阪神ジュベナイルフィリーズ2016予想~データ傾向最終追い切り

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

第68回阪神ジュベナイルフィリーズの過去5年間のデータ・最終追い切りの様子を総合してレースを予想していきたいと思います。

今年も2歳牝馬たちによる頂上決戦の時期がやってきました。当日は香港でも国際GⅠ競争の香港国際競走が4レース予定されており、まさに真冬の競馬デーですね。

今年の阪神ジュベナイルフィリーズでは4頭の重賞ホースが出走を予定しています。その中でも牡馬を蹴散らして優勝した馬が3頭もいます。

デイリー杯2歳S(GⅡ)では上がり3F33.6の末脚で差し切り勝ちを収めたデビューから3戦無敗のジューヌエコール(栗東 安田)。

夏の小倉の1200m戦の小倉2歳S(GⅢ)では6馬身差の圧勝でしたレーヌミノル(栗東 本田)。ハープスターと同じく2戦目で新潟2歳S(GⅢ)を楽勝したヴゼットジョリー(栗東 中内田)など。

その他では、14戦14勝で引退した史上最強馬フランケルの初年度産駒ソウルスターリング(美浦 藤沢)も注目されています。

ちなみに現在JRAではフランケル産駒は5頭が登録されています。来週の2歳牡馬の朝日杯FS(GⅠ)に牝馬で挑戦するミスエルテ(栗東 池江)も同馬の産駒です。

スポンサーリンク

第68回阪神ジュベナイルフィリーズ出馬表

2016年12月11日(日) 5回阪神4日目 18頭 [15:40発走]

2歳・オープン・G1(馬齢)(牝)(国際)(指定) 芝1600m・外 (A)

馬名性齢替 騎手斤量調教師馬主生産者毛色誕生
11 ディーパワンサ牝2 *シュタル54(栗)松下武士キャロットファームノーザンファーム栗毛2月 7日
12*ソウルスターリング牝2 ルメール54(美)藤沢和雄社台レースホース社台ファーム青鹿2月13日
23 エムオービーナス牝2 木幡初也54(美)鹿戸雄一大浅貢門別牧場栗毛4月 4日
24 レーヌミノル牝2 *蛯名正義54(栗)本田優吉岡實フジワラフアーム栗毛4月24日
35 ポンポン牝2 嘉藤貴行54(美)田中清隆ミルファームハクツ牧場黒鹿3月17日
36 ショーウェイ牝2 松若風馬54(栗)斉藤崇史吉冨学中脇満鹿毛4月16日
47 ブラックオニキス牝2 城戸義政54(美)加藤和宏岡田牧雄広富牧場青鹿2月26日
48 サトノアリシア牝2 池添謙一54(栗)平田修里見治ノーザンファーム鹿毛4月 8日
59 ジャストザマリン牝2 *四位洋文54(栗)牧浦充徳ジャスト・タイムクラブ恵比寿興業株式会社那須野牧場鹿毛4月12日
510 クインズサリナ牝2 *シュミノ54(栗)西村真幸亀田和弘佐竹学黒鹿4月30日
611 ジューヌエコール牝2 *バルザロ54(栗)安田隆行サンデーレーシングノーザンファーム鹿毛3月21日
B612 アリンナ牝2 *田辺裕信54(栗)松元茂樹ノルマンディーサラブレッドレーシング岡田スタツド鹿毛2月21日
713 ゴールドケープ牝2 丸山元気54(栗)荒川義之グリーンファーム社台ファーム鹿毛3月 3日
714 スズカゼ牝2 *松田大作54(美)伊藤正徳ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン藤原牧場鹿毛4月17日
715 フェルトベルク牝2 川島信二54(栗)荒川義之加藤徹三嶋牧場鹿毛5月 1日
816 シグルーン牝2 *藤岡康太54(栗)宮徹岡田牧雄岡田スタツド栗毛1月26日
817 ヴゼットジョリー牝2 *和田竜二54(栗)中内田充社台レースホース社台ファーム黒鹿2月28日
818 リスグラシュー牝2 *戸崎圭太54(栗)矢作芳人キャロットファームノーザンファーム黒鹿1月18日

