【安田記念2017予想】データ・調教・枠順など~大混戦を制する馬は?

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

安田記念2017予想・データ・調教・枠順

第67回安田記念の過去5年間のデータや、調教の様子を総合してレースを予想していきます。

世界最強マイラーのモーリスの引退によって混戦模様となりました、今年のマイル路線です。今週は春のマイル王決定戦の 第67回安田記念(GⅠ) が東京競馬場でフルゲート18頭によって行われます。

人気が予想されるのは、現在GⅠレースを3週連続勝利中のルメール騎手が騎乗するイスラボニータ(牡6)。マイル戦ではデビュー以来全て馬券に絡んでいる堅実馬エアスピネル(牡4)。ここまで7戦6勝で現在5連勝中の遅れてきた大物グレーターロンドン(牡5)など。

なお今年は、香港から今年のチャンピオンズマイル(GⅠ)の1.2着馬のコンテントメント(セ7)、ビューティーオンリー(セ6)の実力馬2頭が参戦します。

第67回安田記念出馬表

2017年6月4日(日)3回東京2日目18頭[15:40発走]

3歳以上・オープン・GⅠ(定量)(国際)(指定) 芝1600m(Cコース)

馬名性齢替 騎手斤量調教師馬記号馬主生産者毛色誕生
11 トーキングドラム牡7*石橋脩58(美)斎藤誠 下河邉美智子下河辺牧場鹿毛3月 6日
12 ディサイファ牡8 四位洋文58(美)小島太 H.H.シェイク・モハメドダーレー・ジャパン・ファーム鹿毛4月20日
23 サンライズメジャー牡8*池添謙一58(栗)浜田多実 松岡隆雄下河辺牧場栗毛4月 6日
24 アンビシャス牡5*横山典弘58(栗)音無秀孝 近藤英子辻牧場黒鹿2月17日
35$コンテントメントセ7*モレイラ58[外]サイズ[外]T.ローMr.PJ Favretto栗毛9月20日
36 レッドファルクス牡6 M.デム58(美)尾関知人 東京ホースレーシング社台ファーム芦毛4月12日
47 グレーターロンドン牡5*福永祐一58(美)大竹正博 窪田康志下河辺牧場鹿毛5月23日
48 エアスピネル牡4 武豊58(栗)笹田和秀 ラッキーフィールド社台ファーム栗毛2月10日
B59 ロンギングダンサー牡8横山和生58(美)田村康仁 坂本浩一社台ファーム黒鹿2月24日
510 クラレント牡8 岩田康誠58(栗)橋口慎介 前田晋二ノースヒルズマネジメント栗毛3月 2日
611 ブラックスピネル牡4*松山弘平58(栗)音無秀孝 サンデーレーシングノーザンファーム黒鹿2月14日
612$ビューティーオンリーセ6 パートン58[外]クルーズ[外]K.クォック&H.クォックMassimo Parri鹿毛3月14日
713 ロジチャリス牡5内田博幸58(美)国枝栄 久米田正明ノーザンファーム栗毛2月11日
714 サトノアラジン牡6 川田将雅58(栗)池江泰寿 里見治ノーザンファーム鹿毛2月16日
715 イスラボニータ牡6 ルメール58(美)栗田博憲 社台レースホース社台コーポレーション白老ファーム黒鹿5月21日
816 ロゴタイプ牡7田辺裕信58(美)田中剛 吉田照哉社台ファーム黒鹿3月10日
817 ヤングマンパワー牡5松岡正海58(美)手塚貴久 星野壽市ノーザンファーム黒鹿4月14日
818 ステファノス牡6*戸崎圭太58(栗)藤原英昭 キャロットファームノーザンファーム鹿毛2月13日

ごりょんさん

現在の予想人気

1番人気イスラボニータ
2番人気エアスピネル
3番人気ステファノス
4番人気レッドファルクス
5番人気グレーターロンドン

6月2日(金)13:00現在

参照元:netkeiba.com

第67回安田記念過去5年の傾向

ごりょんさん
第67回安田記念の過去5年の傾向を簡単にまとめました。

icon-check-square-o1番人気は3-1-0-1(60.0%-80.0%-80.0%)

