【マーメイドステークス2017予想】データ・追い切り・枠順など~今年は53キロ馬出走なし

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!

【マーメイドステークス2017予想】データ・追い切り・枠順など

第22回マーメイドステークスの過去5年間のデータや、調教の様子を総合してレースを予想していきます。

第47回高松宮記念から続いた春のGⅠシリーズも、残すは6月25日に行われる第58回宝塚記念だけとなりました。来月の7月からは北海道シリーズが開催され、いよいよ夏競馬が開幕しますね。

今週行われるのは、牝馬のハンデ重賞競走の 第22回マーメイドステークス(GⅢ) が行われます

人気が予想されるのは、父キングカメハメハで母トゥザヴィクトリーの超良血馬トーセンビクトリー(牝5)。前々走で第54回愛知杯(GⅢ)を制したマキシマムドパリ(牝5)。重賞3戦連続3着で、もう何とかしたい関東馬のクインズミラーグロ(牝5)など。

最軽量49キロからトップハンデ56キロまで、実にハンデキャップ差が7キロという予想するのが困難なレースになります。

第22回マーメイドステークス出馬表

2017年 6月11日(日)3回阪神4日目 12頭 [15:35発走]

3歳以上・オープン・G3(ハンデ)(牝)(国際)(特指) 芝2000m・内 (A)

[*]は乗替

馬名性齢替 騎手斤量調教師馬主生産者毛色誕生
11 アースライズ牝5 *中谷雄太54(栗)矢作芳人吉田勝己ノーザンファーム青鹿2月 7日
22 バンゴール牝5 *荻野極51(美)尾関知人サンデーレーシングノーザンファーム鹿毛2月 1日
33 プリメラアスール牝5 *酒井学51(栗)鈴木孝志アスール石川栄一黒鹿3月10日
44 クインズミラーグロ牝5 *幸英明54(美)和田正道クイーンズ・ランチ富田牧場黒鹿3月25日
55 トーセンビクトリー牝5 武豊56(栗)角居勝彦島川隆哉ノーザンファーム鹿毛4月23日
56 キンショーユキヒメ牝4 *秋山真一51(栗)中村均礒野日出夫社台ファーム芦毛5月22日
67 リーサルウェポン牝6 *高倉稜49(美)武市康男Him Rock Racingタバタファーム鹿毛5月29日
68 ローズウィスパー牝4 北村友一51(栗)池添学シルクレーシングノーザンファーム鹿毛3月17日
79 ハツガツオ牝6 *田中健49(美)石栗龍彦江川伸夫川上牧場鹿毛3月 2日
710 マキシマムドパリ牝5 *藤岡佑介55(栗)松元茂樹グリーンファーム社台ファーム芦毛2月 1日
811 ビッシュ牝4 *福永祐一55(美)鹿戸雄一窪田芳郎ノーザンファーム鹿毛1月16日
812 ショウナンバーキン牝7 *松若風馬50(栗)中村均国本哲秀静内フアーム青毛1月21日
ごりょんさん

現在の予想人気

1番人気トーセンビクトリー
2番人気クインズミラーグロ
3番人気マキシマムドパリ
4番人気ビッシュ
5番人気アースライズ

6月9日(金)13:00現在

参照元:netkeiba.com

第22回マーメイドステークス過去5年の傾向

ごりょんさん
第22回マーメイドステークスの過去5年の傾向を簡単にまとめました。

icon-check-square-o1番人気は2-1-1-1(40.0%-60.0%-80.0%)

1番人気はかなり信頼性が高いです。単回値・複回値も112円・120円と100円を上回っています。

icon-check-square-o6.7.8番人気で3勝を挙げる

単勝オッズ1,080円・1,560円・1,240円でそれぞれ3勝を挙げています。

icon-check-square-o騎手・調教師は関西勢が圧倒

騎手成績も調教師成績も、関西勢が圧塔的に多いです。しかし、連対率ではあまり差はありません。逆に美浦騎手の複勝率は42.9%と高くなっています。

icon-check-square-o4.5歳は互角。6歳以上は勝ち星なし

4歳馬2勝1着1回3着2回、5歳馬3勝2着3回3着2回という成績です。勝率・連対率ともにほぼ互角です。6歳以上はやや分が悪いですね。

icon-check-square-o斤量53キロ馬が4勝

53キロを背負う馬は4-1-1-12(22.2%-27.8%-33.3%)と好成績を残しています。

icon-check-square-o7・8枠で3勝

7・8枠の12・13・14番でそれぞれ1勝ずつを挙げています。外枠でも問題なしです。

icon-check-square-o差し馬の成績が良い

ハンデ戦で逃げや先行馬が有利な感じに見えますが、差し・追い込みでも届きます。なお、逃げ馬は0-1-0-4と連対率ではトップです。

icon-check-square-o社台系生産馬の独断場

ノーザンファームが4-1-1-15(19.0%-23.6%-28.6%)、社台ファームが1-2-0-9(8.3%-25.0%-25.0%)と10連対中8連対を占めています。なお、3着馬は社台系以外で3頭馬券に絡んでいます。

