桜花賞2016年予想【3強を崩せるのはどの馬?】

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

どうも、ごりょんさんです。昨日の雨でかなり桜が散ってしまいましたね。阪神の馬場状態が気になるところです。

その阪神競馬場で4月10日に行われます 第76回桜花賞(GⅠ) を予想していきたいと思います。

メジャーエンブレムシンハライトジュエラーが3強と言われていますが、伏兵馬の入り込む余地はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

第76回桜花賞予想

2016年 4月10日(日) 2回阪神6日目 18頭 [15:40発走]

3歳・オープン・G1(定量)(牝)(国際)(指定) 芝1600m・外 (B)

予想馬名S性齢斤量替 騎手調教師
11 キャンディバローズ牝3 55*菱田裕二(栗)矢作芳人
12 ブランボヌール牝3 55*三浦皇成(栗)中竹和也
23 メイショウスイヅキ牝3 55*松山弘平(栗)本田優
24 ソルヴェイグ牝3 55*蛯名正義(栗)鮫島一歩
35メジャーエンブレム牝3 55 ルメール(美)田村康仁
36 ビービーバーレル牝3 55石橋脩(美)中舘英二
47 デンコウアンジュ牝3 55 川田将雅(栗)荒川義之
48 アッラサルーテ牝3 55*和田竜二(美)手塚貴久
59 ジープルメリア牝3 55 松田大作(栗)南井克巳
510アットザシーサイド牝3 55 福永祐一(栗)浅見秀一
611 レッドアヴァンセ牝3 55 武豊(栗)音無秀孝
612シンハライト牝3 55 池添謙一(栗)石坂正
713ジュエラー牝3 55 M.デム(栗)藤岡健一
714 カトルラポール牝3 55*秋山真一(美)浅野洋一
715ラベンダーヴァレイ牝3 55戸崎圭太(栗)藤原英昭
816 ウインファビラス牝3 55松岡正海(美)畠山吉宏
817 アドマイヤリード牝3 55*藤岡康太(栗)須貝尚介
818 メイショウバーズ牝3 55*古川吉洋(栗)本田優
コース解説

阪神芝1600m外回り。スタート地点は、向こう正面の直線のやや左側から。スタートしてしばらく直線を走り、緩いコーナーを2回曲がって476.3mもある最後の直線に。

現在の予想人気

1番人気:メジャーエンブレム
2番人気:シンハライト
3番人気:ジュエラー

4月8日(金)10:30現在。参照元:netkeiba.com

阪神JF1着馬の桜花賞成績

2015 メジャーエンブレム
2014 ショウナンアデラ   不
2013 レッドリヴェール   2
2012 ローブティサージュ  5着
2011 ジョワドヴィーヴル  6着

チューリップ賞1着馬の桜花賞成績

2016 シンハライト
2015 ココロノアイ     10着
2014 ハープスター     1
2013 クロフネサプライズ  4着
2012 ハナズゴール     不
2011 レーヴディソール   不

チューリップ賞1番人気馬の桜花賞成績

2016 ジュエラー
2015 クルミナル      2
2014 ハープスター     1
2013 レッドオーヴァル   2
2012 ジョワドヴィーヴル  6着
2011 レーヴディソール   不

◎メジャーエンブレム

父ダイワメジャー

阪神JFを1.34.5の時計で快勝した同馬ですが、追いだしたのはラスト1F位からでしょうか?年明けのクイーンSは1.32.5という驚異のタイムで楽々逃げ切りました。当日の3歳未勝利戦が1.34.3でしたので1.8秒速い事になりますね。

一方、チューリップ賞の勝ち時計が1.32.8でした。翌日の3歳未勝利戦が1.35.3。タイム差にしますと2.5秒速いです。

この比較が難しいのですね。クイーンSの全頭タイム差が3.4秒に対して、チューリップ賞が1.1秒という事で、クイーンSの方が厳しいペースだったと思われます。

前半の3Fをメジャーエンブレムよりも速い時計で逃げた馬はおらず、マイペースの先行が可能かと.今回は死角も見当たらずに好勝負必至かと思われます。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の阪神芝重賞1600mの成績:1-0-1-1(33.3%-33.3%-66.7%)

○ジュエラー

父ヴィクトワールピサ

新馬戦楽勝の後、重賞で惜しい2着が続きました。後方からの脚質なのでどうしても2.3着が多くなる感じがします。

前走のチューリップ賞は道中不利もなく、隣のシンハライトと追い出しが同じで最後は交わしたかに見えましたが、ハナ差で敗れました。今回隣同士になりましたので、ミスや不利が無い方が上の着順をゲットできる感じですね。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の阪神芝重賞1600mの成績:2-2-0-7(18.2%-36.4%-36.4%)

▲シンハライト

父ディープインパクト

前走のチューリップ賞は隣のジュエラーとヨーイドンでした。結果ハナ差で勝利しましたが、道中もまったく不利なく進んだ感じでしたので、今回もスムーズにレースを運ぶかどうかがカギになってきます。

今回は叩き3戦目というのが少し不安になりますが、追い切りの動きも絶好で、普通に走ればメジャーエンブレムとジュエラー以外の馬には負けないと思われます。後は展開と運次第でしょうか。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の阪神芝重賞1600mの成績:1-2-0-12(6.7%-20%-20%)

△ラベンダーヴァレイ

父ディープインパクト

前走のチューリップ賞は馬体の回復に手間取って、強い追い切りが出来なかったにも関わらず3着と好走しました。今回は前走時と雲泥の差で、かなり早い時計で1600万級の並走馬を千切りました。

体調アップは一目瞭然で今回は3強を逆転できる可能性もあるかもしれません。今回は中段に付けると思われますので、前のメジャーエンブレム。後ろの2頭に挟まれて、仕掛け所が難しいですね。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の阪神芝重賞1600mの成績:1-1-1-3(16.7%-33.3%-50%)

注アットザシーサイド

父キングカメハメハ

怪我から復帰後の重賞成績が3-3-1-5と驚異の成績をあげています福永騎手です。今回は阪神JFでメジャーエンブレムにつけられた0.6秒をどこまで詰められるかがカギになって来ます。

キングカメハメハ産駒の阪神1600mのGⅠ成績は、過去5年で2-2-0-3と相性が良いので1発を狙いたいですね。幸い偶数枠の10番という絶好枠をゲットしましたので、福永騎手の腕の見せ所ですね。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の阪神芝重賞1600mの成績:3-2-3-12(15%-25%-40%)

その他の騎手の阪神芝重賞1600mの成績(過去5年間)。

川田将雅 2-2-1-14(10.5%-21.1%-26.3%)
武豊   2-1-2-17(9.1%-13.6%-22.7%)
蛯名正義 2-0-2-5(22.2%-22.2%-44.4%)


今回のデータは役に立ったと
思われた方、よければクリック
よろしくお願いします。

第76回桜花賞予想まとめ

◎:メジャーエンブレム
〇:ジュエラー
▲:シンハライト
△:ラベンダーヴァレイ
注:アットザシーサイド

➔第76回桜花賞の傾向
➔第76回桜花賞調教診断

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です