【中京記念2016】傾向と予想~今年は高速切れ味勝負か?

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

第64回中京記念

どうも、ごりょんさんです。

今週は中京競馬場でGⅢのハンデ戦の第64回中京記念が行われます。

現在はJRAのサマーシリーズの真っ只中という事になります。

サマーシリーズは4つの部門で争われまして

  • サマースプリント(1200)
  • サマーマイル(1600)
  • サマー2000
  • サマージョッキー(騎手)

に分かれて争われます。

サマーマイル戦は今回が初戦となり、

  • 中京記念
  • 関屋記念
  • 京王杯AH

この3レースが対象になります。全3戦の最多ポイント獲得馬には3000万円の報奨金が支払われます。

スポンサーリンク

第64回中京記念出馬表

2016年 7月24日(日) 3回中京8日目 16頭 [15:35発走]

3歳以上・オープン・G3(ハンデ)(国際)(特指) 芝1600m (B)

馬名S性齢斤量替 騎手調教師
11カオスモス牡656*松若風馬(栗)森秀行
12ワキノブレイブ牡656*ホワイト(栗)清水久詞
23スマートオリオン牡657.5*武幸四郎(美)鹿戸雄一
24マイネルアウラート牡556*松山弘平(美)高橋裕
35タガノエトワール牝5 53*酒井学(栗)渡辺薫彦
36トウショウドラフタ牡354田辺裕信(美)萱野浩二
47ピークトラム牡556 小牧太(栗)橋口慎介
48ダッシングブレイズ牡456*ルメール(栗)吉村圭司
59カレンケカリーナ牝6 53*鮫島克駿(栗)安田隆行
510アルマディヴァン牝6 53*幸英明(美)高橋文雅
611ダノンリバティ牡456*武豊(栗)音無秀孝
612ケントオー牡456 和田竜二(栗)西橋豊治
713ガリバルディ牡555*福永祐一(栗)藤原英昭
714ダンスアミーガ牝5 53*デュプレ(栗)中竹和也
815タガノエスプレッソ牡455 M.デム(栗)五十嵐忠
816ダローネガ牡755*藤岡康太(栗)佐々木晶

ごりょんさん

現在の予想人気

1番人気:ダッシングブレイズ

2番人気:トウショウドラフタ

3番人気:タガノエスプレッソ

4番人気:ダノンリバティ

5番人気:ピークトラム

7月22日(土)24:00現在。

参照元:netkeiba.com 

過去4年の傾向

シンガリマケ
中京競馬場は2012年に新装されましたので、第64回中京記念の2012年~2015年までの過去4年間の傾向になります。

  • 単勝オッズ10倍以上で3勝2着4回と大荒れの展開
  • 勝ち馬は5.6歳が2勝ずつ。3.4歳馬は0-0-1-4
  • 57キロで3-1-1-5と複勝率50%
  • 馬体重が480キロ未満は0-1-0-23と不振
  • 8枠が2-1-0-5と好成績を残している
  • 差し追込み馬の成績が良い
  • キャロットファームが2-0-2-2と複勝率66.7%
  • 前走同級1着馬の成績2-0-1-1
  • 前走同級10番人気以下で4勝
  • 今回斤量増で3-0-2-6
  • 前走東京出走組が3勝
  • 前走OP特別組が2勝2着4回

今回は斤量増の馬はゼロ。という事は出走馬全体のレベルが低い事を表していますね。ちなみに出走馬中重賞勝ちのがあるのは、前年の優勝馬のスマートオリオン、トウショウドラフタ、タガノエスプレッソの3頭だけですね。

