日刊スポーツ賞シンザン記念2017予想~データ・追い切りなど

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!

変則日程の京都開催3日目のメインレース 第51回日刊スポーツ賞シンザン記念(GⅢ)の過去5年間のデータ・最終追い切りの様子を総合してレースを予想していきたいと思います。

今年は15頭立てで行われますシンザン記念ですが、過去5年間でディープインパクト産駒が2勝を挙げています。そのディープインパクト産駒のアルアイン(牡3)が人気になると予想されます。

その他では同じ池江厩舎のペルシアンナイト(牡3)や出走馬中唯一の重賞ウイナーのトラスト(牡3)なども人気の一角を担っています。

第51回日刊スポーツ賞シンザン記念出馬表

2017年 1月 8日(日) 1回京都3日目 15頭 [15:45発走]

3歳・オープン・G3(別定)(国際)(特指) 芝1600m・外 (A)

馬名性齢替 騎手斤量調教師馬記号馬主生産者毛色誕生
11 ミルトプリンス牡3 古川吉洋56(栗)中竹和也 永山勝敏長浜忠鹿毛4月12日
22 ブレイヴバローズ牡3 和田竜二56(栗)角田晃一 猪熊広次下河辺牧場黒鹿5月13日
23 メイショウソウビ牡3 武幸四郎56(栗)飯田祐史 松本好雄高昭牧場鹿毛2月 4日
34 テイエムアニマンテ牡3 松若風馬56(栗)岩元市三 竹園正繼聖心台牧場青鹿4月21日
35 ペルシアンナイト牡3*M.デム56(栗)池江泰寿 G1レーシング追分ファーム黒鹿3月11日
46 ブラックランナー牡3 幸英明56(栗)鈴木孝志 カナヤマホールディングス千代田牧場鹿毛5月 1日
47 アルアイン牡3 シュミノ56(栗)池江泰寿 サンデーレーシングノーザンファーム鹿毛5月 1日
58 トラスト牡3柴田大知57(栗)中村均(地)岡田繁幸中本牧場芦毛3月29日
59 キョウヘイ牡3 高倉稜56(栗)宮本博 瀬谷隆雄本桐牧場鹿毛4月22日
610 マイスタイル牡3 福永祐一56(栗)昆貢 寺田千代乃猪野毛牧場鹿毛4月 1日
611 エテレインミノル牡3*藤岡康太56(栗)北出成人 吉岡實杵臼牧場鹿毛2月17日
712 ケンシン牡3*フォーリ56(栗)谷潔 岡浩二スプリングファーム鹿毛3月14日
713 イエローマジック牡3*浜中俊56(美)小島茂之 村井良孝新井昭二芦毛3月30日
814 タイセイスターリー牡3 川田将雅56(栗)矢作芳人 田中成奉ノーザンファーム鹿毛4月 9日
815 コウソクストレート牡3*ルメール56(美)中舘英二 野崎昭夫レイクヴィラファーム鹿毛2月27日

ごりょんさん

現在の予想人気

1番人気ペルシアンナイト
2番人気アルアイン
3番人気コウソクストレート
4番人気トラスト
5番人気タイセイスターリー

1月6日(金)13:00現在。

参照元:netkeiba.com

第51回日刊スポーツ賞シンザン記念過去5年の傾向

第51回日刊スポーツ賞シンザン記念過去5年の傾向を簡単にまとめました。

  • 8.9番人気で1勝2着3回と、やや荒れるレース展開
  • 過去5年で浜中騎手が3勝
  • 斤量57キロ馬は1-0-0-2
  • 13番から外は連対なし
  • 逃げ馬は2-0-1-2と勝率40%
  • ノーザンF生産馬3-0-0-7
  • 前走1600m組が4勝2着4回
  • 前走千両賞組1-2-0-6

