マイラーズカップ2017予想~データ・追い切り情報【先行有利】

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

マイラーズカップ2017予想~データ・追い切り情報

第48回読売マイラーズカップ(GⅡ)の過去5年間のデータ・最終追い切りの様子を総合してレースを予想していきたいと思います。

先週の第77回皐月賞(GⅠ)は1~3番人気が全て馬券外に消える大波乱となりました。勝ちましたアルアイン(牡3)の鞍上の松山弘平騎手は、デビュー9年目で初のGⅠ勝利となりました。

今週から競馬場が替わって、京都競馬が開催されます。2日目に行われるので、読売マイラーズカップは圧倒的に逃げ・先行馬が強いレースになります。

今回の登録馬でマイルの重賞を制している馬は4頭。

エアスピネル(牡4)デイリー杯2歳S 京都金杯
クルーガー(牡5)読売マイラーズカップ
ブラックスピネル(牡5)東京新聞杯
ヤングマンパワー(牡5)アーリントンカップ 関屋記念 富士S

実績から見れば、マイル重賞3勝のヤングマンパワー(牡5)が頭ひとつ抜けている感じがしますね。

その他にも、マイル重賞2.3着の常連も何頭か見られます。2014年の皐月賞馬のイスラボニータ(牡6)、未だに重賞未勝利の実力馬のフィエロ(牡8)などが出馬を予定しています。

スポンサーリンク

第48回読売マイラーズカップ出馬表

2017年 4月23日(日) 3回京都2日目 11頭 [15:35発走]
4歳以上・オープン・G2(別定)(国際)(指定) 芝1600m・外 (C)

馬名性齢替 騎手斤量調教師馬記号馬主生産者毛色誕生
11 サンライズメジャー牡8*松若風馬56(栗)浜田多実 松岡隆雄下河辺牧場栗毛4月 6日
22 アクションスター牡7*佐藤友則56(栗)音無秀孝 福井明社台コーポレーション白老ファーム栗毛4月21日
33 フィエロ牡8*福永祐一56(栗)藤原英昭 金子真人ホールディングス社台ファーム青鹿3月14日
44 エアスピネル牡4 武豊56(栗)笹田和秀 ラッキーフィールド社台ファーム栗毛2月10日
55$ダッシングブレイズ牡5*浜中俊56(栗)吉村圭司(外)グリーンフィールズKenneth L. Ramsey & Sarah K. Ramsey栗毛4月13日
66 ヤングマンパワー牡5*松岡正海56(美)手塚貴久 星野壽市ノーザンファーム黒鹿4月14日
67 プロディガルサン牡4*川田将雅56(美)国枝栄 金子真人ホールディングスノーザンファーム鹿毛2月22日
78 ブラックスピネル牡4 M.デム56(栗)音無秀孝 サンデーレーシングノーザンファーム黒鹿2月14日
79 クルーガー牡5 松山弘平57(栗)高野友和 キャロットファームノーザンファーム黒鹿4月26日
810 シェルビー牡8*四位洋文56(栗)笹田和秀 杉岡時治二風谷ファーム栗毛4月16日
811 イスラボニータ牡6 ルメール57(美)栗田博憲 社台レースホース社台コーポレーション白老ファーム黒鹿5月21日
ごりょんさん

現在の予想人気

1番人気エアスピネル
2番人気イスラボニータ
3番人気ブラックスピネル
4番人気プロディガルサン
5番人気フィエロ

4月21日(金)13:00現在

参照元:netkeiba.com

第48回読売マイラーズカップ過去5年の傾向

ごりょんさん
第48回読売マイラーズカップの過去5年の傾向を簡単にまとめました。
  • 1番人気0-1-1-3、2番人気0-0-1-4と不振
  • 3番人気が3-0-1-1と勝率60%
  • 関東馬は0-0-0-13
  • 斤量57キロが1-1-0-3と連対率40%
  • 逃げ馬が1-1-0-3と好成績。先行馬も2-0-2-12と2勝を挙げる
  • ディープインパクト産駒は1-3-3-11(5.6%-22.2%-38.9%)
  • キャリア6~10戦は2-1-0-4と連対率42.9%
  • 継続騎乗は1-0-0-26と不振
  • 前走国内GⅠ組は0-0-0-8
  • PR: おうちでゴロゴロ副収入
ごりょんさん
京都芝1600m外回りコースの、2012年以降の騎手・調教師・種牡馬・穴騎手の成績です。
京都芝1600m(外)騎手成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
 浜中7-1-0-1925.9%-29.6%-29.6%
 武豊5-2-2-1421.7%-30.4%-39.1%
 ルメール3-1-1-1316.7%-22.2%-27.8%
4位 岩田2-3-1-207.7%-19.2%-23.1%
5位 池添2-2-0-1610.0%-20.0%-20.0%
2012年以降(最低騎乗回数5回)