第64回中京記念予想

トップハンデが4戦連続の2ケタ着順で休み明け57.5キロのスマートオリオンという、波乱必至のレースになりそうです。

シンガリマケ

過去3年間のレースVTR

2015:パソコン スマホ

2014:パソコン スマホ

2013:パソコン スマホ


◎ダッシングブレイズ

父Kitten’s Joy

7/20(水)最終追い切り栗W82.1-66.0-51.7-38.7-11.7一杯
前走:京王杯SC4着栗坂53.4-39.0-12.1一杯

3走前の東京新聞杯(GⅢ)では1番人気で直線で内ラチに接触し競争中止になりました。そこから2戦して6.4着とイマイチの成績を残しています。

今回は落馬から3戦目になりますし、鞍上が名手ルメールにチェンジしますので、陣営の必死さが伝わって来ます。

ここ最近はコンスタントに33秒台の脚を使っている同馬にとって追込みの決まり易い中京マイルは持って来いの舞台になります。

何とか2着までに入って賞金を稼いで秋に備えたいところです。

icon-exclamation-circle 鞍上(ルメール)の中京芝重賞の成績:1-0-1-4

(16.7%-16.7%-33.3%)過去4年間。

〇マイネルアウラート

父ステイゴールド

7/20(水)最終追い切り美W69.8-54.7-39.9-12.8馬なり
前走:パラダイスS1着美W68.9-54.0-39.1-12.9強め

東京新聞杯(GⅢ)3着ですのでここでは実績上位です。阪神カップ9着ですがサンライズメジャーと0.1秒差ですので、ダッシングブレイズと同じくらいの能力を持っているはずです。

前走のOP特別では直線で前が壁になりましたが、難なく捌いて勝ち切りました。鞍上も今年好調の松山騎手ですし、内枠を引きましたのでインからロスなく先行して押し切りたいですね。

icon-exclamation-circle 鞍上(松山)の中京芝重賞の成績:1-2-0-20

(4.3%-13%-13%)過去4年間。

▲タガノエスプレッソ

父ブラックタイド

7/21(木)最終追い切り栗坂52.6-38.2-12.8一杯
前走:1600万下1着栗坂53.7-38.7-12.8強め

一応3頭しかいない重賞ウイナーの内の1頭になります。といってもデビュー4戦目で挙げた3歳時のデイリー杯(GⅡ)ですが。

前走の1600万戦でも48.0-45.6の超ドスローの逃げ切りという事で、展開に恵まれた感が大きいです。

しかし鞍上は天下の名手デムーロ騎手なので、押さえない訳にはいけないですね。今年もどう見ても力の足りない馬を再三馬券圏内に持ってきていますので。

好走例の多い8枠も歓迎ですが、後半に時計が掛かるパターンが多いレース傾向ですので、逃げると苦しい気がします。

デムーロ騎手の手綱捌きが見物ですね。

icon-exclamation-circle 鞍上(デムーロ)の中京芝重賞の成績:3-0-1-5

(33.3%33.30%-44.4%)過去4年間。

△ケントオー

父ダンスインザダーク

7/20(水)最終追い切り栗坂52.2-37.7-12.6一杯
前走:米子S1着栗坂53.3-38.5-12.7一杯

ひと昔前にケントニーオーという馬がいましたね、懐かしいです(笑)。

OPに昇格してから3.11.8.8.1という成績になります。重賞では11.8着と苦戦していますが、前走の圧勝をバネにここでも好勝負を期待します。

屋根の和田さんは人気ではイマイチの感がありますが、今回はさほど人気はしないと思いますので思い切って騎乗してもらいたいですね。

ちなみに今年の和田騎手の芝の重賞成績は0-0-0-20とまったく見せ場なしになっています。昨年もサトノルパンでの勝ち星が1つあるだけで連対率がなんと1.7%です(笑)。

icon-exclamation-circle 鞍上(和田)の中京芝重賞の成績:0-0-1-10

(0%-0%-9.1%)過去4年間。

注タガノエトワール

父キングカメハメハ

7/20(水)最終追い切り栗W80.2-64.6-50.5-37.2-12.0一杯
前走:マーメイドS12着栗W83.0-67.3-52.6-38.9-11.7馬なり

2走連続の2ケタ着順に敗れました同馬ですが、1600mでは1.32.0の好時計で走っており、時計の速くなった今開催では好走できる可能性があります。

最終追い切りの動きもCWコースで好時計を叩きだしており、ガラリ一変の期待が持てます。

53キロの軽量と内枠を活かして、何とか先行して粘り込みたいですね。

icon-exclamation-circle 鞍上(酒井)の中京芝重賞の成績:1-2-2-10

(6.7%-20%-33.3%)過去4年間。

第64回中京記念予想まとめ

◎:ダッシングブレイズ

〇:マイネルアウラート

▲:タガノエスプレッソ

△:ケントオー

注:タガノエトワール

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です