icon-check-
square-o
ディープインパクト産駒は好連対率を残す

ディープインパクト産駒は2-1-0-1(50.0%-75.0%-75.0%)と驚異の連対率を上げています。今年はビッシュ(牝4)、リーサルウェポン(牝6)の2頭が出走を予定しています。

icon-check-
square-o
キャリア6~10戦馬は複勝率50%

キャリア6~10戦馬は2-1-1-4(25.0%-37.5%-50.0%)とかなりの好成績を挙げています。今年はビッシュ(牝4)ただ1頭です。

icon-check-
square-o
前走で上がり3ハロン1位馬は連対率37.5%

前走で上がり3ハロンが最速だった馬は、1-2-1-4(12.5%-37.5%-50.0%)と好走しています。アースライズ(牝5)、クインズミラーグロ(牝5)の2頭が該当します。

icon-check-
square-o
前走から斤量が2~2.5キロ減る馬が4勝

前走から斤量が2~2.5キロ減の馬は4-0-0-8(33.3%-33.3%-33.3%)と4勝しています。キンショーユキヒメ(牝4)、ハツガツオ(牝6)、プリメラアスール(牝5)が該当します。しかし、勝ち馬4頭の斤量は全て53キロなので、今年の該当馬は無しですね。

icon-check-
square-o
前走は下級条件出走馬が大半を占める

連対馬10頭中、8頭までが前走で1000万・1600万の条件戦を走っていました。前走重賞からの参戦は0-0-3-17(0.0%-0.0%-15%)と連対なしです。

icon-check-
square-o
前走パールS組が3勝

前走でパールSに出走していた馬は3-1-1-12(17.6%-23.5%-29.4%)と3勝を挙げています。バンゴール(牝5)、ローズウィスパー(牝4)、ショウナンバーキン(牝7)、ハツガツオ(牝6)の4頭が該当します。

PR おうちでゴロゴロ副収入

阪神2000m重賞レースでの騎手・調教師・種牡馬の成績

ごりょんさん
阪神コース芝2000mの2012年以降の重賞レースでの騎手・調教師・種牡馬の成績です。
阪神芝2000m騎手成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
武豊4-2-1-728.6%-42.9%-50.0%
川田将雅2-1-0-1015.4%-23.1%-23.1%
福永祐一2-0-1-720.0%-20.0%-30.0%
4位藤岡康太2-0-0-250.0%-50.0%-50.0%
5位C.ルメール2-0-0-433.3%-33.3%-33.3%
2012年以降(最低騎乗回数5回)

阪神芝2000m調教師成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
池江泰寿5-0-3-345.5%-45.5%-72.7%
角居勝彦5-0-2-638.5%-38.5%-53.8%
清水久詞2-1-0-333.3%-50.0%-50.0%
4位梅田智之1-2-0-220.0%-60.0%-60.0%
5位石坂正1-2-0-512.5%-37.5%-37.5%
2012年以降(最低出走回数5回)

阪神芝2000m種牡馬成績
順位騎手成績勝率連対率複勝率
ディープインパクト6-5-5-1817.6%-32.4%-47.1%
キングカメハメハ3-0-2-1912.5%-12.5%-20.8%
ステイゴールド2-1-1-915.4%-23.1%-30.8%
4位マンハッタンカフェ1-4-0-97.1%-35.7%-35.7%
5位ゼンノロブロイ1-2-1-88.3%-25.0%-33.3%
2012年以降(最低出走回数5回)

