NHKマイルカップ2017予想~データ・追い切り情報【波乱含み】

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!

NHKマイルカップ2017予想

第22回NHKマイルカップ(GⅠ) の過去5年間のデータ・最終追い切りの様子を総合してレースを予想していきたいと思います。

先日行われた第77回桜花賞が、8番人気のレーヌミノル(牝3)。第77回皐月賞が、9番人気のアルアイン(牡3)と、大混戦模様が続いている今年の3歳GⅠ戦線です。

今回行われる第22回NHKマイルカップの出走メンバーを見渡してみると、良馬場の芝1600m以上の重賞レースを制した馬は、トラスト1頭のみです。トラストにしても、2歳時の第51回札幌2歳Sの勝利なので、実際には勝ち馬がいない事になります。

道悪では、2頭(キョウヘイ、ジョーストリクトリ)がマイル重賞を制していますが、8.12番人気なので全くあてにならないですね。

そんな中、人気が予想されるのは、第77回桜花賞で4.5着に突っ込んできた、カラクレナイアロリエットです。いずれも4コーナーで最後方からゴール前は鋭い脚を使い勝ち馬に迫りました。

その他では、昨年の2歳チャンピオン決定戦の第68回朝日杯フューチュリティSの2~5着馬が揃って出走してきました。モンドキャンノボンセルヴィーソミスエルテトラストです。

果たしてこの中から栄光をつかむのはどの馬なのでしょうか?それとも伏兵馬の台頭があるのでしょうか?

第22回NHKマイルカップ出馬表

2017年 5月 7日(日) 2回東京6日目 18頭 [15:40発走]

3歳・オープン・G1(定量)(牡・牝)(国際)(指定) 芝1600m (A)

馬名性齢替 騎手斤量調教師馬記号馬主生産者毛色誕生
11 モンドキャンノ牡3*ルメール57(栗)安田隆行 ユアストーリーノーザンファーム鹿毛2月 8日
12 キョウヘイ牡3 高倉稜57(栗)宮本博 瀬谷隆雄本桐牧場鹿毛4月22日
23 アウトライアーズ牡3田辺裕信57(美)小島茂之 丸山担ノーザンファーム鹿毛3月24日
24 カラクレナイ牝3 *M.デム55(栗)松下武士 吉田照哉社台ファーム栗毛4月29日
35 プラチナヴォイス牡3*石川裕紀57(栗)鮫島一歩 本間茂矢野牧場鹿毛3月10日
36 ボンセルヴィーソ牡3 松山弘平57(栗)池添学 名古屋友豊白井牧場栗毛3月 8日
47 ジョーストリクトリ牡3*武豊57(栗)清水久詞 上田けい子山際牧場鹿毛4月17日
48 タイムトリップ牡3*戸崎圭太57(美)菊川正達 中村祐子鵜木唯義黒鹿3月26日
59 タイセイスターリー牡3*北村宏司57(栗)矢作芳人 田中成奉ノーザンファーム鹿毛4月 9日
510 ディバインコード牡3*柴田善臣57(美)栗田博憲 ノルマンディーサラブレッドレーシング岡田スタツド鹿毛2月28日
611 オールザゴー牡3内田博幸57(栗)矢作芳人 サンデーレーシング社台コーポレーション白老ファーム鹿毛1月19日
612*ミスエルテ牝3 川田将雅55(栗)池江泰寿 サンデーレーシングノーザンファーム鹿毛4月 7日
713 トラスト牡3柴田大知57(栗)中村均(地)岡田繁幸中本牧場芦毛3月29日
714$リエノテソーロ牝3 吉田隼人55(美)武井亮(外)了徳寺健二Oak Bluff Stables LLC栗毛2月24日
715 レッドアンシェル牡3*福永祐一57(栗)庄野靖志 東京ホースレーシングノーザンファーム青鹿4月 9日
816 アエロリット牝3 横山典弘55(美)菊沢隆徳 サンデーレーシングノーザンファーム芦毛5月17日
817 ナイトバナレット牡3*藤岡佑介57(栗)矢作芳人 シルクレーシング社台コーポレーション白老ファーム芦毛5月11日
818 ガンサリュート牡3*池添謙一57(栗)安田隆行 キャロットファーム木村秀則黒鹿3月20日

