【3U】6歳馬人気3頭の勝算は?第51回京都牝馬Sを予想する~ウリウリ、ウキヨノカゼ、ウインプリメーラ

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

2月20の土曜日に京都競馬場で行われます 第51回京都牝馬S(GⅢ)の予想をしていきたいと思います。

このレースの見どころは、6歳になったウリウリに衰えがあるのか、それとも今年も現役バリバリに活躍できるのかという点が問題になります。

ちなみにディープインパクト産駒の牝馬限定重賞での6歳馬の成績は、0-1-0-3とサンプル数が少ないですね。

第51回京都牝馬S予想

2016年 2月20日(土) 2回京都7日目 18頭 [15:35発走]

4歳以上・オープン・G3(別定)(牝)(国際)[指定] 芝1400m・外 (B)

馬名S性齢斤量替 騎手
11ダンツキャンサー牝5 54*和田竜二
12ウリウリ牝6 57 岩田康誠
23レオパルディナ牝4 54*武幸四郎
24ベルルミエール牝5 54 川島信二
35フレイムコード牝7 54*太宰啓介
36ウキヨノカゼ牝6 55 四位洋文
47ペルフィカ牝4 54*武豊
48ディープジュエリー牝4 54*戸崎圭太
59ヤサカオディール牝7 54*酒井学
510マジックタイム牝5 54柴山雄一
611ウインプリメーラ牝6 55 川田将雅
612クールホタルビ牝4 54*藤岡佑介
713ゴールデンナンバー牝7 54*福永祐一
714クイーンズリング牝4 56*M.デム
715リーサルウェポン牝5 54*フォーリ
816スナッチマインド牝5 53*菱田裕二
817レッドオーヴァル牝6 55 ルメール
818リメインサイレント牝6 54*川原正一

コース解説

京都芝1600m外周り。スタート地点は、2コーナー左のポケット付近。3コーナーまでは700mの一直線を走る。3コーナーから4コーナーにかけて、坂を上り下りして平坦な直線404mを迎える。基本的に先行馬に有利なコース。

現在の予想人気

1番人気:ウリウリ
2番人気:クイーンズリング
3番人気:ウインプリメーラ

2月19日(金)10:30現在。参照元:netkeiba.com

◎クイーンズリング

父マンハッタンカフェ

春の時点で短距離血統といわれていましたが、3冠とエリ女に挑戦して 4.9.2.8着とイマイチの成績でした。前走のエリザベス女王杯では 最後の直線で2回ほど前が壁になって満足に追えなかったのに 勝ち馬と0.3差と健闘しました。

今回は重賞勝ちのある1400mに距離が短縮しますし、最終追い切りでもラスト1Fが12.0と動きましたので好走可能と思われます。人気を背負いますので、一番怖いのは出遅れですね。デムーロ騎手は常連さんですから(笑)。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の京都重賞1400mの成績:1-1-0-3

〇ウインプリメーラ

父ステイゴールド

本当はこちらを◎にしたかったのですが、6歳という年齢で〇に。前走の京都金杯では、川田騎手に替わった途端にスカッと快勝しました。今回も相変わらず調教で動きますし、この京都牝馬S(GⅢ)は京都金杯(GⅢ)と相性が良いので、引き続き好走必至かと思われます。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の京都重賞1400mの成績:0-1-0-5

▲ディープジュエリー

父ディープインパクト

デビュー戦から3連勝した割には、最近の成績がもう一つな同馬です。前走の新設重賞のターコイズSは、出遅れぎみで 1000mが61.1秒というスローペースを 大外をぶん回して勝ち馬と0.4差まで迫りました。

今回は わざわざ関東から戸崎騎手が駆けつけますので、何か秘策があるのではないでしょうか? ダイヤモンドSのファタモルガーナよりこちらが勝算ありと見たのでしょう。いずれにせよ今年の戸崎騎手のメインレースの成績は、1-3-4-6と複勝率57.1%と素晴らしいですので、買い目に入れておかなければなりませんね。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の京都重賞1400mの成績:0-0-0-1

△リーサルウェポン

父ディープインパクト

致命的な武器という馬名の由来の同馬です。前走は1000万勝ちから格上挑戦、しかも400mの距離延長を克服しての重賞2着でした。今回は更に距離が600mも短縮されて、斤量が4キロ増量される厳しい条件になりました。

最終追い切りでは CWコース追いで4Fを49.5秒と出走馬中一番速いタイムを叩きだしました。鞍上もすでに重賞勝ちのあるフォーリー騎手と、本気土が感じられます。

注レッドオーヴァル

父ディープインパクト

2013年の 桜花賞(GⅠ)で2着になった同馬ですが、最近はもっぱら1200m専門的な感じに見受けられます。1400mは 2-1-1-2とまずまずの成績ですが、過去3年間で スワンS4着、阪急杯3着9着と、牡馬に交じってまずまずの成績を残して来ています。

そもそも、牝馬限定戦に出走するのは 2013年のローズS以来です。牡馬と互角に戦ってきているので、ここでは力が違うかと思われます。

最近坂路での追い切りが少なくなって来たのが気がかりですが、体調さえ良ければ1発あってもおかしくないですね。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の京都重賞1400mの成績:1-0-1-3

その他人気の騎手の京都芝重賞1400mの成績(過去5年間)。

岩田康誠:0-1-3-3
四位洋文:0-1-1-4
福永祐一:0-1-2-5

第51回京都牝馬S予想まとめ

ウリウリですが、6歳馬で57キロという斤量を背負いますし、最終追い切りでの動きが今一つに見えたので無印にしました。

ちなみに 過去10年間の牝馬限定重賞で57キロを背負った馬は15頭いますが、成績は 2-1-1-11と微妙な感じに。単勝10倍以内ですと2-1-1-4と複勝率が50%に。但し馬券に絡んでいるのはすべて4.5歳馬です。

◎:クイーンズリング
〇:ウインプリメーラ
▲:ディープジュエリー
△:リーサルウェポン
注:レッドオーヴァル

➔第51回京都牝馬S過去の傾向
➔第51回京都牝馬S調教診断

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です