ヴィクトリアマイル2017予想~データ・追い切り情報【天候微妙】

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

ヴィクトリアマイル2017予想~データ・追い切り情報

第12回ヴィクトリアマイルの過去5年間のデータ・最終追い切りの様子を総合してレースを予想していきたいと思います。

6週連続GⅠ競争が行われる第3週目の今週は、東京のマイル女王決定戦の 第12回ヴィクトリアマイル が行われます。

このレースの特徴は、走破時計が速い事です。ヴィクトリアマイルのレースレコードは、昨年ストレイトガール(牝7)が叩き出した1.31.5秒です。いちばん遅かった年でも、稍重の1.34.0秒です。ここ数年間は、1分32秒の前半から1分31秒台で決まっています。

今年の1番人気が予想されるのは、牝馬限定戦では全て馬券に絡んでいる ミッキークイーン(牝5)です。おそらく単勝1倍台になるだろうと思われます。ミッキークイーンに続くのが、前走の第47回高松宮記念(GⅠ)では惜しくも2着に敗れた レッツゴードンキ(牝5)です。

その他の人気馬では、昨年の第41回エリザベス女王杯(GⅠ)の覇者 クイーンズリング(牝5)、前走の第110回京都記念(GⅡ)では、ダービー馬マカヒキ(牡4)に先着した スマートレイアー(牡7)など、伏兵馬も多いです。

第12回ヴィクトリアマイル出馬表

ごりょんさん

現在の予想人気

1番人気ミッキークイーン
2番人気レッツゴードンキ
3番人気スマートレイアー
4番人気ルージュバック
5番人気クイーンズリング

5月12日(金)13:00現在

参照元:netkeiba.com

第12回ヴィクトリアマイル過去5年の傾向

ごりょんさん
第12回ヴィクトリアマイルの過去5年の傾向を簡単にまとめました。
  • 1番人気は1-1-0-3(20%-40%-40%)
  • 美浦所属騎手が5連勝中
  • 関西馬4勝に対し関東馬は1勝
  • 6.7枠で全5勝中4勝を挙げる
  • 逃げ馬は1-0-1-3(20%-20%-40%)
  • 4コーナー13番手以下は0-0-2-27
  • 継続騎乗4勝に対し乗替りは1勝
  • 休み明け2戦目が4勝・2着3回・3着2回
  • 前走5着以下全5勝、1~4着は勝ち星なし
  • 前走から斤量が減る馬は3-3-3-8と複勝率52.9%
  • 前走8枠から出走した馬は4-0-0-16
  • 前走阪神コース出走馬は3勝・2着3回・3着2回
  • PR: おうちでゴロゴロ副収入
ごりょんさん
東京芝1600mの重賞レースでの、2012年以降の騎手・調教師・種牡馬・穴騎手の成績です。
東京芝1600m騎手成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
横山典6-1-2-2418.2%-21.2%-27.3%
岩田4-2-2-1616.7%-25.0%-33.3%
戸崎4-2-1-2313.3%-20.0%-23.3%
4位ルメール3-5-0-523.1%-61.5%-61.5%
5位蛯名3-4-2-239.1%-21.9%-28.1%
2012年以降(最低騎乗回数5回)

東京芝1600m調教師成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
友道6-0-0-746.2%-46.2%-46.2%
藤原3-0-2-725.0%-25.0%-41.7%
2-3-1-178.7%-21.7%-26.1%
4位田中清2-1-0-1015.4%-23.1%-23.1%
5位田村2-1-0-333.3%-50.0%-50.0%
2012年以降(最低出走回数5回)

東京芝1600m種牡馬成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
ディープインパクト9-12-6-689.5%-22.1%-28.4%
クロフネ5-3-1-1620.0%-32.0%-36.0%
ダイワメジャー4-2-6-329.1%-13.6%-27.3%
4位ハーツクライ4-1-0-1718.2%-22.7%-22.7%
5位フジキセキ2-1-3-159.5%-14.3%-28.6%
2012年以降(最低出走回数5回)

東京芝1600m単勝20倍以下騎手成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
田辺2-0-1-1114.3%-14.3%-21.4%
蛯名1-2-1-126.3%-18.8%-25.0%
内田1-1-1-155.6%-11.1%-16.7%
2012年以降(最低騎乗回数5回)
PR