ごりょんさん

現在の予想人気

1番人気カラクレナイ
2番人気モンドキャンノ
3番人気アエロリット
4番人気アウトライアーズ
5番人気ボンセルヴィーソ

5月5日(金)13:00現在

参照元:netkeiba.com

第22回NHKマイルカップ過去5年の傾向

ごりょんさん
第22回NHKマイルカップ過去5年の傾向を簡単にまとめました。
  • 1番人気は3-0-0-2と連対率60%
  • 15頭中6頭が単勝オッズ20倍以上と荒れるレース
  • 4番から10番で全5勝を挙げている
  • 逃げ馬が3-0-0-2と連対率60%
  • ノーザンファーム生産馬が3勝
  • 3月生まれが3勝・2着2回・3着2回
  • キャリア3戦馬が1-1-1-2と好成績
  • 乗替りは0-2-2-36(0%-5%-10%)
  • 前走同級1着馬は2勝・2着3回
  • 前走同級1番人気は3-2-1-8(21.4%-35.7%-42.9%)
  • 前走4角1番手は2-1-0-3と連対率50%
  • 前走1600m出走馬は5年で4勝
  • 皐月賞組は1-1-1-5と複勝率37.5%
  • PR: おうちでゴロゴロ副収入
ごりょんさん
東京芝1600mの重賞レースでの、2012年以降の騎手・調教師・種牡馬・穴騎手の成績です。
東京芝1600m騎手成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
横山典5-1-2-2415.6%-18.8%-25.0%
岩田4-2-2-1616.7%-25.0%-33.3%
戸崎4-2-1-2213.8%-20.7%-24.1%
4位ルメール3-5-0-425.0%-66.7%-66.7%
5位蛯名3-4-2-239.1%-21.9%-28.1%
2012年以降(最低騎乗回数5回)

東京芝1600m調教師成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
友道6-0-0-746.2%-46.2%-46.2%
藤原3-0-2-725.0%-25.0%-41.7%
2-3-1-178.7%-21.7%-26.1%
4位田中清2-1-0-1015.4%-23.1%-23.1%
5位田村2-1-0-333.3%-50.0%-50.0%
2012年以降(最低出走回数5回)

東京芝1600m種牡馬成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
ディープインパクト9-12-6-689.5%-22.1%-28.4%
クロフネ4-3-1-1616.7%-29.2%-33.3%
ダイワメジャー4-2-5-329.3%-14.0%-25.6%
4位ハーツクライ4-1-0-1718.2%-22.7%-22.7%
5位フジキセキ2-1-3-159.5%-14.3%-28.6%
2012年以降(最低出走回数5回)

東京芝1600m単勝20倍以下騎手成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
田辺2-0-1-1114.3%-14.3%-21.4%
蛯名1-2-1-126.3%-18.8%-25.0%
内田1-1-1-145.9%-11.8%-17.6%
2012年以降(最低騎乗回数5回)
PR

第22回NHKマイルカップの最終追い切りタイムと前走の調教タイム

ごりょんさん
第22回NHKマイルカップの全馬の最終調教タイムと前走時の追い切り時計です。金曜日の夕方頃に更新します。
調教コース

坂路=青色 ウッドチップ=緑色

馬名性齢調教日コースタイム
11モンドキャンノ牡35/3(水)栗W52.3-38.2-12.2
前走(スプリングS10着)栗坂53.1-38.9-12.3
2キョウヘイ牡35/3(水)栗W51.1-37.9-12.3
前走(アーリントンC7着)栗坂52.0-38.6-12.9
23アウトライアーズ牡35/3(水)美坂50.8-38.5-12.7
前走(皐月賞12着)美W67.3-50.8-37.5-12.6
4カラクレナイ牝35/3(水)栗W83.0-67.1-52.5-38.7-11.8
前走(桜花賞4着)栗W83.0-66.5-52.1-38.4-11.7
35プラチナヴォイス牡35/3(水)栗W82.4-65.7-50.8-36.9-12.3
前走(皐月賞10着)栗W82.8-66.2-52.0-38.1-11.8
6ボンセルヴィーソ牡35/3(水)栗坂55.4-40.6-13.0
前走(NZT3着)栗W83.4-67.5-52.0-38.0-11.6
47ジョーストリクトリ牡35/3(水)栗W82.1-66.5-51.7-39.6-12.0
前走(NZT1着)栗W83.2-68.1-53.0-39.5-12.4
8タイムトリップ牡35/3(水)美W80.3-65.1-50.2-36.4-12.6
前走(NZT5着)美W81.4-65.2-51.2-37.2-13.2
59タイセイスターリー牡35/3(水)栗坂52.1-38.0-12.2
前走(NZT7着)栗坂52.7-38.5-12.4
10ディバインコード牡35/3(水)美W85.3-69.2-53.3-39.0-12.2
前走(橘S1着)美W69.2-54.0-39.0-12.5
611オールザゴー牡35/3(水)栗坂52.3-38.3-13.0
前走(マーガレットS1着)栗坂56.4-40.6-12.5
12ミスエルテ牝35/3(水)栗W68.6-53.3-39.0-11.6
前走(桜花賞11着)栗W51.5-37.2-11.6
713トラスト牡35/3(水)栗W86.1-69.0-54.0-39.9-12.4
前走(皐月賞13着)栗坂55.9-40.5-12.9
14リエノテソーロ牝35/3(水)美W52.7-38.5-12.4
前走(アネモネS4着)美W56.4-40.0-13.5
15レッドアンシェル牡35/3(水)栗W51.8-38.4-11.7
前走(アーリントンC2着)栗W85.9-69.3-53.0-38.2-12.5
816アエロリット牝35/3(水)美坂53.5-38.8-12.1
前走(桜花賞5着)美坂54.0-39.5-12.8
17ナイトバナレット牡35/3(水)栗坂51.4-37.7-12.7
前走(NZT10着)栗坂52.7-37.9-12.4
18ガンサリュート牡35/3(水)栗坂53.1-38.6-12.2
前走(毎日杯7着)栗坂54.9-40.0-12.8