1番人気は非常に信頼性が高いです。単回値・複回値も188円・130円と100円を上回っています。

icon-check-square-o8番人気以下の人気薄が馬券に絡む

1番人気は堅い傾向にありますが、反対に紐では、8番人気以下で1-2-4-40(2.5%-7.5%-17.5%)と、約半分が人気薄で占めています。特に3着馬は人気薄が突っ込んで来ています。

icon-check-square-o騎手・調教師は東西ほぼ互角

騎手成績も調教師成績も、東西でほぼ互角です。モーリスを管理していた堀宣行が2-1-0-4(28.6%-42.9%-42.9%)と成績優秀です。

icon-check-square-o4.5.6歳は互角。7歳以上は連対なし

4歳馬1勝2着1回。5歳馬2勝2着2回3着2回。6歳馬2勝2着2回3着2回という成績です。勝率・連対率ともにほぼ互角です。

icon-check-square-o14番枠より外は連対なし

14~18番枠は連対なしです。やはり外枠は不利ですね。反対に6番・10番枠で2勝ずつを挙げています。

icon-check-square-o偶数枠の成績が抜群

偶数枠5-3-4-28(12.5%-20.0%-30.0%)に対し、奇数枠0-2-1-39(0.0%-4.8%-7.1%)と、明暗が分かれています。

icon-check-square-oディープインパクト産駒の不振

東京のマイルと言えばディープインパクトを買っときゃ当たると思いきや、0-1-2-20(0.0%-4.3%-13.0%)と大不振です。今年は5頭が出走を予定しています。

icon-check-
square-o
鹿毛馬の独断場

鹿毛馬は4-4-1-32(9.8%-19.5%-22.2%)と過去5年間10連対中、8連対の高確率を残しています。今年の鹿毛馬は、グレーターロンドン・サトノアラジン・ステファノス・ディサイファ・トーキングドラム・ビューティーオンリーのわずか6頭です。

icon-check-
square-o
前走1着馬は5年で3勝

前走で重賞勝ちを収めていた馬は3-1-0-2(15.0%-20.0%-20.0%)と好成績を収めています。イスラボニータ・コンテントメント・レッドファルクス・ロジチャリスが該当します。なお、グレーターロンドンも前走1着ですが、オープン特別勝ちです。

icon-check-
square-o
前走で上がり3ハロン1位馬は連対率40%

前走で上がり3ハロンが最速だった馬は、2-2-0-6(20.0%-40.0%-40.0%)と好走しています。アンビシャス・グレーターロンドン・ブラックスピネル・レッドファルクスが該当します。なお、外国招待馬はデータが無いので除外しました。

icon-check-
square-o
ダービー卿チャレンジT組は連対率50%

前走でダービー卿チャレンジに出走していた馬は、2-0-0-2(50.0%-50.0%-50.0%)と好走しています。昨年のロゴタイプ、一昨年のモーリスと2年連続で勝ち馬が出ています。今年はロジチャリス・クラレント・サンライズメジャーの3頭が出走予定です。

PR おうちでゴロゴロ副収入

東京1600m重賞レースでの騎手・調教師・種牡馬・穴騎手の成績

ごりょんさん
東京芝1600mの重賞レースでの、2012年以降の騎手・調教師・種牡馬・穴騎手の成績です。
東京芝1600m騎手成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
横山典弘6-1-2-2418.2%-21.2%-27.3%
C.ルメール4-5-0- 528.6%-64.3%-64.3%
岩田康誠4-2-2- 716.0%-24.0%-32.0%
4位戸崎圭太4-2-1-2412.9%-19.4%-22.6%
5位蛯名正義3-5-2-239.1%-24.2%-30.3%
2012年以降(最低騎乗回数5回)

東京芝1600m調教師成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
友道康夫6-0-0- 746.2%-46.2%-46.2%
須貝尚介3-1-0-1218.8%-25.0%-25.0%
藤原英昭3-0-2- 725.0%-25.0%-41.7%
4位堀宣行2-3-1-178.7%-21.7%-26.1%
5位田中清隆2-1-0-1015.4%-23.1%-23.1%
2012年以降(最低出走回数5回)