予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

第51回日刊スポーツ賞シンザン記念の最終追い切りタイムと前走の調教タイム

第51回日刊スポーツ賞シンザン記念の全馬の最終調教タイムと前走時の追い切り時計です。アルファベット順になっています。

調教コース

坂路=青色 ウッドチップ=緑色

馬番馬名性齢調教日コースタイム前走コースタイム
1アルアイン牡31/04(水)栗W52.6-38.0-12.2千両賞1着栗坂54.9-39.5-12.3
2イエローマジック牡31/04(水)美W54.1-39.4-12.9新馬1着美W72.7-56.1-41.4-13.3
3エテレインミノル牡31/04(水)栗坂52.8-38.3-12.5未勝利1着栗坂53.3-38.4-12.4
4キョウヘイ牡31/04(水)栗坂52.5-39.0-13.1千両賞2着栗坂55.6-41.3-13.3
5ケンシン牡31/04(水)栗坂52.1-37.4-13.2未勝利(ダ)1着栗坂53.4-38.4-12.4
6コウソクストレート牡31/04(水)美W85.6-69.8-55.0-40.7-13.3京王杯2歳S4着美W85.5-69.0-54.2-39.6-13.1
7タイセイスターリー牡31/04(水)栗W80.9-64.8-50.3-37.2-11.6デイリー杯8着栗坂52.7-38.6-12.7
8テイエムアニマンテ牡31/04(水)栗坂54.0-39.3-12.9500万下(ダ)4着栗坂55.4-41.0-13.6
9トラスト牡31/04(木)栗W80.8-65.2-50.9-37.9-12.0朝日杯FS5着栗W83.0-67.8-53.8-39.9-12.0
10ブラックランナー牡31/04(水)栗坂54.1-38.9-12.4秋明菊賞3着栗坂54.2-39.1-12.4
11ブレイヴバローズ牡31/04(木)栗W81.7-65.2-51.5-38.5-12.3未勝利1着栗坂55.4-39.8-12.3
12ペルシアンナイト牡31/04(水)栗W54.4-39.5-12.2こうやまき賞1着栗W53.7-38.5-11.6
13マイスタイル牡31/04(木)栗W84.3-68.7-52.6-38.6-12.0未勝利1着栗Wキリ
14ミルトプリンス牡31/04(水)栗坂54.2-39.3-13.2未勝利1着栗坂55.5-40.1-13.4
15メイショウソウビ牡31/04(水)栗坂53.5-37.8-12.3500万下1着栗坂53.6-38.4-12.5

第51回日刊スポーツ賞シンザン記念参考動画

こちらはスマートフォンでのみ視聴可能になります。

シンガリマケ

過去3年間のレースVTR

2016: スマホ
2015: スマホ
2014: スマホ


ごりょんさん

参考レース

千両賞 スマホ
第52回京王杯2歳S スマホ
アイビーS スマホ

第51回日刊スポーツ賞シンザン記念予想

シンガリマケ
過去5年間の前半-後半の時計と勝ち時計です。
前半4F後半4F勝ち時計
2016年 46.3 47.81.34.1
2015年 48.2 46.61.34.8
2014年 47.9 45.91.33.8
2013年 46.6 47.71.34.3
2012年 47.2 47.11.34.3

平均的に1分34秒台の前半で決まっています。34秒を切ったのはミッキーアイルだけですね。

◎アルアイン

父ディープインパクト

サンデーR-ノーザンF-ディープインパクト-池江厩舎とくれば当然人気になりますね。母のドバイマジェスティはアメリカでBCフィリー&メアスプリントというGⅠを制しています。アルアインは募集価格が1億円だったそうです。凄いですね。

新馬戦-千両賞と連勝してきましたが、勝ちっぷりが地味なために半信半疑な感じがします。

最終追い切りでは並走馬と導入でしたが、調教師曰くセーブ気味の走りだそうです。

今回も前走に引き続きシュミノー騎手が騎乗します。この騎手はインを突くのを得意としていますので、7番枠に当たったのも良い方に働きそうです。

人気の方ではペルシアンナイト(牡3)が上のようですが、何とか優勝を狙いたいですね。

icon-exclamation-
circle
鞍上(シュミノー)の京都芝外回り重賞1600mの成績:0-0-0-1

(0%-0%-0%)過去5年間。

○ペルシアンナイト

父ハービンジャー

池江厩舎のもう1頭の人気馬です。母がサンデーサイレンス×ニキーヤといいますとゴールドアリュールの下になりますね。こちらは募集価格が3200万円という事です。

新馬戦は大楽勝しましたが、続くOP特別のアイビーSでは、後の阪神JF(GⅠ)優勝馬のペルシアンナイト(牝3)に0.3秒差の2着に敗れました。次は即重賞で通用しそうでしたが、中京の500万下を選んで確実に賞金を加算してきました。