第22回NHKマイルカップ参考動画

こちらはスマートフォンでのみ視聴可能になります。

シンガリマケ

過去3年間のレースVTR

2016
2015
2014


ごりょんさん

シンガリマケ

スポンサーリンク

第22回NHKマイルカップ予想

シンガリマケ
過去5年間の前半-後半の時計と勝ち時計です。
前半4F後半4F勝ち時計勝ち馬
2016年 46.0 46.81.32.8メジャーエンブレム
2015年 47.2 46.31.33.5クラリティスカイ
2014年 46.6 46.61.33.2ミッキーアイル
2013年 46.1 46.61.32.7マイネルホウオウ
2012年 47.2 47.31.34.5カレンブラックヒル

◎ボンセルヴィーソ

父ダイワメジャー

3戦目で未勝利勝ちを収めてからは、重賞レースばかり出走して 2.3.2.3着と好走しています。中でも 第68回朝日杯フューチュリティS(GⅠ)では、果敢にハナを奪いゴール寸前まで逃げ粘っての3着でした。

ボンセルヴィーソのセールスポイントは、ズバリ先行脚質です。近年の重賞レースではハイペースは滅多に無いので、先行脚質の馬は好走する確率がアップしますね。今回のNHKマイルカップでは、逃げ馬の成績が過去5年で3-0-0-2と連対率60%になっています。

安定して先行できるボンセルヴィーソにとっては、今回は好条件のレースと言えます。幸いにも差し・追い込み馬に人気が集中している感じなので、緩い流れのレースになりそうです。

最終追い切りでは、坂路で単走で追われ、55.4-40.6-13.0と平凡なタイムでしたが、1週前にCWコースで6Fから追われて、82.9-67.2-51.9-37.5-11.6の速い時計を叩き出しているので、仕上がりに関しては問題ないと思われます。

鞍上の松山騎手は、先日の第77回皐月賞(GⅠ)を、9番人気の伏兵アルアインで制して勢いに乗っていますので、今回も良い流れの中でレースを迎えられそうです。

icon-exclamation-
circle
鞍上(松山)の東京芝重賞1600mの成績:0-0-0-1

(0%-0%-0%)過去5年間。

モンドキャンノ○

父キンシャサノキセキ

[Monde=世界] [Can Know=知ることが出来る] 変わった名前の馬ですね。

昨年の2歳決定戦の 第68回朝日杯フューチュリティS(GⅠ)では、4コーナー14番手から上がり最速の脚を使い2着に突っ込みました。3か月の休養明けに選んだ第66回フジテレビ賞スプリングS(GⅡ)では、4コーナーで早くも脚が上がり、勝ち馬から2.3秒差の10着と惨敗しました。休み明けが響いたのか、距離が長かったのかどちらかは分かりません。

1週前追い切りでは、CWコースで51.9-37.8-11.9で並走馬に1馬身半の先着、最終追い切りでは、3頭追いの真ん中を進みクビ差先着とマズマズの動きでした。

今回は鞍上にルメール騎手を迎えました。ルメール騎手は東京マイルの重賞で、過去5年間で3-5-0-4(25.0%-66.7%-66.7%)と脅威の成績を残しています。ダービーは距離が長いので、今回のNHKマイルカップは目一杯の仕上げで臨んでくると思います。

