平安S2016予想~アスカノロマンに対抗できる馬は?

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

第23回平安S予想

どうも、ごりょんさんです。

明日の土曜日に京都競馬場で行われますGⅢレース、

第23回平安S

を予想します。

単勝1倍台の人気が予想されましたアウォーディーが回避という事で、一気に混戦模様となりました。

第23回平安S予想

2016年 5月21日(土) 3回京都9日目 15頭 [15:35発走]

4歳以上・オープン・G3(別定)(国際)(指定) ダート1900m

馬名S性齢斤量替 騎手調教師
11マジェスティハーツ牡656 森一馬(栗)松永昌博
22ドコフクカゼ牡656*岩田康誠(栗)友道康夫
23ショウナンアポロン牡657松岡正海(美)古賀史生
34ロワジャルダン牡557*M.デム(美)戸田博文
35マイネルクロップ牡656 和田竜二(栗)飯田雄三
B46クリソライト牡658 川田将雅(栗)音無秀孝
47ブライトアイディア牡656*藤岡佑介(栗)宮徹
58トラキチシャチョウ牡556 松山弘平(栗)目野哲也
59ラインルーフ牡456*武幸四郎(栗)松永昌博
610ストロングサウザー牡557田辺裕信(美)久保田貴
611クリノスターオー牡656*幸英明(栗)高橋義忠
712アムールブリエ牝5 56*浜中俊(栗)松永幹夫
713トップディーヴォ牡456 四位洋文(栗)昆貢
814アスカノロマン牡558 太宰啓介(栗)川村禎彦
815サンマルデューク牡756武士沢友(美)小島太

コース解説
京都ダート1900m

スタート地点はスタンド前の直線半ばよりやや右寄り。1コーナーまでは直線で380m。コーナーを4つ周る。3.4コーナーにかけて上り下りの坂がある。最後の直線は平坦で329M。逃げ・先行馬に有利なコース体形。

現在の人気

1番人気:アスカノロマン
2番人気:ロワジャルダン
3番人気:クリノスターオー

5月20日(土)0:30現在。参照元:netkeiba.com

◎アスカノロマン

父アグネスデジタル

今年に入りましてGⅡ東海S優勝、フェブラリーS3着、アンタレスS2着と安定した成績を残してきました。

フェブラリーSではノンコノユメとタイム差無しですので、今やダート界では現役のトップクラスと言えます。

前走でも、3着馬に3馬身の差をつけており、前走の再対決のような今回のレースは負けようがありません。

最終追い切りも、馬なりで5Fを66.1出走馬中最速タイムを叩きだしました。

今回は8枠14番からのスタートになりますが、内の馬を見ながら進めますので、かえって良いかと思われます。

帝王賞へ向けて負けられない1戦になりますね。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の京都D重賞1900mの成績:0-0-1-2(0%-0%-33.3%)

○クリソライト

父ゴールドアリュール

3歳時にはJDDを圧勝、その他でもGⅠのJBCクラッシック、帝王賞での2着もある実力馬です。

地方だけに限りますと、GⅡでは3-1-0-0。GⅢでは0-1-0-0。

ところが、中央の重賞では0-0-0-5とイマイチの成績に。

しかし前走では4着に好走しましたので、今回はもう1つ上の着順を目指せそうです。

最終追い切りの動きもまずまずで、絶好枠の6番を引き当てましたので、前回のように包まれずにレースが出来そうです。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の京都D重賞1900mの成績:0-0-0-3(0%-0%-0%)

▲クリノスターオー

父アドマイヤボス

一昨年優勝、昨年が2着と相性の良いレースに3年連続で出走してきましたね。

GⅢでは、一昨年のアンタレスSで16着と大敗した以外は全て掲示板に載っており、鞍上の幸騎手とのコンビでは、重賞で3-3-1-4の好成績を残しています

中央の重賞を3勝しているのに斤量は56キロというのはどう考えてもプラスになりますね。

今回の最終追い切りでは抜群の走りを見せましたので、今回は狙い目になります。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の京都D重賞1900mの成績:1-2-0-2(20%-60%-60%)

△アムールブリエ

父Smart Strike

お母さんが2005年の天皇賞秋の優勝馬のヘヴンリーロマンス、お兄さんがアウォーディー、弟が最近アメリカのケンタッキーダービーに出走して9着だったラニです。

中央の重賞は初挑戦になりますが、前々走tihou GⅠ川崎記念ではホッコータルマエに0.8差の3着と健闘しました。

今回は男馬相手に56キロと苦しい勝負になりますが、血統の良さを活かして馬券内を狙いたいですね。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の京都D重賞1900mの成績:1-0-0-3(25%-25%-25%)

注ドコフクカゼ

父ワイルドラッシュ

当レース3年連続の出走になります。

一昨年8着、昨年7着と、今一歩の成績ですので今回も苦戦は覚悟の上です。

前走のOP特別戦では、向こう正面の直線半ばで先頭に立ってしまい、ラスト100mの失速に繋がりました。

鞍上の岩田騎手は、今年に入って人が変わったように乗れなくなりましたが、ダート戦では勝負強さを見せています。

今回は先行しなければアウトですので、積極的に乗って欲しいですね。

icon-exclamation-circle 鞍上の過去5年間の京都D重賞1900mの成績:0-0-1-2(0%-0%-33.3%)

その他の騎手の京都D重賞1900mの成績(過去5年間)。

和田竜二 1-0-0-3(33.3%-33.3%-33.3%)
松山弘平 0-1-0-1(0.0%-50.0%-50.0%)


人気ブログランキング

今回のデータは役に立ったと

思われた方、よければクリック

よろしくお願いします。

第23回平安S予想まとめ

◎:アスカノロマン
〇:クリソライト
▲:クリノスターオー
△:アムールブリエ
注:ドコフクカゼ

➔第23回平安S傾向
➔第23回平安S調教診断

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です