東京芝1600m種牡馬成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
ディープインパクト9-12-7-719.1%-21.2%-28.3%
クロフネ5-3-1-1620.0%-32.0%-36.0%
ダイワメジャー4-2-6-348.7%-13.0%-26.4%
4位ハーツクライ4-1-0-1718.2%-22.7%-22.7%
5位ステイゴールド3-0-4-1513.6%-13.6%-31.8%
2012年以降(最低出走回数5回)

東京芝1600m単勝20倍以下騎手成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
田辺裕信2-0-1-1213.3%-13.3%20.0%
蛯名正義1-3-1-125.9%-23.5%-29.4%
内田博幸1-1-1-165.3%-10.5%-15.8%
2012年以降(最低騎乗回数5回)

第67回安田記念の最終追い切りタイムと前走の調教タイム

ごりょんさん
第67回安田記念の全馬の最終調教タイムと前走時の追い切り時計です。金曜日の夕方頃に更新します。
調教コース

坂路=青色 ウッドチップ=緑色

1
1
トーキングドラム
牡7
調教日5/31(水)美W
85.5-69.3-53.9-38.9-12.2
前走京王杯スプリングカップ6着美W
83.5-68.1-53.5-39.3-12.6
1
2
ディサイファ
牡8
調教日5/31(水)美坂
54.7-39.3-11.9
前走大阪杯10着美坂
53.7-38.3-12.5
2
3
サンライズメジャー
牡8
調教日5/31(水)栗坂
54.5-39.8-12.6
前走マイラーズカップ5着栗坂
57.5-41.9-13.1
2
4
アンビシャス
牡5
調教日5/31(水)栗坂
52.9-39.0-13.2
前走大阪杯5着栗坂
51.6-38.3-12.8
3
4
コンテントメント
セ7
調教日6/1(木)東D
40.0-12.5
前走チャンピオンズマイル1着不明
3
5
レッドファルクス
牡6
調教日5/31(水)美D
64.3-49.6-36.6-12.6
前走京王杯スプリングカップ1着美芝
64.9-49.9-36.2-11.6
4
7
グレーターロンドン
牡5
調教日5/31(水)美W
51.8-37.2-12.7
前走東風ステークス1着美W
52.5-37.3-12.7
4
8
エアスピネル
牡4
調教日5/31(水)栗坂
51.8-37.9-12.6
前走マイラーズカップ2着栗坂
52.2-38.2-12.3
5
9
ロンギングダンサー
牡8
調教日5/31(水)美坂
55.6-41.2-13.1
前走メイS10着美W
69.2-53.7-39.7-13.9
5
10
クラレント
牡8
調教日5/31(水)栗坂
53.0-38.4-12.3
前走京王杯スプリングカップ2着栗坂
53.3-38.4-12.7
6
11
ブラックスピネル
牡4
調教日5/31(水)栗坂
54.1-39.0-12.2
前走マイラーズカップ4着栗坂
51.4-37.9-12.8
6
12
ビューティーオンリー
セ6
調教日6/1(木)東京芝
89.3-75.1-63.9-53.1-41.2-16.3
前走チャンピオンズマイル2着不明
7
13
ロジチャリス
牡5
調教日5/31(水)美W
82.4-67.5-52.7-38.4-12.5
前走ダービー卿CT1着美W
70.4-55.0-40.4-12.6
7
14
サトノアラジン
牡6
調教日5/31(水)栗W
84.6-67.0-51.7-38.4-11.6
前走京王杯スプリングカップ9着栗W
70.5-53.7-39.4-11.9
7
15
イスラボニータ
牡6
調教日5/31(水)美W
68.2-52.0-37.5-12.1
前走マイラーズカップ1着美W
68.2-52.7-38.2-12.5
8
16
ロゴタイプ
牡7
調教日5/31(水)美W
82.3-66.0-51.5-37.2-12.0
前走中山記念3着美W
66.7-51.7-37.6-12.9
8
17
ヤングマンパワー
牡5
調教日5/31(水)美坂
53.1-38.6-11.9
前走マイラーズカップ3着美坂
54.4-39.7-12.1
8
18
ステファノス
牡6
調教日5/31(水)栗W
65.7-50.9-37.3-12.0
前走大阪杯2着栗W
65.4-50.1-36.4-12.1

