2016年第153回天皇賞(春)『競馬予想』

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!

どうも、ごりょんさんです。

明日から5月に突入しますね。

明日の日曜日に京都競馬場で行われますGⅠレース、

第153回天皇賞(春)

を予想します。

第153回天皇賞(春)予想

2016年 5月 1日(日) 3回京都4日目 18頭 [15:40発走]

4歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝3200m・外 (C)>

馬名S性齢斤量替 騎手調教師
11キタサンブラック牡458 武豊(栗)清水久詞
12トゥインクル牡558勝浦正樹(栗)牧田和弥
23カレンミロティックセ858*池添謙一(栗)平田修
24トーセンレーヴ牡858*武幸四郎(栗)池江泰寿
35フェイムゲーム牡658*ボウマン(美)宗像義忠
36アドマイヤデウス牡558 岩田康誠(栗)橋田満
47ファタモルガーナセ858内田博幸(栗)荒川義之
48シュヴァルグラン牡458 福永祐一(栗)友道康夫
59トーホウジャッカル牡558*酒井学(栗)谷潔
510アルバート牡558 ルメール(美)堀宣行
611タンタアレグリア牡458蛯名正義(美)国枝栄
612ヤマニンボワラクテセ558*丸山元気(栗)松永幹夫
B713マイネルメダリスト牡858*柴田大知(美)田中清隆
714サトノノブレス牡658*和田竜二(栗)池江泰寿
715サウンズオブアース牡558*藤岡佑介(栗)藤岡健一
816ファントムライト牡758*三浦皇成(栗)藤原英昭
817ゴールドアクター牡558吉田隼人(美)中川公成
818レーヴミストラル牡458 川田将雅(栗)高野友和

コース解説

京都芝外回り3200m。スタート地点は向正面の中間点よりやや左寄り。コーナーを6回、合計1週半回る事に。3コーナーから上りへ入り4コーナーからは下ってゆく。

最後の直線は399m(Cコース時)。過去10年でステイゴールド産駒が最多の3勝を挙げている。

現在の人気

1番人気:ゴールドアクター
2番人気:キタサンブラック
3番人気:シュヴァルグラン

4月30日(土)13:30現在。参照元:netkeiba.com

まずは、菊花賞優勝馬の天皇賞春での成績を見てみましょう。

  • 2015 キタサンブラック
  • 2014 トーホウジャッカル 不
  • 2013 エピファネイア   不
  • 2012 ゴールドシップ  5.7.1
  • 2011 オルフェーヴル   11着
  • 2010 ビッグウィーク   不

不出走が多いですね。馬券に絡んだのが3回目の挑戦でやっと勝てたゴールドシップだけと言うのが気になります。

次に、過去5年間の春の天皇賞優勝馬がどのGⅠレースで好走していたか。

  • 2015 ゴールドシップ 皐月・菊1着 3回目の挑戦
  • 2014 フェノーメノ  連覇
  • 2013 フェノーメノ  ダービー・秋天2着
  • 2012 ビートブラック 菊花賞3着 2回目の挑戦
  • 2011   ヒルノダムール 皐月賞2着
  • 2010 ジャガーメイル       2回目の挑戦

2.3回目の挑戦で優勝した馬が3頭出ています。

今回天皇賞春に再挑戦する馬は、カレンミロティック③、フェイムゲーム②⑥、アドマイヤデウス⑮、サトノノブレス⑧、サウンズオブアース⑨の5頭ですね。

◎フェイムゲーム

父ハーツクライ

一昨年6着、去年2着と1歩ずつ前進して来ている感じがしますね。

3000m以上では2-2-0-2と完全なステイヤーなのでしょうか。

今回鞍上がボウマン騎手に乗り替わりますので、できれば先行してもらいたいです。

父ハーツクライ産駒の3000m以上の重賞成績は5-6-2-18(16.1%-35.5%-41.9%)と素晴らしいですのでここでも期待は大きいですね。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の京都芝重賞3000~3200mの成績:0-0-0-0(0%-0%-0%)

○ゴールドアクター

父スクリーンヒーロー

もっか5連勝、重賞3連勝の同馬です。

一昨年の菊花賞で3着に敗れていますが、本格化する前の事でした。

当時0.6差をつけられていたサウンズオブアースとは、今や有馬記念、日経賞と連続で先着しています。

スクリーンヒーローは3000m以上で良績が無いのは不安材料ですが、今の完成度なら問題ないと思われます。

今回外枠をどう捌くかがカギになります。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の京都芝重賞3000~3200mの成績:0-0-1-1(0%-0%-50%)

▲キタサンブラック

父ブラックタイド


馬番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1番2- 1- 0- 2/ 540.0%60.0%60.0%3284926

集計期間:2011. 5. 1 ~ 2015. 5. 3

このデータを見ると本命にしたくなります同馬ですが。

やはり菊花賞馬の成績がイマイチと言う事で単穴に。

今回はカレンミロティックとの逃げ争いがカギになりますね。

はたして祭りは聞けるのでしょうか(笑)。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の京都芝重賞3000~3200mの成績:0-1-1-7(0%-11.1%-22.2%)

△シュヴァルグラン

父ハーツクライ

前走の阪神大賞典は圧巻の強さでした。

追い切りの動きも良く、好調を持続している感じに見えました。

今回は斤量が前走から3キロも増えますので、これを克服しない事には好走出来ないですね。

ひょっとしたら、とんでもないステイヤーなのかもしれません。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の京都芝重賞3000~3200mの成績:1-1-0-6(12.5%-25%-25%)

注カレンミロティック

父ハーツクライ

昨年3着した割には人気が無い同馬ですが。

前走の阪神大賞典は逃げる展開になってしまったのが痛かったですね。

この馬は2.3番手からの競馬がいちばん成績が良いので、今回はキタサンブラックを先に行かせる可能性大ですね。

絶好枠を引きましたので、先行してどこまで粘れるかに注目です。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の京都芝重賞3000~3200mの成績:1-0-0-6(14.3%-14.3%-14.3%)

その他の騎手の京都芝重賞3000~3200mの成績(過去5年間)。

蛯名正義 2-1-2-3(25.0%-37.5%-62.5%)
内田博幸 1-1-0-3(20.0%-40.0%-40.0%)
岩田康誠 0-2-0-7(0%-22.2%-22.2%)


人気ブログランキング

今回のデータは役に立ったと

思われた方、よければクリック

よろしくお願いします。

第153回天皇賞(春)予想まとめ

◎:フェイムゲーム
〇:ゴールドアクター
▲:キタサンブラック
△:シュヴァルグラン
注:カレンミロティック

➔第153回天皇賞(春)傾向
➔第153回天皇賞(春)調教診断

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です