2強対決で決まるのか?逃げ馬が鍵を握る!?第56回きさらぎ賞を予想

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!

今週は雨も降らずに良い天気でしたね、どうやら良馬場で行われそうです。

日曜日に行われます 第56回きさらぎ賞(GⅢ)の予想をしていきたいと思います。

このレースの見どころは何と言っても 2億4150万円のサトノダイヤモンドと2億5200万円のロイカバードの高額落札馬どうしの対決ですね。

この2頭はもうすでに新馬戦で対決していまして、サトノダイヤモンドが圧勝したのですが、今回はどうなんでしょうか?

第56回きさらぎ賞予想

2016年 2月 7日(日) 2回京都4日目 9頭 [15:35発走]

3歳・オープン・G3(別定)(国際)(特指) 芝1800m・外 (B)

馬名S性齢斤量替 騎手
11オウケンダイヤ牝3 54*国分恭介
22レプランシュ牡356内田博幸
33ロイカバード牡356 武豊
44ロワアブソリュー牡356 M.デム
55オンザロックス牡356*小崎綾也
66ウルトラバロック牡356*ヴェロン
77モウカッテル牡356*バルジュ
88ノガロ牡356*松若風馬
89サトノダイヤモンド牡356 ルメール

コース解説

京都芝外1800m。スタート地点は、2コーナーの奥のポケット。最初は直線だけで約900mも走る。コーナーは2個しかなく、最後の直線は399m。

圧倒的に逃げ先行有利なコースでもある。

現在の予想人気

1番人気:サトノダイヤモンド
2番人気:ロイカバード
3番人気:ロワアブソリュー

2月5日(金)12:30現在。参照元:netkeiba.com

◎サトノダイヤモンド

父ディープインパクト

セレクトセールで2億4150万円で落札された高額馬です。同馬の母は、アルゼンチンのGIを3勝した マルペンサという馬です。母の父Orpenは ダンジグの孫にあたります。

新馬戦ですでに もう1頭の人気馬の ロイカバード圧勝しています。2戦目に500万の平場を選んだのかが気になる所ですが、現時点での完成度ではこの中では1番でしょう。

ただ、勝ち切れるかというと どうでしょうか?上がり最速が33.9でしかありません。これはまだ良馬場で走っていないからかもしれませんが。

前2走のレース1000m通過が 64.3秒と63.8秒なので、60~61秒台になる今回は追走に苦労しないかが心配点ですね。4コーナーで置かれてしまうとさすがに苦しいので、中団には取り付けたいですね。

〇ロイカバード

父ディープインパクト

値段では2億5200万円とこちらが1着なのですが(笑)。

新馬戦では サトノダイヤモンドに完敗しましたが、前走では 1000m通過が60.9秒の流れを 大外を周って直線ではムチを2発入れて強めに追っただけの楽勝でした。レースを経験するごとに強くなっていく感じがします。

今回は3番枠を引きましたので、武騎手はインを突きそうな気がします。何とかサトノよりも上の着順をゲットしたいものです。

▲ロワアブソリュー

父ゼンノロブロイ

新馬戦で0.4差をつけた2着のミッキーロケットが 前走の梅花賞でこれまた勝った アドマイヤダイオウに0.4秒差で2着しました。

アドマイヤダイオウは新馬戦で リオンディーズに0.7差の3着に敗れていますので、もしロワアブソリューが朝日杯FSに出走していれば 1.35.1で2着のエアスピネルに0.6秒離された3着という計算が成り立ちます。

そうなるとここでも十分に勝てる可能性があるという事になります。まあ計算上の話しですが。2強と違って この馬は坂路でビシバシ鍛えられていまして、前走後も速い追い切りを3本消化し万全の状態でレースに臨めそうです

不安点は、師が言うには怖がりな面があるという事ですので、馬群に揉まれた場合はアウトの可能性が高いです。逃げるか最後方に控えるかの2択になると思いますが、おそらく逃げるかと思われます。外の隣に逃げ馬が2頭いますが、オンザロックスの2番手につける可能性が髙そうですね。

△レプランシュ

父ディープインパクト

この馬は出遅れ癖がありますのであてにはできませんが、末脚は素晴らしい物を持っています。前走でも超スローを大外から究極の上がり33.1できっちりと差し切りました。今回は上位2頭にはかなわないかもしれませんが、3着になら突っ込める可能性は十分持っていますね。

ただ、鞍上のウチパクさんが・・・34戦連続で馬券に絡めていませんので・・・

注ノガロ

父キングカメハメハ

成績だけを見ると平凡ですが、新馬戦は直戦でどん詰まりで大外に持ち出す不利ながら 勝ち馬のエアスピネルに1秒差。2戦目の未勝利戦もデムーロ騎手で これまたどん詰まり。3戦目は初めてスムーズな競馬で楽勝しました。

前走は中山の500万特別に参戦したのですが、直線でやや馬群にもまれたために3着に敗れました。しかしスムーズでも勝つことは無理と思われる内容でした。

今回は3番手あたりにつけて、早め先頭で粘り込む戦法に出る予感がしますが、後ろから行けば馬券にはならないでしょうね。

第56回きさらぎ賞予想まとめ

今回は堅いレースになる予感がします。荒れるとすれば、流れが遅くなり 逃げ馬を捕えきれないという展開しかないと思います。デムーロ・松若の両騎手がどれだけ粘れるかですね
馬券的には、3連複で2強の2頭軸から デムーロ、松若、内田騎手へ3点ですが、おそらくオッズが低いでしょうね。

◎:サトノダイヤモンド
〇:ロイカバード
▲:ロワアブソリュー
△:レプランシュ
注:ノガロ

icon-link きさらぎ賞過去の傾向
icon-link きさらぎ賞調教診断

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です