京都芝1600m(外)調教師成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
 大久保龍3-3-2-425.0%-50.0%-66.7%
 西園3-0-2-1020.0%-20.0%-33.3%
 藤原2-4-2-812.5%-37.5%-50.0%
4位 石坂2-1-1-425.0%-37.5%-50.0%
5位 宮本2-1-1-233.3%-50.0%-66.7%
2012年以降(最低出走回数5回)

京都芝1600m(外)種牡馬成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
ディープインパクト10-10-7-5112.8%-25.6%-34.6%
キングカメハメハ4-1-3-2910.8%-13.5%-21.6%
ブラックタイド2-0-0-625.0%-25.0%-25.0%
4位スペシャルウィーク1-2-0-98.3%-25.0%-25.0%
5位フジキセキ1-1-2-165.0%-10.0%-20.0%
2012年以降(最低出走回数5回)

京都芝1600m(外)単勝20倍以下騎手成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
 浜中1-1-0-711.1%-22.2%-22.2%
 高倉1-0-1-612.5%-12.5%-25.0%
 川須1-0-0-712.5%-12.5%-12.5%
2012年以降(最低騎乗回数5回)

浜中騎手が活躍しています。今回騎乗予定のダッシングブレイズ(牡5)は要注意ですね。

PR

第48回読売マイラーズカップの最終追い切りタイムと前走の調教タイム

ごりょんさん
第48回読売マイラーズカップの全馬の最終調教タイムと前走時の追い切り時計です。
調教コース

坂路=青色 ウッドチップ=緑色

馬名性齢調教日コースタイム
11サンライズメジャー牡84/19(水)栗坂57.5-41.9-13.1
前走(ダービー卿CT14着)栗坂56.6-41.0-12.3
22アクションスター牡74/19(水)栗坂53.3-39.1-13.2
前走(六甲S6着)栗坂51.7-37.8-12.9
33フィエロ牡84/20(木)栗坂52.0-37.8-13.0
前走(高松宮記念5着)栗坂53.0-37.9-12.1
44エアスピネル牡44/19(水)栗坂52.2-38.2-12.3
前走(東京新聞杯3着)栗坂54.1-40.0-12.5
55ダッシングブレイズ牡54/19(水)栗W83.9-67.4-52.0-38.2-12.1
前走(洛陽S1着)栗坂54.1-38.8-12.1
66ヤングマンパワー牡54/19(水)美坂54.4-39.7-12.1
前走(東京新聞杯6着)美坂52.2-37.7-11.9
7プロディガルサン牡44/19(水)美W67.9-53.6-39.4-13.5
前走(金鯱賞7着)美W67.2-52.0-38.1-12.3
78ブラックスピネル牡44/19(水)栗坂51.4-37.9-12.8
前走(東京新聞杯1着)栗坂49.8-36.9-12.5
9クルーガー牡54/19(水)栗坂53.2-38.9-12.5
前走(マイラーズC1着)栗坂54.2-39.5-12.6
810シェルビー牡84/19(水)栗坂53.9-39.6-13.5
前走(ダービー卿CT15着)栗坂53.6-39.1-12.5
11イスラボニータ牡64/19(水)美W68.2-52.7-38.2-12.5
前走(阪神カップ2着)美W68.8-53.5-38.3-12.2

第48回読売マイラーズカップ参考動画

こちらはスマートフォンでのみ視聴可能になります。

シンガリマケ

過去3年間のレースVTR

2016
2015
2014



シンガリマケ

スポンサーリンク

第48回読売マイラーズカップ予想

シンガリマケ
過去5年間の前半-後半の時計と勝ち時計です。
前半4F後半4F勝ち時計勝ち馬
2016年 46.2 46.41.32.6クルーガー(牡4)
2015年 47.7 44.91.32.6レッドアリオン(牡5)
2014年 46.6 44.81.31.4ワールドエース(牡5)
2013年 45.8 46.81.32.6グランプリボス(牡5)
2012年 46.2 47.01.33.2(稍)シルポート(牡7)

◎エアスピネル

父キングカメハメハ

キングカメハメハ産駒は今まで芝の重賞レースを81勝しています。その内 父キングカメハメハ×母父サンデーサイレンスの配合は、27勝と3分の1を占めています。2位のダンスインザダークが9勝なので、圧倒的な多さです。ひと昔前は、サンデーサイレンスの牝馬が多かったので、非サンデー系のキングカメハメハはサンデーサイレンスの牝馬にベストマッチな配合でした。

今回1番人気が濃厚なエアスピネル(牡4)もキンカメ×サンデーの黄金配合です。お母さんが2005年の秋華賞(GⅠ)を勝ったエアメサイアです。お祖母さんのエアデジャヴーの兄弟に皐月賞・菊花賞を制しながら、ダービーはハナ差の2着だったエアシャカールがいる良血馬ですね。

出走全10戦中、1800m以下では3-1-1-0とすべて馬券になっています。前走の第67回東京新聞杯(GⅢ)だけが3着ですが、東京遠征ということで力を発揮できなかったのかもしれないですね。

最終追い切りでは、坂路で一杯に追われて 52.2-38.2-12.3の時計でした。最後1Fは追い通しでようやく併入だったので、本調子ではない感じに見受けられました。

