スプリンターズS2016予想・データ・調教~穴馬は内枠か?

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!

第50回スプリンターズS

どうも、ごりょんさんです。

今週は早くも秋のGⅠレースが行われますね。

中山競馬場の最終週に行われます第50回スプリンターズSの傾向・追い切り・予想をしていきたいと思います。

今年(2016年)の秋から海外競馬の馬券がインターネットで購入可能となりました。その第1弾としまして第95回凱旋門賞が10月2日第50回スプリンターズSの当日の午後11時5分発送予定となっています。

このレースには今夏日本ダービーを制しましたマカヒキが出走を予定しています。

詳しくは→凱旋門賞2016の馬券の購入方法や換金場所は?【マカヒキ海外挑戦】

是が非でもスプリンターズS→凱旋門賞と連続的中を目指したいですね。

第50回スプリンターズS出馬表

2016年10月2日(日)4回中山8日目16頭[15:40発走]

3歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定)芝1200m(C)

馬名S性齢斤量替 騎手調教師
11ビッグアーサー牡557 福永祐一(栗)藤岡健一
12ブランボヌール牝3 53*武豊(栗)中竹和也
23ティーハーフ牡657*池添謙一(栗)西浦勝一
24ソルヴェイグ牝3 53*田辺裕信(栗)鮫島一歩
35シュウジ牡355*川田将雅(栗)須貝尚介
36ベルカント牝5 55*蛯名正義(栗)角田晃一
47スノードラゴン牡857*大野拓弥(美)高木登
48サクラゴスペル牡857*横山典弘(美)尾関知人
59サトノルパン牡557*和田竜二(栗)村山明
510レッドアリオン牡657*川須栄彦(栗)橋口慎介
611ダンスディレクター牡657 浜中俊(栗)笹田和秀
612レッツゴードンキ牝4 55 岩田康誠(栗)梅田智之
713レッドファルクス牡557 M.デム(美)尾関知人
714ウリウリ牝6 55*戸崎圭太(栗)藤原英昭
815ミッキーアイル牡557 松山弘平(栗)音無秀孝
816ネロ牡557内田博幸(栗)森秀行

ごりょんさん

現在の人気

1番人気:ビッグアーサー

2番人気:ダンスディレクター

3番人気:ミッキーアイル

4番人気:レッドファルクス

5番人気:レッツゴードンキ

10月1日(土)9:00現在。

参照元:netkeiba.com

第50回スプリンターズS過去6年(5回)の傾向

2014年は新潟競馬場で行われましたので除外、過去6年(5回)の傾向を簡単にまとめました。

  • 7~11番人気で1勝2着2回3着4回と波乱含み
  • 関西馬の4勝に対して関東馬勝利なし
  • 4歳馬の複勝率が46.2%
  • 5枠までで4勝と内枠が有利か
  • 差し馬が4勝と馬券の中心
  • 4コーナーで10番手以下は3着が2回あるだけ
  • 鹿毛馬が4勝2着2回
  • 3月生まれが4-1-3-22
  • 乗り替わりは0-0-3-22と大きな不利
  • 休み明け2戦目が3-2-3-21
  • 前走1200mが5-4-4-51
  • 前走セントウルS組が3勝2着3回

第50回スプリンターズS予想

当レースでは7番人気以下の馬が過去5回15頭中8頭と半分以上を占めています。

その8頭中7頭までが3~7番枠に集中しています。唯一の外枠馬は2011年のエーシンヴァーゴウの14番ですね。この時は1頭除外になっていますので実質的には13番目となります。ですので人気薄の外枠は思い切って切った方が良いかもしれませんね。

その他の注目点では、このレースは牝馬が5頭馬券に絡んでいますが、その前走を見てみますと重賞勝ち馬が3頭、後の2頭が共に4着で着差が0.1秒以内でした。この点から前走キーンランドC勝ちのブランボヌールは要注意ですね。

シンガリマケ

過去3年間のレースVTR

2015: スマホ
2014: スマホ
2013: スマホ


ごりょんさん

参考レース

第30回セントウルS  スマホ
第11回キーンランドC スマホ
第46回高松宮記念   スマホ

◎ビッグアーサー

父サクラバクシンオー

9/28(水)最終追い切り栗坂52.5-37.9-12.8一杯
前走:セントウルS1着栗坂51.9-37.0-12.2一杯

春の高松宮杯でGⅠ初挑戦でレコードで勝ち切りました。

夏馬は休養して前走のセントウルS(GⅡ)で復帰即33.1-34.5のハイペースで楽々逃げ切りました。

今回は叩き2戦目で万全の体制と行きたいところですが、最終追い切りが今一つ物足りない内容でしたね。

前走後から速い時計は2本ですが最終追い切りの坂路追いがラスト1Fを12.8秒とこれまでにない遅さでした。

高松宮杯時が51.0-36.6-23.4-12.0ですのでちょっと心配ですね。今週の坂路は時計が掛かるのか調べてみましたが、ソルヴェイグが52.5-37.6-24.0-11.9ですのでそんなには悪い馬場ではなかったと思います。

