たのも凄いことだと実感しました。

日本でも昨日阪神競馬場で2歳牝馬の頂上決戦の第67回阪神ジュベナイルフィリーズが行われ、ルメール騎手騎乗のメジャーエンブレムが優勝しました。

ルメール騎手はこれで今年重賞8勝目。GⅠは2013年のJCD以来の勝ち星。

第67回阪神ジュベナイルフィリーズ全着順

2015年12月13日(日) 5回阪神4日 天候 : 晴  馬場状態 : 良

2歳・オープン・G1(馬齢) (牝)(国際)(指定) 芝・外 1600m 18頭立

M4馬 名性齢斤量騎手
12メジャーエンブレム牝254ルメール
713ウインファビラス牝254松岡正海
611ブランボヌール牝254岩田康誠
510ペプチドサプル牝254古川吉洋
59アットザシーサイド牝254三浦皇成
35ペルソナリテ牝254柴田大知
817デンコウアンジュ牝254川田将雅
47クロコスミア牝254勝浦正樹
11アドマイヤリード牝254菱田裕二
715キャンディバローズ牝254アッゼニ
1148メジャータイフーン牝254川島信二
1236メイショウスイヅキ牝254池添謙一
1324クードラパン牝254田辺裕信
14818メジェルダ牝254四位洋文
15612ウインミレーユ牝254松山弘平
16714ジェントルハート牝254藤岡康太
17B23マシェリガール牝254横山典弘
18816キリシマオジョウ牝254小牧太

LAP 12.5-10.9-11.4-12.1-11.8-11.7-11.5-12.6

通過 34.8-46.9-58.7-70.4  上り 71.1-59.7-47.6-35.8

勝ち時計  1.34.5   勝ち馬上がり3F 35.8

1着△ メジャーエンブレム

父ダイワメジャー

抜群のスタートですぐに1馬身程の差をつけた。外からキリシマオジョウを行かしての2番手の内で不利なくレースを進める。

前半1000mが58.7秒とやや速いペース。4コーナーを回る時にはすでに先頭に立つ。ラスト2F過ぎまで持ったまま、ラスト1Fでようやくムチを入れて追い出しにかかり最後は2馬身差をつけての圧勝。ここでは役者が違った。

トップジョッキーが香港に出張していた事も幸いした感じ。正直、父のダイワメジャーのマイルの成績がさっぱりだったので軽視していましたが、全く関係ない走りでした。

2着〇 ウインファビラス

父ステイゴールド

スタートはイマイチで最後方付近からだがすぐに掛かり気味にポジションを中団まで上げる。3,4コーナーでは大外を回って徐々に進出。直線では馬場の外目から鋭く追い込むも勝ち馬には2馬身差の2着に。

夏の新潟の重賞でロードクエストの2着に入ったのは実力のある印。前走のアルテミスSは完全なトライアル仕様の上に直線で進路取りを間違えた分の5着。これで10番人気とは美味し過ぎ。

やはりステイゴールドの牝馬はマイルは走りますね。松岡騎手もこれ以上ない乗り方でした。

3着注 ブランボヌール

父ディープインパクト

スタートは普通。前半やや行きたがる。4コーナーを回って直線に入るが、ちょうど2着したウインファビラスの1馬身ほど後ろに。結局その差を少しだけ広げられての3着でゴールイン。

4着のペプチドサプルと5着のアットザシーサイドに際どく迫られての物なので期待外れな感じに。

母の父がサクラバクシンオーで母も当レース惨敗してるので距離に限界があったのかも?1200⇒1200⇒1400mのローテーションも影響したみたい。

7着◎ デンコウアンジュ

父メイショウサムソン

スタートはやはり出遅れ。しかし前半の3Fで先団に取り付ける。3,4コーナーでは勝ち馬のすぐ後ろ付近に。直線追い出すも1頭交わしただけで3頭に差されての7着に。

結果論だが、スタートを出遅れた時点で後方一気に全てを賭けた騎乗の方が良かったかも。前半にあれだけ脚を使うとさすがに直線は伸びないですね。この馬は内枠の方が良いのかも。

9着  アドマイヤリード

父ステイゴールド

スタートは普通だったが1番枠のためにある程度出して行った。しかし2F目でズルズル下がるような走り。不利なく進んだが結局1週回ってきただけの感じに。馬も騎手も若かったか?

9着▲ キャンディバローズ

父ディープインパクト

スタートはイマイチで後方から。しかしデンコウアンジュと同じでスタートして2Fで勝ち馬のすぐ後ろまで進出。結果的に前半かなり脚を使った。直線は3番手で追い出したがラスト1Fでパッタリと止まる。やはり母と同じで1600は長いか?

第67回阪神ジュベナイルフィリーズ予想と結果

パドックをみただけで素人目にもメジャーエンブレムの馬体が他馬と違うのが分かりましたね。予想としてはやはり1番人気を本命にした方が無難だったかもしれません。

第67回阪神ジュベナイルフィリーズ追い切り診断

A:ブランボヌール        3着
B:メジャーエンブレム  1着
B:デンコウアンジュ     7着
B:アドマイヤリード     9着
B:キャンディバローズ  9着

第67回阪神ジュベナイルフィリーズ総合予想

予想印は過去の傾向と今週の追い切りを含めた総合的な評価です。

◎:デンコウアンジュ    7着
〇:ウインファビラス    2着
▲:キャンディバローズ 9着
△:メジャーエンブレム 1着
注:ブランボヌール   3着

第67回阪神ジュベナイルフィリーズまとめ

阪神ジュベナイルフィリーズPAT

馬券は1,2番人気(購入した時は11が2番人気でした)を外したワイドBOXという無謀な買い方に(笑)。13、15、17は決めていてあと1頭でワイド4頭BOXにするつもりでした。

メジャーエンブレムを入れるとどうしても配当的に妙味が無くなるんですね。ここで欲張らずに最低でもブランボヌールを入れておけば良かったのですが、何を思ったのか14番人気のウインミレーユを選んでしまいました。

昨今のGⅠレースで1.2番人気、しかもルメール騎手と岩田騎手を外した買い方は素人以下の考えでした。普通にメジャーエンブレムからの3頭へのワイドが正解でした。何と言っても競馬は1番人気が来る可能性が一番あるのですから。来週へ向けての課題ですね。


♥第67回阪神ジュベナイルフィリーズ 予想はこちら♥
♥第67回阪神ジュベナイルフィリーズ 最終追い切り診断はこちら♥
♥第67回阪神ジュベナイルフィリーズ 過去の傾向はこちら♥

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です