第67回安田記念参考動画

こちらはスマートフォンでのみ視聴可能になります。

スポンサーリンク

第67回安田記念予想

シンガリマケ
安田記念の過去5年間の前半-後半の時計と勝ち時計です。
前半4F後半4F勝ち時計勝ち馬
2016年 47.0 46.01.33.0ロゴタイプ(牡6)
2015年 45.9 46.11.32.0モーリス(牡4)
2014年 47.1 49.71.36.8不ジャスタウェイ(牡5)
2013年 45.3 46.21.31.5ロードカナロア(牡5)
2012年 44.9 46.41.31.3ストロングリターン(牡6)

◎イスラボニータ

父フジキセキ

GⅠでは全8戦して1.2.3.9.3.3.5.2着です。通算1-2-3-2と馬券に絡まなかったのは、2014年のジャパンカップ(5人気9着)と2016年の安田記念(4人気5着)です。

ジャパンカップは距離が長いので仕方がありませんね。昨年の安田記念の5着は、ロゴタイプが逃げ切るスローの展開で、モーリスと0.1秒差なので大負けではないですね。

今年はフルゲートの18頭が出走するので、昨年のようにスローな流れにはなり難く、好位に付けるイスラボニータにとってはレースはし易いと思います。

1週前追い切り・最終追い切りでは、ゴール版付近でようやく並走馬に並びかける感じになりましたが、ラスト1ハロンは12.4秒と12.1秒なので、そんなに悪くはない数字です。

鞍上のルメール騎手は現在GⅠレースを3連勝中ですし、東京重賞マイルの成績は通算で、5-6-1-6と連対率61.1%の脅威の成績を挙げているので、今回の様な混戦では、軸にするのに持って来いですね。

今年の安田記念はメンバー的にやや落ちる感じがするので、2014年の皐月賞以来のGⅠ制覇も夢ではない気がします。

icon-exclamation-
circle
鞍上(ルメール)の東京芝重賞1600mの成績:4-5-0-5

(28.6%-64.3%-64.3%)過去5年間。

○アンビシャス

父ディープインパクト

GⅠでは4戦して5.16.4.5着です。先行して折り合いを欠いた宝塚記念の16着を除き、全て掲示板内に乗る成績を挙げています。

今回の安田記念は、2014年の千両賞以来、久々の1600m戦になります。しかしディープインパクト産駒の距離短縮は、好成績を残しているので、今回も好走できるかもしれません。

最終追い切りでは、坂路で伏せられて、並走馬に半馬身の先着でしたが、ラスト1ハロンが13.2秒もかかっており、特別状態が上向いた感じはしないですね。

ただ、東京マイルの重賞レースでは、先日のヴィクトリアマイルで見せたように、鞍上の横山典弘が大得意としているコースなので、ノリさんが思い切った作戦を取るかもしれないですね。

アンビシャスの母系は、母の父がエルコンドルパサー。母の母父がRainbow Questと、長距離向けの血統になっているので、久々のマイル戦に対応できるかがカギになります。

icon-exclamation-
circle
鞍上(横山典)の東京芝重賞1600mの成績:6-1-2-24

(18.2%-21.2%-27.3%)過去5年間。

▲ステファノス

父ディープインパクト

GⅡ戦では通算5戦して0-0-1-4とサッパリですが、GⅠでは0-3-2-3と成績がアップする不思議な馬です。今までGⅠでは2000mと2200mしか使われておらず、マイル戦に出走するのは初めてになります。

重賞でのマイル戦は、2014年の富士S(GⅢ)で、今回の安田記念と同じコース、同じ大外枠から、ラスト1ハロンで素晴しい豪脚を使い差し切っています。この馬は外枠の方が力が出せるかもしれないですね。

1週前追い切りでは、ラスト1ハロン11.5秒で並走馬を置き去りにし、最終追い切りでは、やや強めながらもきっちりと追われて、並走馬を千切りました。前走の大阪杯(GⅠ)の状態をキープしている感じの追い切りでした。