第12回ヴィクトリアマイルの最終追い切りタイムと前走の調教タイム

ごりょんさん
第12回ヴィクトリアマイルの全馬の最終調教タイムと前走時の追い切り時計です。金曜日の夕方頃に更新します。
調教コース

坂路=青色 ウッドチップ=緑色

馬名性齢調教日コースタイム
11アットザシーサイド牝45/10(水)栗坂60.1-43.2-13.6
前走(阪神牝馬S8着)栗坂58.2-41.4-13.3
2スマートレイアー牝75/10(水)栗坂54.4-39.4-12.1
前走(京都記念2着)栗坂54.3-39.2-12.1
23ジュールポレール牝45/10(水)栗坂53.1-38.4-12.3
前走(阪神牝馬S3着)栗坂51.0-36.8-12.7
4ソルヴェイグ牝45/10(水)栗坂54.0-39.0-12.6
前走(高松宮記念9着)栗坂50.9-37.4-11.5
35アドマイヤリード牝45/10(水)栗坂53.4-39.0-12.7
前走(阪神牝馬S2着)栗坂56.8-40.5-12.5
6アスカビレン牝55/10(水)栗坂52.4-37.7-12.4
前走(六甲S1着)栗坂51.7-37.4-12.4
47ルージュバック牝55/10(水)美W52.6-38.3-12.7
前走(金鯱賞8着)美W50.6-36.4-12.4
8クイーンズリング牝55/10(水)栗坂53.2-38.5-12.3
前走(阪神牝馬S15着)栗坂53.4-38.5-12.3
59オートクレール牝65/10(水)美W52.9-38.9-13.0
前走(1600万2着)美W53.3-39.8-12.9
10デンコウアンジュ牝45/10(水)栗坂54.9-39.9-12.7
前走(福島牝馬S4着)栗W51.9-38.5-12.2
611ミッキークイーン牝55/10(水)栗W53.7-38.3-11.8
前走(阪神牝馬S1着)栗W52.7-38.6-12.0
12ウキヨノカゼ牝75/10(水)美W54.1-39.8-12.6
前走(福島牝馬S1着)美W67.4-51.7-38.9-13.0
713ヒルノマテーラ牝65/10(水)栗坂55.5-39.7-12.5
前走(阪神牝馬S9着)栗坂52.9-38.1-12.5
14レッツゴードンキ牝55/10(水)栗坂53.5-37.7-12.0
前走(高松宮記念2着)栗坂52.4-37.8-12.4
815フロンテアクイーン牝45/10(水)美W70.4-55.3-41.4-13.6
前走(福島牝馬S2着)美W70.0-53.8-40.0-13.5
16クリノラホール牝45/10(水)栗坂55.5-40.6-12.9
前走(阪神牝馬S11着)栗坂54.5-39.0-12.4
17リーサルウェポン牝65/10(水)美坂54.5-39.9-13.3
前走(福島牝馬S5着)美坂55.2-39.5-12.0

第12回ヴィクトリアマイル参考動画

こちらはスマートフォンでのみ視聴可能になります。

シンガリマケ

過去3年間のレースVTR

2016
2015
2014



シンガリマケ

スポンサーリンク

第12回ヴィクトリアマイル予想

シンガリマケ
過去5年間の前半-後半の時計と勝ち時計です。
前半4F後半4F勝ち時計勝ち馬
2016年 45.7 45.81.31.5ストレイトガール(牝7)
2015年 45.5 46.41.31.9ストレイトガール(牝6)
2014年 46.2 46.11.32.3ヴィルシーナ(牝5)
2013年 46.3 46.11.32.4ヴィルシーナ(牝4)
2012年 46.4 46.01.32.4ホエールキャプチャ(牝4)

ヴィクトリアマイルの過去11回で馬券に絡んだ33頭中、11頭が単勝オッズ20倍以上でした。ちょうど3分の1に当たります。この人気薄馬11頭の好走パターンを調べてみました。

  • 関東騎手が9回、関西騎手が2回馬券に絡む
  • 1.2枠で4連対
  • 逃げ馬は1-1-2-7(9.1%-18.2%-36.4%)
  • 継続騎乗が2-4-2-69。乗替り0-1-2-51
  • 前走4コーナー1番手は0-3-0-5(0.0%-37.5%-37.5%)
  • 阪神牝馬Sから4連対

このように、逃げた馬が穴をあけています。しかし今回は逃げそうな馬がおらず、展開を予想するのが難しいですね。

◎ミッキークイーン

父ディープインパクト

牝馬限定戦では、通算5-5-1-0と全て馬券に絡んでいます。連対を外したのは半年ぶりの1戦でした。当然今回は叩き2走目の牝馬限定戦とあって、連対はほぼ約束された様なものです。

1週前追い切りで、83.2-67.3-52.7-38.5-11.8を叩き出し、並走馬を豪快に千切りました。最終追い切りでは4Fを単走で強めに追われました。いたって順調な仕上がりに感じられました。

昨年の第61回有馬記念(GⅠ)では、シュヴァルグランやアルバートに先着する5着と好走していますので、牝馬限定戦では負けられないですね。1600mは若干距離不足に思えますが、昨年も同レースを1.31.9秒の好時計で2着に好走しているのでその辺は大丈夫だと思います。

兎に角、よほどのアクシデントが無い限り連対する可能性は高いですね。

icon-exclamation-
circle
鞍上(浜中)の東京芝重賞1600mの成績:2-3-1-11

(11.8%-29.4%-35.3%)過去5年間。

○ジュールポレール

父ディープインパクト

昨年の4月のデビュー以来、8戦で条件戦を卒業しました。前走は初の重賞レースの第60回杯阪神牝馬S(GⅡ)に挑戦するも、現役最強牝馬ミッキークイーン(牝5)に楽々交わされての3着でした。

