ヴィクトリアマイル2016予想~ショウナンパンドラはマイル戦に対応できるのか?

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

どうも、ごりょんさんです。

5月15日の日曜日に東京競馬場で行われますGⅠレース

第11回ヴィクトリアマイル

を予想します。

人気になっていますのは、昨年のジャパンカップで対戦しまして、1着と8着の成績でした、ショウナンパンドラミッキークイーンです。

スポンサーリンク

第11回ヴィクトリアマイル予想

2016年 5月15日(日) 2回東京8日目 18頭 [15:40発走]

4歳以上・オープン・G1(定量)(牝)(国際)(指定) 芝1600m (B)

馬名S性齢斤量替 騎手調教師
11ウインプリメーラ牝6 55 川田将雅(栗)大久保龍
12牝6 55*武豊(栗)大久保龍
23シャルール牝4 55横山典弘(栗)松永幹夫
24ウリウリ牝6 55*三浦皇成(栗)藤原英昭
B35レッドリヴェール牝5 55*石川裕紀(栗)須貝尚介
36マジックタイム牝5 55*ボウマン(美)中川公成
47ルージュバック牝4 55*ルメール(美)大竹正博
48メイショウマンボ牝6 55 武幸四郎(栗)飯田祐史
B59カフェブリリアント牝6 55 福永祐一(美)堀宣行
510ミッキークイーン牝4 55*浜中俊(栗)池江泰寿
611レッツゴードンキ牝4 55 岩田康誠(栗)梅田智之
612クイーンズリング牝4 55 M.デム(栗)吉村圭司
713ストレイトガール牝7 55戸崎圭太(栗)藤原英昭
714ウキヨノカゼ牝6 55 四位洋文(美)菊沢隆徳
715ショウナンパンドラ牝5 55 池添謙一(栗)高野友和
816シュンドルボン牝5 55吉田豊(美)矢野英一
817トーセンビクトリー牝4 55*内田博幸(栗)角居勝彦
818ショウナンアデラ牝4 55蛯名正義(美)二ノ宮敬

コース解説
東京芝1600m。

スタート地点は向正面右手の奥付近。コーナーが2つしかない単純なコース。最初にカーブのあるの3コーナまでは直線で約542m(Aコース時)走る。3コーナー手前から緩い上り、3~4コーナーにかけて下りになっている。最後の直線(525.9m)に入ると、高低差2.1mのこう配が待ち構えている。

現在の人気

1番人気:ショウナンパンドラ
2番人気:ミッキークイーン
3番人気:スマートレイアー

5月14日(土)10:30現在。参照元:netkeiba.com

◎ショウナンパンドラ

父ディープインパクト

500万勝ち→OP特別2着→秋華賞勝ち という離れ業でオープンまで上り詰めました。

昨年の当レースで8着に敗れてからメキメキ頭角を現しまして、宝塚記念3着、天皇賞秋4着、JC優勝と古馬の頂点に立ちました。

今年は大阪杯から始動しまして、斤量が同じ56キロのアンビシャスの3着に。2着が後の天皇賞馬キタサンブラック、4着がラブリーデイ、5着がイスラボニータという豪華なメンバーの中での好走でした。

今回は距離実績のない1600mですが、JCの優勝馬が牝馬限定戦で負ける訳にはいきませんので、レベルの違いを見せつけると思われます。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の東京芝重賞1600mの成績:1-1-0-11(7.7%-15.4%-15.4%)

○ミッキークイーン

父ディープインパクト

昨年のオークス秋華賞の2冠馬です。

昨年のJCでは◎ショウナンパンドラから0.3差の8着に敗れました。

しかし5着のサウンズオブアースとはタイム差がありませんので、大健闘と言えます。

最終追い切りでも並走馬を楽に交わして行きまして、好調そのものです。

牝馬限定戦では全て馬券内に来ていますので、ここでも好勝負する可能性大ですね。

心配なのは屋根の浜中騎手の状態ですね。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の東京芝重賞1600mの成績:2-2-1-11(12.5%-25.0%-31.3%)

▲スマートレイアー

父ディープインパクト

重賞3勝、当レースは2回挑戦して10.8着と完敗の形ですが、最近は好位でレースを進めて行く様になって、成績が安定してきました。

特にここ2戦は連続の逃げ切り勝ちと、すっかり逃げが板について来ました。

今回は、レッツゴードンキくらいしか行く馬が見当たりませんので、展開が向く可能性大かと。

鞍上の武豊騎手が過去5年間で0-0-0-17と東京マイルの重賞成績が悪いのが気になる所ですが、馬自体は絶好調ではないでしょうか。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の東京芝重賞1600mの成績:0-0-0-17(0%-0%-0%)

△ストレイトガール

父フジキセキ

一昨年3着、昨年の優勝馬です。

昨秋のスプリンターズSの勝ち馬でもあります。

その後、香港遠征で9着(ミッキーアイルに0.1差)と敗れて4か月ぶりの前走阪神牝馬Sを叩かれて、今回も3年連続の挑戦になりました。

最終追い切りでも素軽い動きを見せており、状態は良さそうですね。

前走の大敗で一気に人気を落としましたが、ぜひ押さえておきたい1頭です。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の東京芝重賞1600mの成績3-2-0-20(12.0%-20%-20%)

注ウインプリメーラ

父ウインプリメーラ

2013年の桜花賞以来のGⅠ挑戦になります。

昨年の夏に1600万を卒業してからは、重賞で牡馬と互角に戦ってメキメキと力を付けてきました。

今年は金杯を勝利して牝馬限定戦を連続3着しての挑戦になります。

最終追い切りでも、坂路でラスト1F12.4と素晴らしい伸びを見せました。

絶好の1番枠を引きましたので、内でロスなく立ち回れますね。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の東京芝重賞1600mの成績:1-0-1-9(9.1%-9.1%-18.2%)

その他の騎手の芝重賞00mの成績(過去5年間)。

横山典弘 5-0-2-25(15.6%-15.6%-21.9%)
蛯名正義 4-4-1-23(12.5%-25.0%-28.1%)
岩田康誠 4-3-2-16(16%-28%-36%)


人気ブログランキング

今回のデータは役に立ったと

思われた方、よければクリック

よろしくお願いします。

第11回ヴィクトリアマイル予想まとめ

◎:ショウナンパンドラ
〇:ミッキークイーン
▲:スマートレイアー
△:ストレイトガール
注:ウインプリメーラ

➔第11回ヴィクトリアマイル傾向
➔第11回ヴィクトリアマイル調教診断

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です