【GⅠ組vs新興勢力】チューリップ賞2016年を徹底予想!

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!

3月3日の菜七子フィーバーの熱が冷めやらぬうちに早くも土曜日がやって来ますね。

今週は東西でクラッシックに向けての重要なトライアルレースが行われます。

阪神競馬場では、桜花賞に向けた1戦の第23回チューリップ賞が行われます。

今年は16頭と多頭数で行われますが、前走G1の2.3着馬のウインファビラスブランボヌールに、今回1番人気が予想されますジュエラー。ディープ産駒の良血馬で前走それぞれOP特別を勝ち上がって来ました、シンハライトレッドアヴァンセなど、多彩は顔ぶれで行われます。

第23回チューリップ賞予想

2016年 3月 5日(土) 1回阪神3日目 16頭 [15:35発走]
【11R】  第23回チューリップ賞
3歳・オープン・G3(馬齢)(牝)(国際)(指定) 芝1600m・外 (A)

馬名S性齢斤量替 騎手
11フォールインラブ牝3 54*松山弘平
12デンコウアンジュ牝3 54 川田将雅
23ヴィブロス牝3 54*内田博幸
24アドマイヤリード牝3 54 菱田裕二
35クィーンズベスト牝3 54*ヴェロン
36サクレディーヴァ牝3 54 秋山真一
47ラベンダーヴァレイ牝3 54戸崎圭太
48エルビッシュ牝3 54*福永祐一
59ジュエラー牝3 54 M.デム
510ブランボヌール牝3 54 岩田康誠
611シンハライト牝3 54 池添謙一
612ウインファビラス牝3 54松岡正海
713カイザーバル牝3 54*四位洋文
714クリノラホール牝3 54 小牧太
815クロコスミア牝3 54勝浦正樹
816レッドアヴァンセ牝3 54 武豊

コース解説
阪神芝1600m外回り。

スタート地点は、向こう正面の直線のやや左側から。スタートしてしばらく直線を走り、緩いコーナーを2回曲がって473.6mもある最後の直線に。

直線は残り200m付近から1.8mの急坂が待ち構えている。

現在の予想人気

1番人気:ジュエラー
2番人気:レッドアヴァンセ
3番人気:シンハライト

3月4日(金)11:30現在。参照元:netkeiba.com

◎ウインファビラス

父ステイゴールド

過去5年間の阪神JF2着馬の、次のレースの成績を調べてみました。

  • 2014 レッツゴードンキ  チューリップ賞3着
  • 2013 ハープスター    チューリップ賞1着
  • 2012 クロフネサプライズ チューリップ賞1着
  • 2011 アイムユアーズ   フィリーズレビュー1着
  • 2010 ホエールキャプチャ クイーンカップ1着

何と!オール重賞で4-0-1-0と素晴らしい成績に。チューリップ賞でも3年連続で馬券に絡んでいます。

この成績を見せつけられたら、本命にせざるを得ないです。

しかし今回の最終追い切りの状態がイマイチというか、完全にトライアル仕様だったので、何が何でも勝ちに行くと言った感じに見受けられませんので、あくまでもワイドや3連複の軸にしたいですね。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の阪神重賞1600mの成績:1-1-0-5

〇ジュエラー

父ヴィクトワールピサ

現在重賞5連勝中のデムーロ騎手とのコンビでおそらく1番人気が予想されます同馬です。
確かに前走の末脚は素晴らしい物がありましたが、前後半のラップを見ると、46.3-47.8と前傾のラップでした。

翌週の白梅賞が1.33.7秒でしたのでタイム的にも疑問が残ります。

過去の傾向的にも不利な点が多いですし、チューリップ賞の後半が速い展開にも向かない感じがします。

しかし鞍上がデムーロ騎手なので押さえないわけにはいきません。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の阪神重賞1600mの成績:2-1-0-7

▲ブランボヌール

父ディープインパクト

ウインファビラスと同様に過去5年間の阪神JF3着馬の成績を調べました。

  • 2014 ココロノアイ    チューリップ賞1着
  • 2013 フォーエバーモア  クイーンカップ1着
  • 2012 レッドセシリア   休養
  • 2011 サウンドオブハート 紅梅S1着
  • 2010 ライステラス    チューリップ賞2着

こちらも、休養したレッドセシリアを除く4頭で3-1-0-0とすべて馬券内に。その内チューリップ賞でも1-1-0-0と完璧な成績。

今週の最終追い切りでも坂路で素晴らしい時計を出しており、鞍上も岩田騎手と走る条件が揃いました。

ただ1つ不安なのが、母が1200mでしか馬券に絡んでいないという事でしょうか。しかしキタサンブラックの例もありますし、母の父がバクシンオーで距離が持たないという事はないと思いたいですね。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の阪神重賞1600mの成績:2-5-5-10

△デンコウアンジュ

父メイショウサムソン

今回の出走メンバー中、唯一の重賞ウイナーの同馬ですが、アルテミスS勝ちの馬のその後を調べてみました。
※訂正。ブランボヌールも重賞ウイナーです。

  • 2014 ココロノアイ    阪神JF3着→チューリップ賞1着
  • 2013 マーブルカテドラル 阪神JF5着→アネモネS4着
  • 2012 コレクターアイテム 阪神JF4着→クィーンC9着

掲示板に載らなかった同馬ですが、出遅れ気味のスタートをきった前走、前半で先団に取り付けて脚を使ってしまったのが原因かと思われます。

今回はおそらく、中団後ろから差す競馬を試みると思われます。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の阪神重賞1600mの成績:2-2-1-13

注シンハライト

父ディープインパクト

デビューから2連勝でOP特別の紅梅Sを制して一躍桜花賞の有力馬に躍り出ました。

前走の紅梅Sも出遅れながら後方一気を決めて差し切りました。

今回は叩き2戦目で、追い切りの動きも良く、前走以上の仕上がり状態に感じました。

不安点をあげますと、キャリア2戦目での挑戦と前走1400mの距離がマイナス材料に。

鞍上も金杯以後はイマイチ見たいですので押さえ程度まで。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の阪神重賞1600mの成績:0-2-0-12

その他人気の騎手の阪神芝重賞1600mの成績(過去5年間)。

福永祐一 3-2-3-11
武豊   2-1-2-16
戸崎圭太 1-1-0-3

第23回チューリップ賞予想まとめ

今回もデムーロ騎手のお手馬が2頭出走しています。

  • ヴィブロス 内田騎手
  • カイザーバル 四位騎手

この2頭は不気味ですね。

◎:ウインファビラス
〇:ジュエラー
▲:ブランボヌール
△:デンコウアンジュ
注:シンハライト

➔第23回チューリップ賞過去の傾向
➔第23回チューリップ賞調教診断

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です