第22回マーメイドステークスの最終追い切りタイムと前走の調教タイム

ごりょんさん
第22回マーメイドステークスの全馬の最終調教タイムと前走時の追い切り時計です。金曜日の夕方頃に更新します。
調教コース

坂路=青色 ウッドチップ=緑色

1
1
アースライズ
牝5
調教日6/7(水)栗坂
53.0-37.3-12.1
前走賢島特別1着栗坂
54.3-39.0-12.7
2
2
バンゴール
牝5
調教日6/7(水)美W
70.2-53.5-38.8-12.6
前走パールS4着美W
53.5-38.9-13.2
3
3
プリメラアスール
牝5
調教日6/7(水)栗W
79.4-64.8-51.1-38.4-12.3
前走下鴨S7着栗W
79.3-63.9-50.3-37.3-12.2
4
4
クインズミラーグロ
牝5
調教日6/7(水)美P
68.0-52.2-37.7-11.8
前走福島牝馬S3着美P
66.8-51.2-36.9-11.7
5
5
トーセンビクトリー
牝5
調教日6/7(水)栗W
81.0-65.0-50.3-36.5-11.8
前走阪神牝馬S6着栗坂
53.2-38.8-13.0
5
6
キンショーユキヒメ
牝4
調教日6/7(水)栗W
85.2-69.2-53.7-38.8-11.6
前走烏丸S7着栗W
81.1-65.9-51.6-38.7-12.2
6
7
リーサルウェポン
牝6
調教日6/7(水)美P
67.3-51.6-37.3-11.6
前走ヴィクトリアマイル16着美坂
54.5-39.9-13.3
6
8
ローズウィスパー
牝4
調教日6/7(水)美W
81.0-65.2-50.6-37.4-12.1
前走パールS7着栗W
84.6-67.9-53.0-39.1-12.8
7
9
ハツガツオ
牝6
調教日6/7(水)美W
71.0-55.0-41.0-13.5
前走むらさき賞11着美W
71.3-56.1-41.3-12.9
7
10
マキシマムドパリ
牝5
調教日6/7(水)栗坂
54.5-38.6-11.8
前走大阪城S13着栗坂
53.8-38.4-12.1
8
11
ビッシュ
牝4
調教日6/7(水)美坂
53.6-39.7-12.5
前走中山牝馬S10着美W
65.5-51.0-38.2-13.7
8
12
ショウナンバーキン
牝7
調教日6/7(水)栗坂
54.0-38.6-12.0
前走パールS9着栗坂
54.1-39.3-12.3

第22回マーメイドステークス参考動画

こちらはスマートフォンでのみ視聴可能になります。

シンガリマケ

過去3年間のレースVTR

2016
2015
2014


ごりょんさん

シンガリマケ

スポンサーリンク

シンガリマケ
過去5年間の前半-後半の時計と勝ち時計です。
前半5F後半5F勝ち時計勝ち馬
2016年 59.6 59.71.59.3リラヴァティ(牝5)
2015年 61.5 59.02.00.5シャトーブランシュ(牝5)
2014年 60.3 59.11.59.4ディアデラマドレ(牝4)
2013年 60.6 58.81.59.4マルセリーナ(牝5)
2012年 59.7 60.21.59.9グルヴェイグ(4)

第22回マーメイドステークス予想

ごりょんさん
第22回マーメイドステークス(GⅢ)の予想です

◎プリメラアスール

父スペシャルウィーク

阪神コースの成績は2-1-1-3です。1600万下までしか走っていませんが、なかなかの成績を残しています。阪神2000では、昨年2.00.0の持ち時計があります。出走馬中でショウナンバーキンと並んでNo.1の時計ですね。

今回は確実に単騎の逃げに持ち込めると思うので、逃げさせればしぶとい鞍上の酒井騎手とのコンビは良い方に出るかもしれないですね。

最終追い切りでは、前走時と同じ様な時計の追い切りになりました。調子自体は平行線といったところでしょうか。

同馬の父スペシャルウィークの産駒は阪神2000mに強く、リーチザクラウンやインティライミが活躍しました。この馬自身も昨年の第41回エリザベス

女王杯(GⅠ)で5着に逃げ粘る好走を見せています。そこから斤量が5キロも減るので、マイペースで逃げれば止まら米可能性もありますね。

この馬の場合、どこまで逃げ粘れるかがカギになるので、鞍上の1発を期待したいです。

icon-exclamation-
circle
鞍上(酒井)の阪神芝重賞2000mの成績:0-0-2-2

(0.0%-0.0%-50.0%)過去5年間。

〇クインズミラーグロ

父マンハッタンカフェ

3戦連続で重賞3着止まりの成績が続いています。特に前走の第14回福島牝馬S(GⅢ)では、今年の第12回ヴィクトリアマイル(GⅠ)2着馬のデンコウアンジュ(牝4)に先着しています。

今回のメンバーでは勝っておかしくない実績馬ですが、この馬は馬体重の変動が激しいところがやや不安点ですね。近10走中で実に7回の二けた馬体重の増減がありました。前回の阪神遠征時は馬体重がマイナス12キロだったので、輸送に弱い体質なのかもしれないですね。

最終追い切りでは、前走時よりも全体の時計が1.2秒遅かったです。今回が休み明け9戦目になるので、よく言って平行線といった所でしょうか?

