第67回朝日杯フューチュリティS回顧~デムーロには逆らうな

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

第67回朝日杯フューチュリティS

どうも、ごりょんさんです。

昨日に行われました第67回朝日杯フューチュリティSは過去10年間でキャリア1戦馬は0-0-0-5というデータを物ともせずにリオンディーズが単勝1倍台のエアスピネルを豪快に差し切りGⅠ初制覇で見事2歳No.1の座に輝きました。

スポンサーリンク

第67回朝日杯フューチュリティS全着順

2015年12月20日(日) 5回阪神6日 天候 : 晴  馬場状態 : 良

2歳・オープン・G1(馬齢) (牡・牝)(国際)(指定) 芝・外 1600m 16頭立

 

予想調教馬 名性齢斤量騎手
815リオンディーズ牡255M.デム
611エアスピネル牡255武豊
713シャドウアプローチ牡255中谷雄太
36ユウチェンジ牡255川田将雅
612シュウジ牡255岩田康誠
48ツーエムレジェンド牡255太宰啓介
510タイセイサミット牡255アッゼニ
23アドマイヤモラール牡255田辺裕信
47イモータル牡255武幸四郎
1024コパノディール牝254小牧太
1159ボールライトニング牡255蛯名正義
12714ハレルヤボーイ牡255浜中俊
13816スリラーインマニラ牡255和田竜二
1412ショウナンライズ牡255池添謙一
1511サイモンゼーレ牡255幸英明
1635ウインオスカー牡255松山弘平
LAP 12.5-10.8-11.4-12.6-12.7-11.9-10.8-11.7
通過 34.7-47.3-60.0-71.9  上り 71.1-59.7-47.1-34.4勝ち時計  1.34.4   勝ち馬上がり3F  33.3

1着▲リオンディーズ

父キングカメハメハ。

スタートはあまり良くなく、しんがりからのレースに。4コーナーを周るまでは最後方待機。直線馬場の大外に持ち出してすでに独走態勢の1番人気エアスピネルをあっという間に差し切る恐ろしい切れ味。エアスピネルの上がり34.0を0.7秒も上回るラスト3F33.3。

サンデーサイレンス産駒が居なくなってこういう戦法は久しく見ていなかったが、ディープインパクトやハットトリック級の大外一気。1勝馬でしかも乗り替わりだから恐れ入る。父キングカメハメハ母の父スペシャルウィークの血統からも当然2000m以上の方が良く、順調ならば3冠当確のような今日の走り。

2着〇エアスピネル

父キングカメハメハ。

スタートは普通。いつもの様に道中は馬群の中団やや前の位置で折り合いもつき3.4コーナーも不利なく周って直線に向かった。ラスト2Fを過ぎた所からようやく追い出し楽々先頭に。大楽勝かと思われたが大外から勝ち馬リオンディーズにあっという間に交わされての2着に。

おそらく鞍上の武騎手は最後の直線3馬身程抜け出した時に勝ったと思ったんじゃないでしょうか?それを後方から並ぶ間もなく交わした勝ち馬が強すぎたという事でしょう。

3着 シャドウアプローチ

父ジャングルポケット。

スタートはまずまず。前半は馬場の外を周って中団ちょうどエアスピネルの後ろのポジション取り。最後の直線は外に回りエアスピネルの横から追い出す。上位2頭には交わされたがしぶとく3着に食い込む。前走GⅡで1番人気だがまったく人気が無かった。

鞍上の中谷騎手は騎乗停止のルメール騎手のピンチヒッター。過去にGⅠ騎乗が1戦しかなく今回は2011年以来の騎乗だったが見事に3着に入線した。

5着注シュウジ

父キンシャサノキセキ。

スタート良くハナに立ちたいという感じが馬から伝わって来たが、鞍上がこれをなだめて馬群の中に入れて最後の直線はお得意のインを突くがまったく伸びずの5着と完敗。やはり距離が長かったか?

7着 タイセイサミット

父ダイワメジャー。

出遅れ。最後の直線ラスト1Fで前が詰まりブレーキをかけた。これが無ければ3着はあったかも。

9着〇イモータル

ダイワメジャー父。

スタートで出遅れ、道中では頭を上げて引っかかるそぶり、直線だけで追い込むもさっぱり。やはり追い切りが良くなかったのが原因と思われる。

11着 ボールライトニング

父ダイワメジャー。

蛯名ダンスもまったく伸びずに完敗。

14着 ショウナンライズ

父ダイワメジャー。

やはり距離が長かったか。

第67回朝日杯フューチュリティS予想と結果

今回のレースでキンシャサノキセキ産駒とダイワメジャー産駒が計7頭出走しましたが、シュウジの6着が最高。やはり短距離専門の種牡馬とみて切り捨てた方がよさそうですね。

先週の牝馬GⅠを制したメジャーエンブレムは別格ですか?母の父がオペラハウスというのがヒントになるようです。母の父にサンデーサイレンスを持てないのが弱みになる感じがします。

追い切り診断

A:エアスピネル   2着
B:リオンディーズ  1着
B:シュウジ     5着
B:タイセイサミット 7着
B:ボールライトニング11着
B:ショウナンライズ 14着

総合予想

予想印は過去の傾向と今週の追い切りを含めた総合的な評価です。

◎:エアスピネル   2着
〇:イモータル    9着
▲:リオンディーズ  1着
△:ショウナンライズ 14着
注:シュウジ     5着

第67回朝日杯フューチュリティSまとめ

第67回朝日杯フューチュリティPAT

エアスピネル1着シュウジ2着の可能性が高いとみて馬単で、後は後方から追い込んでくるハレルヤボーイと内で先行抜け出しそうなショウナンライズを選んだのですがどちらも力不足でした。

リオンディーズはこのローテで来たら化け物と思って最初から見向きもしませんでしたが、本当に化け物でした(笑)。

参照:第67回朝日杯フューチュリティS2015予想

参照:第67回朝日杯フューチュリティS2015過去の傾向

参照:第67回朝日杯フューチュリティS2015年最終追い切り診断  

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です