ごりょんさん

第68回阪神ジュベナイルフィリーズ現在の予想人気

1番人気ソウルスターリング
2番人気リスグラシュー
3番人気ジューヌエコール
4番人気レーヌミノル
5番人気ヴゼットジョリー

12月9日(金)13:00現在。

参照元:netkeiba.com

第68回阪神ジュベナイルフィリーズ過去5年の傾向

第68回阪神ジュベナイルフィリーズ過去5年の傾向を簡単にまとめました。

  • 単勝30倍以上で4頭馬券に絡む中波乱のレース
  • 1枠が過去5年で2勝
  • 差し馬が4勝と馬券の中心に
  • 4コーナー13番手以下は0-1-1-23
  • ノーザンFが3-2-1-13と好成績を残す
  • キャリア5戦以上0-0-0-12
  • 前走GⅢからが3-4-2-28(8.1%-18.9%-24.3%)
  • 前走アルテミスS組1-2-1-3(14.3%-42.9%-57.1%)

予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

第68回阪神ジュベナイルフィリーズの最終追い切りタイムと前走の調教タイム

第68回の阪神ジュベナイルフィリーズ全馬の最終調教タイムと前走時の追い切り時計です。アルファベット順になっています。

調教コース

坂路=青色 ウッドチップ=緑色

馬番馬名性齢調教日コースタイム前走コースタイム
1アリンナ牝212/07(水)栗坂54.2-39.2-12.2500万下1着栗坂56.3-39.9-12.6
2ヴゼットジョリー牝212/07(水)栗W84.3-67.8-52.2-37.9-11.8新潟2歳S1着栗坂55.0-40.2-12.2
3エムオービーナス牝212/07(水)美W69.3-53.9-38.6-13.6未勝利1着美W70.7-54.8-41.1-13.9
4クインズサリナ牝212/07(水)栗坂54.6-39.3-12.7ファンタジーS4着栗坂52.3-37.7-12.2
5ゴールドケープ牝212/07(水)栗P良65.4-50.5-37.6-11.8500万下1着栗P良67.5-52.1-37.9-11.3
6サトノアリシア牝212/07(水)栗坂54.0-38.7-12.2アルテミスS5着栗坂53.5-38.9-12.6
7シグルーン牝212/07(水)栗坂53.7-39.5-12.5アルテミスS3着栗坂53.3-38.9-12.6
8ジャストザマリン牝212/07(水)栗坂55.1-40.0-12.4新馬1着栗坂57.5-42.2-13.3
9ジューヌエコール牝212/07(水)栗W54.7-39.5-11.7デイリー杯2歳S1着栗坂51.8-37.9-12.1
10ショーウェイ牝212/07(水)栗W83.5-67.1-52.2-38.3-12.9ファンタジーS2着栗W85.1-68.5-53.1-38.9-12.4
11スズカゼ牝212/07(水)美坂55.3-39.6-12.3500万下5着美坂53.6-39.0-12.6
12ソウルスターリング牝212/07(水)美坂55.1-40.5-12.4アイビーS1着美W69.4-53.7-39.8-12.8
13ディーパワンサ牝212/07(水)栗W86.2-70.3-54.7-39.7-12.0デイリー杯2歳S4着栗W82.9-67.6-53.4-39.3-12.8
14フェルトベルク牝212/07(水)栗P良63.6-48.2-35.8-12.1500万下8着栗W83.9-68.7-54.5-40.3-12.9
15ブラックオニキス牝212/07(水)栗W84.5-68.2-52.9-39.0-12.6ファンタジーS8着美P良69.7-54.2-40.1-12.4
16ポンポン牝212/07(水)美坂58.0-42.4-13.9500万下8着美坂53.1-39.0-12.5
17リスグラシュー牝212/07(水)栗坂55.2-39.5-12.3アルテミスS1着栗坂53.8-38.5-12.2
18レーヌミノル牝212/07(水)栗W66.9-51.3-37.1-11.7京王杯2歳S2着栗W84.7-68.0-53.4-39.3-12.4