最終追い切りではCWコースで単走馬なりの走りでした。今回は鞍上が秋山→デムーロと強化されますので、好勝負必至ですね。

不安点は、父ハービンジャー産駒の重賞成績は2000mに良績が集中しています。1600mでは0-1-1-12とやや距離不足な感じがありますね。この点をデムーロ騎手がカバーしていくんじゃないでしょうか。

icon-exclamation-
circle
鞍上(デムーロ)の京都芝外回り重賞1600mの成績:0-2-0-5

(0%-28.6%-28.6%)過去5年間。

▲トラスト

父スクリーンヒーロー

マイネル軍団の総帥の岡田繁幸さんの持ち馬です。「信頼」という意味だそうです。

地方から中央にトレードされて第51回札幌2歳S(GⅢ)を制しました。休み明けの東スポ杯2歳Sをひと叩きして挑んだ前走の朝日杯FS(GⅠ)では4コーナーで2番手と積極的な競馬をしましたが、惜しくも5着に敗れました。

今回は1.2枠の3頭が逃げると思われますので、4.5番手あたりに取り付けて4コーナーを先頭で回ってきたいですね。

唯一の57キロを背負うのが不安なところですが、重賞ホースとして恥ずかしい競馬はできないと思います。

icon-exclamation-
circle
鞍上(柴田大)の京都芝外回り重賞1600mの成績:0-0-0-2

(0%-0%-0%)過去5年間。

△マイスタイル

父ハーツクライ

フォーティナイナー×Danzigにハーツクライという何とも面白い血統の同馬です。

新馬戦ではオークス馬シンハライトの下のミリッサ(牡3)に完敗の3着でした。続く未勝利戦は難なく勝ち上がりました。

未勝利戦からの重賞挑戦となりますので、あまり人気にはならないと思いますが、鞍上の福永騎手は昨年の3歳重賞では2-3-3-7と素晴らしい成績を残していますので、必ず押さえておきたいですね。

最終追い切りでは、馬なりで並走馬を突き放しました。1戦ごとに調子を上げて来ている感じに見受けられました。

今回は10番枠とやや外側になりましたが、先行できる脚がありますので大丈夫でしょう。何とか1発を期待したいします。

icon-exclamation-
circle
鞍上(福永)の京都芝外回り重賞1600mの成績:1-7-3-9

(5%-40%-55%)過去5年間。

注キョウヘイ

父リーチザクラウン

馬主の瀬谷隆雄さんは旅行代理店を経営されている方だそうです。キッズニゴウハン・ミオリチャンのオーナーでもあります。何故かキョウヘイと男らしい名前になっていますね。

そのキョウヘイですが父の父がスペシャルウィーク。母の父がダンスインザダークです。という事はサンデーサイレンスの3×3のクロスを持っていることになります。

デビュー3戦目でダービーを制したフサイチコンコルドがノーザンダンサーの3×3のインブリードでした。

あまり血が濃くなりすぎると脚元が弱くなると昔から言われましたが、キョウヘイは元気いっぱいですね。最終追い切りの坂路4Fが52.1秒と出走馬中でいちばんの好時計でした。

今回も前回と同様に後方一気の先方になると思います。過去5年で千両賞5着から巻き返したケースが2頭もありましたのでこの馬にも十分にチャンスがあります。

icon-exclamation-
circle
鞍上(高倉)の京都芝外回り重賞1600mの成績:3-0-2-11

(18.8%-18.8%-31.3%)過去5年間。

第51回日刊スポーツ賞シンザン記念予想まとめ

◎:アルアイン

〇:ペルシアンナイト

▲:トラスト

△:マイスタイル

注:キョウヘイ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です