宝塚記念2016予想~馬場状態の回復がカギに

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

宝塚記念2016予想~馬場状態の回復がカギに

ごりょんさん
どうも、ごりょんさんです。

明日の日曜日に阪神競馬場で行われますGⅠレース、

第57回宝塚記念を予想します。

今週は関西地方の天気はほぼ雨でしたので、レース当日は大変タフなコンディションで行われると推測されます。

ちなみに前日の夕方の段階での阪神競馬場の馬場状態はですね。

芝の出目を見てみますと、合計6レースで連対馬12頭中、5番枠以内の馬が9頭と圧倒的に内枠有利の展開になっていますね。

明日は晴れの予報ですので馬場は回復すると思いますが、メインレースまでに芝が5鞍行われますので、内の馬場は荒れてくると思います。

となると今日よりも外側が有利になるかもしれませんね。

第57回宝塚記念予想

2016年 6月26日(日) 3回阪神8日目 17頭 [15:40発走]

3歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝2200m・内 (B)

予想馬名S性齢斤量替 騎手
11 フェイムゲーム牡658*柴山雄一
12 アンビシャス牡458横山典弘
23 キタサンブラック牡458 武豊
24 ワンアンドオンリー牡558*田辺裕信
35シュヴァルグラン牡458 福永祐一
36ラストインパクト牡658*川田将雅
47ラブリーデイ牡658*ルメール
48 ステファノス牡558戸崎圭太
59ドゥラメンテ牡458 M.デム
510 カレンミロティックセ858*ベリー
611 トーホウジャッカル牡558 酒井学
612 サトノノブレス牡658*和田竜二
713 タッチングスピーチ牝4 56*浜中俊
714 ヒットザターゲット牡858 小牧太
815 サトノクラウン牡458*岩田康誠
816マリアライト牝5 56蛯名正義
817 ヤマカツエース牡458 池添謙一

コース解説
阪神2200m。

スタート地点は正面スタンド直線の右奥。外回りコースの4コーナーの出口から。
最初の1コーナーまでは直線で525m。3.4コーナーでは内回りコースを走る。
最後の直線は359.1m。残り200m地点でこう配差1.8mの急坂が待ち構えている。
重賞レースでは基本的に宝塚記念しか行われないコース。

ごりょんさん

現在の人気

1番人気:ドゥラメンテ

2番人気:キタサンブラック

3番人気:アンビシャス

6月25日(土)18:30現在。

参照元:netkeiba.com

◎ドゥラメンテ

父キングカメハメハ

昨年の皐月賞・ダービーの2冠馬。故障で菊花賞は出られませんでしたが、もし出走していたら勝っていたんじゃないでしょうか?

骨折休養明けのGⅡ中山記念を制しましてGⅠのドバイシーマクラシックに挑戦しましたが、楽鉄の影響がどのくらいあったのかは分かりませんが、2着に敗れました。

今回は帰国後に約1か月の検疫がありましたが、そこから2か月弱の調整期間がありましたので、十分に仕上がっていると思われます。

昨年のダービー時の最終追い切りでは53.1-38.6-12.5でした。

今回は68.9-53.7-39.2-12.5ですので、全体の時計がやや遅い感じがしますがラスト1Fは同じになりました。

とにかくデビュー以来連対を続けていますので1番人気になった今回は本命にせざるを得ないですね。

icon-exclamation-circle 鞍上(デムーロ)の芝重賞00mの成績:0-0-0-1

(0%-0%-0%)過去5年間。

○ラブリーデイ

父キングカメハメハ

昨年の優勝馬です。昨年度のGⅠ成績は8.1.1.3.5.4着と天皇賞春以外は全て掲示板に入っています。

天皇賞秋を制した後はややふがいない成績が続きました。

今年はGⅡ大阪杯を4着に敗れましたが、この馬自身33.4秒の上がりで走っていますので仕方がないですね。

次走の香港のクイーンエリザベス2世カップは、4コーナーを先頭で回りましたが結果的に差されての4着に。

今回は最終追い切りでは並走馬を置き去りにしており海外遠征の疲れは皆無と思われます。

1番の不安点は道悪馬場でしょうね、前走香港の敗因は馬場でしたので。

馬場がどれだけ乾くかがカギになります。

icon-exclamation-circle 鞍上(ルメール)の芝重賞00mの成績:0-0-0-1

(0%-0%-0%)過去5年間。

▲シュヴァルグラン

父ハーツクライ

前走の天皇賞春では3番人気で3着という結果になりました。

過去5年間で天皇賞組は3勝していますが、馬券になっているのは全て天皇賞で負けた馬でした。

しかも天皇賞で馬券になっていた馬はエイシンフラッシュ1頭だけです。

パターンとしては、阪神で好走➝天皇賞惨敗➝宝塚記念好走というのが多いですね。

この馬は天皇賞は惨敗ではありませんが、好走する条件が似ていますね。

道悪はどうか分かりませんが1発あってもおかしくないです。

icon-exclamation-circle 鞍上(福永)の芝重賞00mの成績:0-0-1-3

(0%-0%-25%)過去5年間。

△ラストインパクト

父ディープインパクト

過去5年間で単勝30倍以下で馬券に絡んだ馬は、3分の1に当たる5頭です。

その内の4頭がディープインパクト産駒で0-2-2-1と驚異の成績を誇ります。

今回該当する馬が3頭いますが、好走条件の内枠を引いたのがラストインパクトです。

昨年のジャパンカップ2着馬ですのでこの人気は低すぎるような気がしますが。

ただこの馬は道悪が苦手という事なので、どれだけ馬場が乾くかがカギになりますね。

icon-exclamation-circle 鞍上(川田)の芝重賞00mの成績:1-1-0-3

(20%-40%-40%)過去5年間。

注マリアライト

父ディープインパクト

昨年のエリザベス女王杯を優勝して有馬記念にも挑戦しまして勝ち馬のゴールドアクターから0.1差の4着と健闘しました。

3着のキタサンブラックとは同斤量で頭差、ラブリーデイには先着しました。

この馬は軽量の牝馬にも関わらず道悪は得意な方ですので、8枠は良いかもしれません。

鞍上の蛯名騎手は過去10年間のGⅠでは、8枠から5勝しており大得意の枠順と言えます。

道悪を見方につけて先行すれば1発あるかもしれません。

icon-exclamation-circle 鞍上(蛯名)の芝重賞00mの成績:0-0-0-3

(0%-0%-0%)過去5年間。

その他の騎手の芝重賞00mの成績(過去5年間)。

池添謙一 1-1-1-1(25%-50%-75%)
横山典弘 1-0-0-3(25%-25%-25%)
岩田康誠 0-1-1-3(0%-20%-40%)


人気ブログランキング

今回のデータは役に立ったと

思われた方、よければクリック

よろしくお願いします。

第57回宝塚記念予想まとめ

◎:ドゥラメンテ

〇:ラブリーデイ

▲:シュヴァルグラン

△:ラストインパクト

注:マリアライト

➔第57回宝塚記念傾向

➔第57回宝塚記念調教診断

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です