逃げ馬に要注意!?第53回愛知杯を予想する

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

SMAP騒動で揺れ動いてる芸能界ですが、中央競馬会の方でもSMAPのサイン馬券は発動するのでしょうか?

明日1月16日の土曜日に、極寒の中京競馬場で第53回愛知杯(GⅢ)が行われます。

フルゲートの18頭立て、トップハンデ馬55.5キロから最軽量馬50キロまでの5.5キロものハンデ差がありますので、大荒れになる事も十分考えられます。

現在の予想人気 参照:netkeiba com

  1. マキシマムドパリ 3.1
  2. シュンドルボン      4.6
  3. アースライズ         6.3

1番人気が予想されますマキシマムドパリ(牝4)ですが、鞍上がファブリス・ヴェロン騎手という外国人に。いったいどんな騎手なんでしょうか?

  • 1983年フランス生まれ 32歳
  • 2015年成績 974戦96勝
  • 昨年のフランスリーディング8位
  • JRA通算成績 0-1-0-7

こんなプロフィールのヴェロン騎手です。ちなみにJRAで言いますと、昨年の最多勝の戸崎騎手が940戦130勝ですね。8位では浜中騎手が803戦98勝です。これで見てみるとなかなかの腕前のジョッキーみたいですね。

第53回愛知杯予想

2016年 1月16日(土) 1回中京1日目 18頭 [15:25発走]

4歳以上・オープン・G3(ハンデ)(牝)(国際) 芝2000m (B)

馬名S性齢斤量替 騎手
11リメインサイレント牝6 53*藤岡康太
12ハピネスダンサー牝5 53 小牧太
23ヴィルジニア牝6 50*鮫島克駿
24バウンスシャッセ牝5 55.5*田辺裕信
35クインズミラーグロ牝4 53吉田豊
36グレイスフラワー牝7 52*勝浦正樹
47アースライズ牝4 53 川須栄彦
48フェリーチェレガロ牝6 52 和田竜二
59アルマディヴァン牝6 54*幸英明
B510メイショウスザンナ牝7 55*吉田隼人
611マキシマムドパリ牝4 53*ヴェロン
612フレイムコード牝7 53 菱田裕二
713マコトブリジャール牝6 53*秋山真一
714レイヌドネージュ牝6 53石川裕紀
715リーサルウェポン牝5 50*川島信二
816シュンドルボン牝5 54*大野拓弥
817タガノエトワール牝5 54 川田将雅
B818オツウ牝6 53*松山弘平

コース解説

中京芝2000m。スタート地点は、ホームストレッチの左側付近から。2コーナーまでは緩やかな上りで、1080m地点からは下りになっていく。最後の直線では高低差2mの急な上り坂があり直線距離は412.5m

◎シュンドルボン

父ハーツクライ

昨年は500万下から1600万下を3連勝でオープン入りしてエリザベス女王杯に挑戦。7着に敗れたが、マリアライトやヌーヴォレコルトにわずか0.2秒差と健闘した。

追い切り内容も良く、鞍上も地味だが重賞に強いイメージがあり、このメンバーならまとめて差し切る可能性大。

〇ハピネスダンサー

父メイショウサムソン

1000万下と1600万下を2連勝しての重賞初挑戦。自在性もあり内枠を引いた今回も楽に先行できそう。ショウナンパンドラを管理する高野調教師が送り込む秘密兵器的存在。

不安点はメイショウサムソン産駒という点。重賞ではイマイチの成績だが・・・

▲マキシマムドパリ

父キングカメハメハ

昨年のフローラSでも3着するなど、もともと地力はあったのだが、体質が弱く馬体重の変動が激しかった。オークス8着後に休養し馬体重が増えだしてから成績が安定しだしてきた。

秋華賞もハイペースの中、先行して3着に粘り込み、前走の1000万下では着差は無いが余裕の勝利。形の上では格上挑戦になるが、重賞では0-0-2-1とまずまずの成績。昨年のフランスリーディング8位のヴェロンを鞍上に迎え、初重賞制覇を狙う。

△オツウ

父ハーツクライ

持ったままで新馬戦を楽勝したのが4年前。ダートを使ってみたり色々回り道をして昨年オープン入り。5戦して0-0-2-3だが、牝馬限定戦は前走のターコイズS3着の戦のみ。

その前走も15番人気ながら逃げ粘っての3着。今回も先手を取ってしぶとく粘りたい。

注アースライズ

父マンハッタンカフェ

昨年の牝馬3冠レースで8.4.5着と今一歩足りない成績だった。昨年の年末に1600万下を鋭い末脚で制しオープン入り。今回も前走同様先行してインから抜け出したいところ。

第53回愛知杯まとめ

これだけさまざまなクラスからの挑戦となると、さすがに予想が立てられませんね。おそらくリーサルウェポンは人気になると思いますが、距離延長を嫌って無印にしました。

◎:シュンドルボン
〇:ハピネスダンサー
▲:マキシマムドパリ
△:オツウー
注:アースライズ

参照:♥第53回愛知杯の過去の傾向、展開などを分析する。♥
参照:♥第53回愛知杯2015年最終追い切り診断♥

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です