1番枠を引きましたので逃げるのか控えるのか難しいところですね。

今回馬券内は堅いと思いますが勝ちきるまではどうでしょうか。

icon-exclamation-circle鞍上(福永)の中山芝重賞1200mの成績:0-0-1-2

(0%-0%-33.3%)過去6年間。

〇スノードラゴン

父アドマイヤコジーン

9/28(水)最終追い切り美坂51.1-37.5-12.6強め
前走:高松宮杯5着美坂52.7-38.8-12.3馬なり

1200mのGⅠは4戦して2.1.8.7着と中々の成績を挙げています。

今回さっぱり人気がありませんが、天気の悪かった今週の中山の馬場なら十分に通用してもおかしくないですね。

8歳馬ですが昨年1年間は休養していましたし、今回芝が13戦目と言う事でまだまだ上積みはあると思います。

このレースの人気薄馬の傾向は内枠を活かしてのインでの粘りこみです。

これまでは出足が付かず追い込み一手でしたが、前走で好位の競馬が出来ましたので今回も先行できるなら面白いですね。

とにかく外を回していては届きませんので何とかインの5.6番手を進みたいです。

icon-exclamation-circle鞍上(大野)の中山芝重賞1200mの成績:0-1-1-1

(0%-33.3%-66.7%)過去6年間。

▲レッツゴードンキ

父キングカメハメハ

8/28(水)最終追い切り栗坂54.0-37.8-11.9強め
前走:キーンランドC3着札芝67.4-51.0-36.2-11.8馬なり

昨年の桜花賞馬ですがそれ以降のGⅠは10.17.6.8.10着と掲示板にさえ入れません。

しかしスプリント路線に変更してからは春の高松宮杯は直線前が壁になりましたので8着でしたが、北海道シリーズでは連続3着と安定した成績を残すようになりました。

ようやく1200m戦に慣れてきた感じがしますね。

稽古の動きでは、1週前と最終追い切りで坂路ラスト1Fを共に11.9秒と文句なしの内容でした。

今年の重賞が未勝利と信じられない鞍上ですが、何とか1発を狙いたいですね。

icon-exclamation-circle鞍上(岩田)の中山芝重賞1200mの成績:2-0-0-1

(66.7%-66.7%-66.7%)過去6年間。

△ソルヴェイグ

父ダイワメジャー

9/28(水)最終追い切り栗坂52.5-37.6-11.9馬なり
前走:キーンランドC4着札芝67.2-51.4-37.4-12.7馬なり

3歳馬ながらここまで重賞2勝の実績を誇ります。

春の桜花賞は17着と大敗しましたが、これは完全に前が詰まったレースでしたので参考外ですね。

前走のキーンランドCでは勝ち馬のブランボヌールに1キロの差がありましたので同斤量の今回は互角に戦えるのではないでしょうか?

かなり先行力のある馬ですので先行してインから抜け出すのが理想になりますが。

icon-exclamation-circle鞍上(田辺)の中山芝重賞1200mの成績:0-0-0-6

(0%-0%-0%)過去6年間。

注レッドファルクス

父スウェプトオーヴァーボード

9/28(水)最終追い切り美D63.8-49.3-36.2-11.8一杯
前走:CBC賞1着美W55.7-40.1-12.9馬なり

前走8か月ぶりの芝のレース、しかも重賞に初挑戦しまして上がり32.7秒の豪脚であっさり初重賞を制覇しました。

以来3か月ぶりのレースになります。1週前追い切りでは3頭伏せの大外を一杯に追われまして並走馬を並ぶ間もなく交わし去りました。

最終追い切りがダートコースと言うのが気になりますがラストは11.8秒と迫力がありました。

前走に引き続いてデムーロ騎手が騎乗しますので不気味な存在になると思います。

icon-exclamation-circle鞍上(デムーロ)の中山芝重賞1200mの成績:0-0-0-1

(0%-0%-0%)過去6年間。

第50回スプリンターズS予想まとめ

◎:ビッグアーサー
〇:スノードラゴン
▲:レッツゴードンキ
△:レッドファルクス
注:ソルヴェイグ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です