第68回阪神ジュベナイルフィリーズ参考レース動画

こちらはスマートフォンでのみ視聴可能になります。

シンガリマケ

過去3年間のレースVTR

2015: スマホ
2014: スマホ
2013: スマホ


ごりょんさん

参考レース

第51回デイリー杯2歳S スマホ
第21回ファンタジーS スマホ
第05回アルテミスS スマホ


シンガリマケ

第68回阪神ジュベナイルフィリーズ予想

前半の4Fは46~48秒の間です。46秒台が5年で3回と、前傾の競馬になり易いです。アリンナが圧勝した秋明菊賞の46.7秒がいちばん近い感じかと思われます。その点でもアリンナと田辺騎手には注意が必要ですね。

シンガリマケ
過去5年間の前半-後半の時計と勝ち時計です。
前半4F後半4F勝ち時計
2015年 46.9 47.61.34.5
2014年 47.2 47.21.34.4
2013年 46.3 47.61.33.9
2012年 45.9 48.31.34.2
2011年 48.0 46.91.34.9

◎リスグラシュー

父ハーツクライ

新馬戦は50.4-46.6の完全なスローペースを終始大外を回るロスの多い競馬で差し届かずの2着でした。2戦目は一転先行してレコード勝ちの4馬身差の大楽勝でした。

重賞初挑戦の前走アルテミスS(GⅢ)ではこれまたスローペースを中団から進み、ラスト1Fで他馬を交わして初重賞勝ちを収めました。ちなみに2着はラキシス・サトノアラジンの下のフローレスマジック(牝2)でした。

今回は武豊騎手が香港国際競争でエイシンヒカリ(牡5)に騎乗するために戸崎騎手に替わります。

最終追い切りでは坂路で4F55.2秒と馬なりの軽い走りでしたが、1週前では51.8-37.3-24.3-12.4で並走馬を軽く交わしていますので仕上がり自体は文句のない内容ですね。

母の父がAmerican Postとあまり聞きなれない血統なので底力が問題になりますが、ネイティブダンサー系ですので心配はないと思いたいです。同じハーツクライ産駒でアルテミスSをレコード勝ちしたコレクターアイテムが1番人気で4着でしたので少し気になるところです。

過去5年間でアルテミスSからの直行馬の成績は1-2-1-3(14.3%-42.9%-57.1)と勝ちきれないまでも複勝率が57.1%ですので馬券の中心には持って来いかなと思います。

枠順が大外枠という事で不利になるかもしれませんが、阪神外回りの1600mは二けた馬番が活躍しているイメージもありますのでマイナスにはならないと思います。

今年のGⅠ成績が1-1-0-13とイマイチの鞍上の戸崎騎手ですが、得意の阪神1600m外回りで好走を期待します。

icon-exclamation-
circle
鞍上(戸崎)の阪神GⅠ芝1600mの成績:1-1-0-4

(16.7%-16.7%-33.3%)過去5年間。

○レーヌミノル

父ダイワメジャー

父がダイワメジャーで小倉2歳Sの勝ち馬という事でエピセアロームと被るところがあります同馬です。しかし小倉2歳Sでは1.08.0で2着馬に1秒もの差をつける圧勝でした。

前走の京王杯2歳Sでは勝ち馬のモンドキャンノ(牡2)に外から交わされましたが、馬体を伏せた形になればもう少し際どい勝負になったと思います。

今回主戦の浜中騎手がマイルCS(GⅠ)で騎乗停止になりましたので蛯名騎手がピンチヒッターになります。蛯名騎手は過去5年間でショウナンアデラ、ダノンプラチナで2勝を挙げていますので、乗り替わりがマイナスにはならないと思います。

1週前追い切りと最終追い切りではCWコースでラスト1Fが11秒台と完全なGⅠ仕上げを施されました。時に最終追い切りでは3頭伏せの大外を回ってゴール前で並走馬を計ったように差し切りました。このあたりは1600mの距離を考えての事だろうと思います。