しかし56キロで出走できる今回の第48回読売マイラーズカップ(GⅡ)は、連軸としてはこの馬が最適の気がしますね。

icon-exclamation-
circle
鞍上(武豊)の京都芝(外)重賞1600mの成績:5-2-2-14

(21.7%-30.4%-39.1%)過去5年間。

○イスラボニータ

父フジキセキ

2014年の皐月賞馬のイスラボニータさんも6歳になりました。ベテランの域に達しましたね。1400mから2400mまで幅広く出走していますが、最も勝率が良いのが1800mで3-0-1-2です。今回の距離1600mでは1-3-1-1と2着が多くなっていますね。

今回は3か月半の休み明けになります。この馬の鉄砲成績は2-2-1-2ですが、古馬になってからは、0-1-1-2とあまり成績を残せていません。

最終追い切りでは、並走馬を最後の最後、ゴール付近で交わしました。過去の休み明けの中では、今回は動けたように見えました。

今回は残念ながら大外の11番枠を引いてしまいましたが、小頭数なので全く問題ないですね。ルメール騎手の先行は非常に成績が良いので、今回も期待が持てます。

icon-exclamation-
circle
鞍上(ルメール)の京都芝(外)重賞1600mの成績:3-1-1-13

(16.7%-22.2%-27.8%)過去5年間。

▲ダッシングブレイズ

父Kitten’s Joy

1000万-1600万-OP特別と破竹の3連勝で臨んだ第66回東京新聞杯(GⅢ)では、1番人気に推されながら最後の直線で内ラチにぶつかってしまい競争中止でした。それから重賞ばかり使われて、6.4.10着とイマイチの成績しか残せませんでした。

前走は半年ぶりを使われて、洛陽S(OP)を楽勝しました。やはりOP特別では力が1枚上でした。今回は京都外回りの鬼、浜中騎手とのコンビが復活します。過去5年間で重賞を7勝挙げている得意なコースなので、頼もしいですね。

お父さんのKitten’s Joy(キトゥンズジョイ)はアメリカ産で、セクレタリアトSとターフクラシック招待ステークスの2つのGⅠを制しています。日本での活躍馬は、ほぼダッシングブレイズ1頭だけです。あまり良血とはいえない気がしますが、何とか1発を期待します。

icon-exclamation-
circle
鞍上(浜中)の京都芝(外)重賞1600mの成績:7-1-0-19

(25.9%-29.6%-29.6%)過去5年間。

△ブラックスピネル

父タニノギムレット

今回1番人気が濃厚なエアスピネル(牡4)とは、年明けの第55回スポーツニッポン賞京都金杯(GⅢ)では斤量差1.5キロでハナ差負けでした。前走の第67回東京新聞杯(GⅢ)は、斤量が1キロ差に縮まるも0.1秒差で逆転しました。前半4Fを49.8秒という超スローペースに助けられた感じのあるレース内容でした。

今回は初めてエアスピネル(牡4)と斤量が同じになるので、この辺が課題になります。

最終追い切りでは、坂路で1杯に追われてラス路1Fが12.8秒もかかりました。最後はムチを入れられて何だか重たそうな走りに見えました。

7枠8番という枠からも、今回はすんなり先行という訳にはいかなくなりそうなので、そのあたりを鞍上のデムーロ騎手がどうするかですね。しかし、デムーロ騎手はこのコースはあまり成績が良くありませんね。

この馬の場合はあまり切れる脚が無いので、基本的には前走のように逃げるのがベストかと思われます。

icon-exclamation-
circle
鞍上(デムーロ)の京都芝(外)重賞1600mの成績:0-2-1-5

(0%-25.0%-.37.5%)過去5年間。

注クルーガー

父キングカメハメハ

昨年の勝ち馬になります。更にレースに出走するのも、昨年のマイラーズカップ以来なので、1年ぶりの出走ですね。

最終追い切りでは、単走で 53.2-38.9-12.5とまずまずの走りでした。後は 1年間のブランクがどう出るかだけですね。

この馬の母の父を調べてみるとDiktat(ディクタット)でした。どこかで聞いた名前だと思ったら、日本でも走っていた馬でした。2000年の京王杯スプリングC(GⅡ)で6着に敗れましたが、本番の安田記念(GⅠ)では2着と活躍しました。そういう意味では、クルーガーが初距離のマイル重賞をあっさり制覇したのもうなずけます。

先週の第77回皐月賞(GⅠ)を制した松山騎手と、1番人気で7着に敗れたファンディーナを管理する高野調教師という、何とも皮肉なコンビでの出走となりました。さすがに1年間のブランクは大きいと思いますが、何とか無事に走り切って欲しいです。

icon-exclamation-
circle
鞍上(松山)の京都芝(外)重賞1600mの成績:1-1-0-13

(6.7%-13.3%-13.3%)過去5年間。

第48回読売マイラーズカップ予想まとめ

◎:エアスピネル

〇:イスラボニータ

▲:ダッシングブレイズ

△:ブラックスピネル

注:クルーガー

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です