今回は最内枠の1番という事で、道中はロス無く進み事が出来ますね。ルメール騎手に内枠で期待が高まりました。

icon-exclamation-
circle
鞍上(ルメール)の東京芝重賞1600mの成績:3-5-0-4

(25.0%-66.7%-66.7%)過去5年間。

▲カラクレナイ

父ローエングリン

「か~ら~く~れないに染まる渡月橋♪」現在公開されている「名探偵コナン から紅の恋歌」で倉木麻衣さんが歌う主題歌の一節ですね。

前走の第77回桜花賞(GⅠ)では距離延長が嫌われて7番人気の低評価でしたが、直線では2歳女王ソウルスターリングにクビ差まで迫る4着と健闘しました。父親がローエングリンなので距離が伸びても大丈夫な事を証明しましたね。

最終追い切りでは、前走の桜花賞時と同じ様な時計でした。出来落ち等は見られないですね。オークスは距離が合わないという事で、今回は目一杯の仕上げなのでしょうか?

鞍上のデムーロ騎手は東京マイルの重賞は過去5年で1勝と、あまり相性は良くないみたいですが、ひとたびペースが速くなれば、この馬の末脚は脅威となるハズです。

icon-exclamation-
circle
鞍上(デムーロ)の東京芝重賞1600mの成績:1-0-3-8

(8.3%-8.3%-33.3%)過去5年間。

△レッドアンシェル

父マンハッタンカフェ

過去10年間の芝GⅠレースのブルードメアサイアーで、6位に当たる7勝をマークしている同馬の母父 Storm Catです。ちなみにトニービンが5位で勝利数も同じ7勝です。Storm Catといえば、ディープインパクトとの相性が抜群というのは有名ですね。

Storm Catはアメリカ生まれで、8戦4勝(GⅠ1勝)という平凡な成績で引退しました。種牡馬デビュー時は、種付け料が3万ドルでしたが、最終的には50万ドルにまで跳ね上がりました。その中でも飛び切り高額な800万ドル(約8億8千万円)で取引された馬がミスターセキグチです。どこかで聞いた名前ですね。3戦3勝で日本ダービーを制したフサイチコンコルドでお馴染みの関口房朗氏の持ち馬です。

アメリカでデビューしたミスターセキグチですが、通算4戦2勝で引退。通算獲得賞金はわずか8万ドルほどでした。日本では目立った活躍馬を輩出できなかったStorm Catですが、意外にも母父として重宝されているみたいですね。

1週前追い切り・最終追い切りでは前走時とは比べ物にならない動きを見せており、今回は好仕上がりに見えました。

icon-exclamation-
circle
鞍上(福永)の東京芝重賞1600mの成績:2-2-2-15

(9.5%-19.0%-28.6%)過去5年間。

注リエノテソーロ

父Speightstown

外国産馬ながら芝ダートを含め4連勝で全日本2歳優駿(GⅠ)を制覇しました。3か月の休養後に挑んだ中山のアネモネS(OP)では、46.6-48.1のハイペースを、8枠から外々を周りながら4着に粘りました。結果的にラスト1Fで止まってしまいましたね。

最終追い切りでは、前回のアネモネSが南Wコースで56.4-40.0-13.5の馬なり調教だったのが、今回は52.7-38.5-12.4で、やや強めに追われ並走馬に1馬身の先着でした。休み明けを1回使われてガラッと変わった感じのする追い切り内容でした。

7枠14番と外に当たりましたが、鞍上の吉田隼人騎手がどう捌いて行くのかが見物になりますね。

icon-exclamation-
circle
鞍上(吉田隼人)の東京芝重賞1600mの成績:1-0-1-4

(16.7%-16.7%-33.3%)過去5年間。


第22回NHKマイルカップ予想まとめ

◎:ボンセルヴィーソ

〇:モンドキャンノ

▲:カラクレナイ

△:レッドアンシェル

注:リエノテソーロ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. skip より:

    毎週、参考にさせて頂いております。
    今週は惜しかったですねー
    何故、ノリを切ったのか不可思議ですが、ホントに残念無念だと思います。
    G1シリーズ、楽しみにしています!

  2. ごりょんさん より:

    skipさんコメントありがとうございました。

    何故海苔さんを切ったかと言いますと、
    過去5年間で休み明け4戦目は0-0-0-9。前走4コーナー13番手以下0-0-0-12。
    これで切ってしまいました。
    クイーンSの1.33.3秒は今回のメンバーの中ではダントツ。最終追い切りは抜群だったので、1度は印を打とうかと思いましたが、海苔さんの事、後方一気に賭けるかなと思い切ってしまいました。

    今回の教訓は、馬は少々走っても疲れない・馬の脚質は騎手によって変わるという事ですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です