毎日王冠2016予想~天皇賞秋に向けて好メンバーが激突!

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

第67回毎日王冠
どうも、ごりょんさんです。

先週の凱旋門賞は残念でしたね。マカヒキは14着と惨敗でした。馬券の方もハイランドリールが2着に頑張ったのですが、肝心の1番人気ポストポンドが馬群に沈んでしまいましたので不的中でした。

今週は3日連続の開催となりますが、日曜の東京競馬場では秋の天皇賞の前哨戦の第67回毎日王冠が行われます。

12頭立てとやや寂しい頭数になりましたが、ロンギングダンサーを除く11頭が重賞勝ち馬でダノンシャークとロゴタイプの2頭がGⅠ馬と豪華な組み合わせになりました。

人気が予想されますのは前走のエプソムC(GⅢ)で32.8の鬼脚で圧勝しましたルージュバック(4)。今年の安田記念優勝馬ロゴタイプ(6牡)前走の宝塚記念で5着と健闘しましたステファノス(5牡)。

第67回毎日王冠出馬表

2016年10月 9日(日) 4回東京2日目 12頭 [15:45発走]

3歳以上・オープン・G2(別定)(国際)(指定) 芝1800m (A)

馬名S性齢斤量替 騎手調教師
11ヒストリカル牡756*横山典弘(栗)音無秀孝
22ステファノス牡556*川田将雅(栗)藤原英昭
33クラレント牡756 小牧太(栗)橋口慎介
B44ロンギングダンサー牡756吉田豊(美)勢司和浩
55ディサイファ牡757 武豊(美)小島太
B56マイネルミラノ牡656*丹内祐次(美)相沢郁
67アンビシャス牡457*ルメール(栗)音無秀孝
68ダノンシャーク牡857*柴田善臣(栗)大久保龍
79ロゴタイプ牡658田辺裕信(美)田中剛
710ルージュバック牝4 54戸崎圭太(美)大竹正博
811ウインフルブルーム牡556*柴田大知(栗)宮本博
812ロサギガンティア牡557*北村宏司(美)藤沢和雄
ごりょんさん

現在の予想人気

1番人気:ルージュバック

2番人気:アンビシャス

3番人気:ステファノス

4番人気:ロゴタイプ

5番人気:ディサイファ

10月7日(土)22:00現在。

参照元:netkeiba.com

第67回毎日王冠過去5年の傾向

過去5年の傾向を簡単にまとめました。

  • 単勝20倍以上で3頭馬券に絡む中波乱
  • 関西馬・騎手共に成績が良い
  • 4歳馬は2-1-3-10と複勝率37.5%
  • 6.7.8番枠は複勝率60%
  • 逃げ馬は1-1-1-2と複勝率60%
  • 母父は15頭すべて外国産馬
  • 前走逃げた馬は2-0-0-3
  • 走ハンデ戦出走馬0-0-2-16
  • 前走エプソムCからで2-1-0-4
  • 前走宝塚記念組は0-0-0-5と不振

第67回毎日王冠予想

過去5年間の前後半のラップを調べてみますと、2012年のシルポートが引っ張った以外は後半の上がりの勝負になっていますね。

前半5F後半5F
2015年 59.9 57.7
2014年 59.1 58.1
2013年 60.8 58.5
2012年 57.8 59.0
2011年 61.1 58.0
シンガリマケ