その前走では、現役最強馬のキタサンブラック(牡5)に0.1秒差の惜しい2着でした。さすがに今回のメンバーに入ると負けられないくらいの実力を身に着けてきました。

今回久しぶりにコンビを組む戸崎騎手とは、2015年の天皇賞(秋)で2着していますので、悲願の初GⅠを達成したいですね。

icon-exclamation-
circle
鞍上(戸崎)の東京芝重賞1600mの成績:4-2-1-24

(12.9%-19.4%-22.6%)過去5年間。

△ビューティーオンリー

父Holy Roman Emperor

可愛らしい名前ですが牝馬ではありません(笑)。総合成績が10-7-3-12で、GⅠ戦では2-1-1-7という成績を残しています。着外7回の内、4回はマイル戦以外での成績です。昨年末の香港マイルの覇者になります。

前走のチャンピオンズマイル(GⅠ)では、今回の安田記念にも出走するコンテントメントにクビ差の惜しい2着でした。この馬の成績の特徴は、自身の走破時計が1分34秒以上では0-0-1-6ですが、1分33秒台に入ると4-3-0-0とパーフェクト連対を誇ります。持ち時計が1.33.2秒なので、今年の安田記念の勝ち時計が1分32秒後半なら、勝負になるかもしれません。

最終追い切りでは、東京競馬場の芝コースで追い切られ、7ハロン(1400m)が1.29.3(14.2-11.2-10.8-11.9-12.5-12.4-16.3)でした。最後が16.3秒というのは気になりますね。ビッシリ追い切ってもらいたかったです。

同馬の父Holy Roman Emperor(ホリーローマンエンペラー)は、Danzig(ダンジグ)―Danehill(デインヒル)と続くノーザンダンサー系の種牡馬です。主に6.7ハロンに出走してGⅠを2勝しています。Danehill(デインヒル)は日本ではブルードメアサイアーとしても有名ですね。

今回は6枠12番と外枠になりましたが、おそらく後方で脚を貯める作戦と思われるので、差し馬向けの展開になれば1発あるかもしれません。

icon-exclamation-
circle
鞍上(パートン)の東京芝重賞1600mの成績:0-0-0-0

(0.0%-0.0%-0.0%)過去5年間。

注レッドファルクス

父スウェプトオーヴァーボード

昨年の第50回スプリンターズSで初GⅠを制覇しました。これまで重賞レースは1200mばかり使われてきましたが、前走の第62回京王杯スプリングカップ(GⅡ)では初めての1400mで、重馬場の中58キロを背負い楽勝でした。この感じだと1ハロンの距離延長にも耐えられる感じですね。

前走時の最終追い切りは芝コースで追い切られましたが、今回はダートコースで追い切られました。このあたりは、やや不安が残る所です。

父スウェプトオーヴァーボードの産駒のマイル重賞成績は、0-2-3-37(0.0%-4.8%-11.9%)と、1200mや1400mに比べて成績が悪いですね。GⅠに限っては0-0-0-12とサッパリです。

しかし今回は、過去5年で2勝を挙げている6番枠をゲットしたので、デムーロマジックに期待したいと思います。

icon-exclamation-
circle
鞍上(デムーロ)の東京芝重賞1600mの成績:1-0-3-10

(7.1%-7.1%-28.6%)過去5年間。

PR

第67回安田記念予想まとめ

◎:イスラボニータ

〇:アンビシャス

▲:ステファノス

△:ビューティーオンリー

注:レッドファルクス

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. momofuku より:

    今晩は。
    管理人さんの情報「鹿毛馬の独断場」で、サトノアラジンを頭で買えました。
    この情報が無ければ、レッドファルクスを頭で買っているところでした。
    重々、お礼申し上げます。
    有り難う御座いました。

    • ごりょんさん より:

      momofukuさん初めまして。
      サトノアラジンとレッドファルクスを迷ってサトノアラジンを軸にしたという事で、
      おめでとうございます。羨ましいです。

      我が予想はかすりもしませんでした(笑)。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です