1400mまでの経験しかありませんので何とも言えませんが、幸いにも内枠の4番を引き当てましたので距離のロス無く先行できますね。

去年の勝ち馬が同じダイワメジャー産駒のメジャーエンブレムですので、今回もなんとか頑張ってもらいたいです。

icon-exclamation-
circle
鞍上(蛯名)の阪神GⅠ芝1600mの成績:2-0-1-4

(28.6%-28.6%-42.9%)過去5年間。

▲ジューヌエコール

父クロフネ

新馬-ききょうS-デイリー杯2歳Sと3連勝で一気にGⅠ取りを目指します。その前走のデイリー杯2歳Sですが2、3着馬は未勝利戦を勝ちあがったばかりと、ややレースレベルに疑問が残ります。

勝ち時計の1.34.6秒は3Rに行われた未勝利戦よりも内回りと外回りの差がありますが0.1秒速いだけでした。

しかしレース内容を見ていますとまだまだ余裕があるような感じがしました。もう一段階ギアがありそうですね。

追い切りでは1週前・最終とCWでラスト1Fが11秒台と万全の状態で本番に臨めそうです。

鞍上は落馬負傷の福永騎手に替わりM.バルザローナ騎手のテン乗りになります。25歳の若手ですが、すでに重賞を3勝挙げています。3勝すべてが乗り替わりですので、テン乗りの今回でもマイナス材料にはならないと思います。血統的にも母の母が同じソニンクのロジユニヴァースですので期待できます。

枠順も過去5年間の成績が0-2-1-2(0%-40%-60%)の11番枠を引きましたのもラッキーです。このまま4連勝で一気にGⅠ制覇と行きたいですね。

icon-exclamation-
circle
鞍上(バルザローナ)の阪神GⅠ芝1600mの成績:0-0-0-1

(0%-0%-0%)過去5年間。

△サトノアリシア

父ハービンジャー

デビュー4戦目の前走アルテミスSでは、休み明けでプラス12キロと余裕のある作りでスローペースを中断から追走して届かずの5着でした。前半折り合いを欠いていたのが敗因ですね。

その前走の追い切りではバタバタ気味でラスト1Fが12.6秒でしたが、1週前は12.5秒、最終追い切りで12.2秒と徐々にピッチを上げていきました。しかしまっすぐに走っていないのが少し気になります(笑)。

父ハービンジャー産駒は重賞を3勝していますが、3勝すべて2000mで挙げており1600mの今回は距離が短い気がします。

今回8番枠を引きましたが、前走外枠であれだけ引っかかりましたので、前に壁を作れる意味で内枠は歓迎ですね。

今年の成績54勝の内、重賞を6勝も挙げている鞍上の池添騎手ですので一発を期待します。

icon-exclamation-
circle
鞍上(池添)の芝重賞00mの阪神GⅠ芝1600mの成績:0-3-0-5

(18.8%-18.8%-31.3%)過去5年間。

注ソウルスターリング

父Frankel

14戦14勝(GⅠ10勝)で引退した無敗の怪物フランケルを父に、GⅠ6勝のスタセリタを母に持つ超良血馬になります。

新馬-アイビーSと牡馬を相手にデビューから2連勝を飾り阪神ジュベナイルフィリーズで初GⅠ制覇を狙います。

前走の東京1800mのアイビーS(OP特別)の勝ちタイム1.48.9秒は翌日の1600万下の1.48.3と比べても0.6秒しか変わらず、なかなかレベルが高かったと思われます。

0.5差の3着エトルディーニュが札幌2歳Sで0.5差4着。0.9差の5着ルートディレクトリが新馬戦でリスグラシューに勝っていますのもレベルが高い裏付けになります。

1週前追い切りでは3頭伏せの最内で遅れた形になりました。最終追い切りでは坂路でゆったりと追われラストが12.4となかんかの走りを見せました。

父がフランケルですのでやや過剰人気と思われますが、絶好の2番枠を引き当てましたのでロス無く競馬を進めそうです。鞍上も相変わらず重賞で活躍しているルメール騎手なのも頼もしいです。

icon-exclamation-
circle
鞍上(ルメール)の芝重賞00mの阪神GⅠ芝1600mの成績:1-0-1-1

(33.3%-33.3%-66.7%)過去5年間。

第68回阪神ジュベナイルフィリーズ競馬予想まとめ

◎:リスグラシュー

〇:レーヌミノル

▲:ジューヌエコール

△:サトノアリシア

注:ソウルスターリング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です