今回は休養明け3戦目になりますが、1週前追い切りと最終追い切りでは、坂路で単走で追われてマズマズの動きでした。前走の状態はキープしている感じがします。

ジュールポレールの母サマーナイトシティは、芝では勝ち星はありませんでしたが、2012年にマイルチャンピオンシップ(GⅠ)を制した サダムパテックを輩出しています。

父のディープインパクト産駒は、東京マイルのGⅠを4勝していますが、その内の3勝は関西馬によるものです。ただ、4勝全て5枠より外で挙げたものなので、今回の2枠3番は微妙なところですね。

今年は2008年の高松宮記念以来のGⅠ勝利を挙げた鞍上の幸騎手ですので、少しばかり期待できそうです。先行してどこまで粘れるかがカギになりますね。

icon-exclamation-
circle
鞍上(幸)の東京芝重賞1600mの成績:0-0-0-1

(0%-0%-0%)過去5年間。

▲ルージュバック

父マンハッタンカフェ

今まで通算では重賞3勝を挙げていますが、全て牡馬相手に1800mで挙げたものです。1600mでは2戦して、桜花賞の9着と昨年の当レースの5着と、イマイチの成績です。

その5着に敗れた昨年のヴィクトリアマイル以降は、牡馬相手とばかり対戦して1.1.7.9.8着の成績でした。敗れた3戦中2戦は、天皇賞(秋)の7着、ジャパンカップの9着なので、牝馬限定戦の今回は、当然好走が期待されます。

1週前追い切り・最終追い切り共に、ゴール版付近でようやく並走馬と並ぶような追い切り内容が少し気になりました。昨年まではもう少し余裕をもって先着していたのですが。

同馬の母のジンジャーパンチはアメリカ産でGⅠを6勝していますが、全てダート戦での勝利です。ルージュバックの兄弟が挙げた勝ち星もすべてダート戦でのものなので、早い時計の勝負になると不利になるかもしれないです。

しかし東京コースは3-1-0-3と相性が良いコースなので、鞍上の戸崎騎手の手綱さばき1つで好走も可能だと思います。

icon-exclamation-
circle
鞍上(戸崎)の東京芝重賞1600mの成績:4-2-1-23

(13.3%-20.0%-23.3%)過去5年間。

△クイーンズリング

父マンハッタンカフェ

距離が長いと思われた昨年の第41回エリザベス女王杯で初GⅠ勝ちを収めました。その後は香港に遠征、モーリスが圧勝した香港カップ(GⅠ)に出走しましたが、9着に惨敗。

4か月の休養明けの第60回阪神牝馬S(GⅡ)をひと叩きされて、今回のヴィクトリアマイルに挑みます。

その前走の第60回阪神牝馬S(GⅡ)は15着に大敗しました。道中は先行しましたが、4コーナーではもう手ごたえが無くなっていましたね。直線半ばでデムーロ騎手は追うのを止めていました。

前走時の最終追い切りは、坂路で53.4-38.5-12.3で並走馬と同入、速い追い切りは3本でした。今回の最終追い切りでは、単走で53.2-38.5-12.3と、ほぼ前走時と同じ時計ですね。エリザベス女王杯もこんな感じの追い切りで勝ちましたので、仕上がり具合は悪くないと思います。

今回はこの馬だけが、前走から斤量が1キロ減ります。ヴィクトリアマイル過去5年間の傾向で、前走から斤量減で出走する馬は、3-3-3-8(17.6%-35.3%-52.9%)と複勝率が半分もありますので、馬券には必ず入れておきたいですね。

icon-exclamation-
circle
鞍上(デムーロ)の東京芝重賞1600mの成績:1-0-3-9

(7.7%-7.7%-30.8%)過去5年間。

注フロンテアクイーン

父メイショウサムソン

3歳時には今回と同じ東京マイルの重賞に出走し、1.33.3秒でメジャーエンブレムの2着と健闘しました。結局GⅠでは6.14着と結果を残せずに準オープンに降格しました。

2戦目で1600万下を勝ち上がり、第35回中山牝馬S(GⅢ)が8着、第14回福島牝馬S(GⅢ)が2着と着順を上げてきました。今回は休み明け4戦目になりますが、前走時の状態はキープしている感じに見受けられました。

父は皐月賞・ダービーを制し、GⅠ通算4勝のメイショウサムソンです。新馬戦からダービーを制覇するまで11戦連続で休みなく走り続けたタフな馬なので、フロンテアクイーン自身も叩いて良くなるタイプと思われます。

鞍上の北村宏騎手もようやく調子を取り戻してきたみたいなので、1発を期待したいですね。

icon-exclamation-
circle
鞍上(北村宏)の東京芝重賞1600mの成績:0-0-3-25

(0%-0-10.7%)過去5年間。


第12回ヴィクトリアマイル予想まとめ

◎:ミッキークイーン

〇:ジュールポレール

▲:ルージュバック

△:クイーンズリング

注:フロンテアクイーン

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です