前走は重賞で1番人気に推されていたので、今回は巻き返しがあるのか?それとも叩き9戦目で疲れが出る頃なのか測りかねませんが、当日の馬体重には気を付けておきたいですね。450キロを割るようなら心配かもしれません。

icon-exclamation-
circle
鞍上(幸)の阪神芝重賞2000mの成績:0-0-1-9

(0.0%-0.0%-10%)過去5年間。

▲アースライズ

父マンハッタンカフェ

昨年も中谷騎手とのコンビで出走して3番人気で9着に敗れています。以来約1年ぶりのコンビ復活です。前走は約1年ぶりの出走でしたが、さすがに1000万下では役者が違いました。今回は3か月ぶりの出走となりますが、最終追い切りでは、ラスト1ハロンが12.1秒と切れました。

マーメイドステークスは斤量53キロ馬が毎年強いレースですが、今年は該当馬なしです。という事は、1キロ重い54キロを背負うこの馬が最大のチャンスではないでしょうか。1000万下を勝ったばかりなのに54キロは見込まれ過ぎな気がしますが、3歳牝馬3冠レースで8,4,5着の成績を残しているので、妥当な斤量と言えます。

アースライズのお母さんのライジングクロスはイギリス産で、現役時代は英オークス(GⅠ)2着、愛オークス(GⅠ)3着の実績馬でした。なかなかの良血馬ですね。

今回は55.56キロの馬に人気が集まりそうですが、1キロのハンデを活かして何とか2着以内に入り賞金を加算したいですね。なお、鞍上の中谷騎手は重賞レースで通算 0-0-2-37(0.0%-0.0%-5.1%)の成績です。

icon-exclamation-
circle
鞍上(中谷)の阪神芝重賞2000mの成績:0-0-0-2

(0.0%-0.0%-0.0%)過去5年間。

△バンゴール

父キングカメハメハ

母の兄妹に2010年のジャパンカップ(GⅠ)を制したローズキングダムがいる血統、「ロゼ」「ローズ」「ローザ」いわゆるバラ一族出身の同馬です。

これまで重賞レースは、3歳時の第50回フローラS(GⅡ)に1度出走しただけです。その時は勝ち馬から0.3秒差の6着に敗れました。その後は条件戦をひたすら歩んで行くわけですが、前走のパールS(1600万下)では、直線後方から追い込むも差し届かずの4着でした。

今回は各上挑戦になりますが、斤量が前走から4キロ減の51キロで出走出来る事になるので、これはたいへん有利ですね。

最終追い切りでは、南Wコースのラチ沿いを、馬なりながらラスト1ハロン12.6秒のなかなか良い時計で走り抜けました。調子自体は良さそうな感じに見えました。

今回は主戦を務めていたC.ルメール騎手が海外出張なので、2年目の若手騎手の荻野極騎手にチェンジします。過去に重賞レースは1戦のみ(17番人気16着)なので、経験不測の点で不安なところはありますね。

しかし今回は12頭立てで、比較的レースし易い状況なので、あまり難しく考えずに積極的に騎乗してもらいたいですね。

icon-exclamation-
circle
鞍上(荻野極)の阪神芝重賞2000mの成績:0-0-0-0

(0.0%-0.0%-0.0%)過去5年間。

注トーセンビクトリー

父キングカメハメハ

過去10年間の3歳以上の牝馬限定戦の重賞レースの56キロで出走した馬の成績を調べてみました。4-3-3-23(12.1%-21.2%-30.3%)とまずまずの成績でした。

更に、ここから1番人気に絞り込むと、2-1-0-4(28.6%-42.9%-42.9%)と確率が上がります。連対率42.9%なら軸にしても良いと思いますが、着外4回は全てマーメイドステークスです。

馬券になった馬も、ブロードストリート・ディアデラマドレ・マジックタイムと、いずれも過去のGⅠで好走した馬ばかりです。56キロの斤量も経験済みでした。これらと比較すると、トーセンビクトリーはGⅠレースでは秋華賞の8着が最高です。斤量も55キロまでしか背負った事がなく、不安点だらけです。

しかし、今回のマーメイドステークスのコース、阪神内回り2000mでは、過去5年間で、鞍上の武豊騎手が4-2-1-7(28.6%-42.9%-50.0%)で、同馬を管理する角居勝彦は5-0-2-6(38.5%-38.5%-53.8%)のとんでもない成績を残しているので、さすがに馬券圏内からは外せませんね。

icon-exclamation-
circle
鞍上(武豊)の阪神芝重賞2000mの成績:4-2-1-7

(28.6%-42.9%-50.0%)過去5年間。

PR

第22回マーメイドステークス予想まとめ

◎:プリメラアスール

〇:クインズミラーグロ

▲:アースライズ

△:バンゴール

注:トーセンビクトリー

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です