過去3年間のレースVTR

2015: スマホ
2014: スマホ
2013: スマホ


ごりょんさん

参考レース

第57回宝塚記念 スマホ
第33回エプソムカップ スマホ
第66回安田記念 スマホ

◎ルージュバック

父マンハッタンカフェ

10/6(木)最終追い切り美W51.7-36.9-12.4強め
前走:エプソムC1着美W51.2-36.8-12.4馬なり

昨年は牝馬3冠に出走して9.2.4着の成績でした。暮れの有馬記念にも出走して10着に敗れましたが勝ち馬とは0.5秒差でした。

今年も2戦して2.5着とイマイチの成績でしたが、前走の東京の同コースで行われましたエプソムCで圧勝してようやく軌道に乗った感じがしました。

今回は4か月の休み明けになりますが、最終追い切りでも半馬身の先着とまずまずの仕上がり具合に見えました。

有馬記念で今年の宝塚記念優勝馬のマリアライトと0.2秒差でしたので、54キロで出走できるこのレースはチャンスが十二分にありますね。

ただ前走のエプソムCの勝ち時計では毎日王冠では通用しないですね。もう1段階ギアを上げる必要があります。

icon-exclamation-circle 鞍上(戸崎)の東京芝重賞1800mの成績:1-2-1-10

(7.1%-21.4%-28.6%)過去5年間。

〇ステファノス

父ディープインパクト

10/5(水)最終追い切り栗W   68.3-52.7-38.3-11.9馬なり
前走:宝塚記念5着栗W84.4-67.0-51.3-37.8-12.0一杯

香港のGⅠや天皇賞秋での2着の実績があります同馬ですが、5戦連続で騎乗中の戸崎騎手がルージュバックに騎乗しますので川田騎手が代役になりました。

どう見ても実績的にこちらの方が上の感じもしますが、そこの所はどうなんでしょうね?

宝塚記念5着以来3か月半ぶりの実戦になりますが、最終追い切りではフィエロにクビ差先着したように仕上がり具合も良いと思われます。

秋の天皇賞に向けて幸先良いスタートを切りたいですね。

icon-exclamation-circle 鞍上(川田)の東京芝重賞1800mの成績:0-1-1-3

(0%-20%-40%)過去5年間。

▲アンビシャス

父ディープインパクト

10/5(水)最終追い切り栗坂52.8-39.1-13.3一杯
前走:宝塚記念16着栗坂51.2-37.4-12.6一杯

春の中山記念(GⅡ)ではドゥラメンテにクビ差2着、リアルスティールに先着。続く大阪杯でもキタサンブラックに先着と、今回のメンバーでは実績では1.2を争いますね。

前走の宝塚記念のブービー16着ですが、直線半ばで諦めたかのような鞍上の追い方でしたのでまったく問題ないですね。

最終追い切りでは昨年と同じ感じのクビ差遅れになりましたので、万全の仕上がり具合とは言えませんが、ルメール騎手が鞍上と言う事で人気になりそうです。

icon-exclamation-circle 鞍上(ルメール)の東京芝重賞1800mの成績:1-1-1-1

(25%-50%-75%)過去5年間。

△ディサイファ

父ディープインパクト

10/6(木)最終追い切り美坂53.2-38.1-12.5一杯
前走:安田記念6着美坂53.7-39.4-13.7一杯

当レースには過去2回出走しまして4.2着の成績を残しています。

この東京1800mの重賞戦では1.4.3.2着とほぼ馬券になっています。

今回も当然有力にあると思いますが年齢的に不安が残ります。

武騎手もコースと相性が良いですし、GⅡ・Ⅲの1800~2000は好走していますので今回も期待が持てますね。

icon-exclamation-circle 鞍上(武豊)の東京芝重賞1800mの成績:4-0-0-6

(40%-40%-40%)過去5年間。

注ロゴタイプ

父ローエングリン

10/5(水)最終追い切り美W83.6-67.6-52.6-38.3-12.7一杯
前走:安田記念1着美W87.7-71.3-55.5-40.4-14.5馬なり

前走の安田記念(GⅠ)ではモーリスを破りNo.1の座につきました。

今回は4か月の休み明けで58キロの斤量と不利が重なります。しかも前に行く馬が多いと思われる今回のレースでは前走みたいにスローの流れにはならない感じがします。

ただ、追い切りの感じは前走の安田記念時よりも早い時計で一杯に追われました。

何とか2.3番手につけて早めに先頭に立って粘りこみたいところです。

icon-exclamation-circle 鞍上(田辺)の東京芝重賞1800mの成績:0-2-0-7

(0%-22.2%-22.2%)過去5年間。

予想まとめ

◎:ルージュバック

〇:ステファノス

▲:アンビシャス

△:ディサイファ

注:ロゴタイプ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です