第67回阪神ジュベナイルフィリーズ予想【荒れる予感】

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

今日土曜日の阪神メインのチャレンジカップは人気薄の複勝とワイドを的中させてホッとひと息。このブログの予想では無印だったのですが、本日のパドックで良く見えたので最終追い切りと前走レースを確認。穴をあけるなら差し馬しかないと思い購入したのですが、正直この屋根ではまず馬券内はないと思っていたのでうれしい誤算でした。

明日12月13日は2歳牝馬たちによるGⅠレースの第67回阪神ジュベナイルフィリーズが行われます。1番人気はメジャーエンブレム。単勝オッズ一桁の馬が5頭と人気が割れています。

第67回阪神ジュベナイルフィリーズ予想

2015年12月13日(日) 5回阪神4日目 18頭 [15:40発走]

2歳・オープン・G1(馬齢)(牝)(国際)(指定) 芝1600m・外 (A)

馬名S性齢斤量単勝替 騎手
11アドマイヤリード牝2 54 15.4 6 菱田裕二
12メジャーエンブレム牝2 543.11 ルメール
B23マシェリガール牝2 54 76.217横山典弘
24クードラパン牝2 54 17.2 7*田辺裕信
35ペルソナリテ牝2 54 42.113柴田大知
36メイショウスイヅキ牝2 54 30.7 9*池添謙一
47クロコスミア牝2 54 21.9 8勝浦正樹
48メジャータイフーン牝2 54 48.114*川島信二
59アットザシーサイド牝2 548.63*三浦皇成
510ペプチドサプル牝2 54 36.211*古川吉洋
611ブランボヌール牝2 546.62 岩田康誠
612ウインミレーユ牝2 54 49.515*松山弘平
713ウインファビラス牝2 54 34.110松岡正海
714ジェントルハート牝2 54 68.316 藤岡康太
715キャンディバローズ牝2 54 9.1 5*アッゼニ
816キリシマオジョウ牝2 54110.518*小牧太
817デンコウアンジュ牝2 54 8.8 4*川田将雅
818メジェルダ牝2 54 36.712 四位洋文

コース解説
阪神1600m外回り。スタート地点は、向こう正面の直線のやや左側から。スタートしてしばらく直線を走り、緩いコーナーを2回曲がって473.6mもある最後の直線に。直線は残り200m付近から1.8mの急坂が待ち構えている。

現在の人気

1番人気:メジャーエンブレム
2番人気:ブランボヌール
3番人気:アットザシーサイド

12月12日(土)21:00現在。

◎ デンコウアンジュ

父メイショウサムソン

前走の東京の重賞アルテミスSを12番人気で出遅れながらも大外一気の快勝。一躍晴れの舞台へ。

この馬は新馬戦では直線まともに追えずに惨敗。続く未勝利戦でも直線首を上げたり斜めにヨレたりしたが、何とか1着に。前走で初めて直線真っ直ぐに走った。まともに走ると良い脚を使う。

今回は追込みの決まる阪神の外回りなので更に良い脚が使えそう。不安点は出遅れと直線の悪癖が出ないかどうか。

〇 ウインファビラス

父ステイゴールド

夏の新潟2歳Sでロードクエストの2着に。前走の東京のGⅢアルテミスSでは直線狭い内に突っ込むも進路が無くロスした感じの5着。

最終追い切りでは一杯に追われて並走馬を一瞬で交わし去った。父ステイゴールド母の父アドマイヤコジーンとマイルにはぴったりの血統で人気薄の1発を狙う。

▲ キャンディバローズ

父ディープインパクト

前走は京都のGⅢファンタジーSを僅差の差し切り勝ち。休み明けだったが力強く駆け抜けた。

今回は叩き2走目なので更に良くなるはず。最終追い切りでもラスト1Fが12.6と抜群で良いレースが期待出来そう。ただ、鞍上が替るのはどうか。

△ メジャーエンブレム

父ダイワメジャー

東京の新馬戦を好時計で圧勝、この時の2着馬がのちの東スポ杯2着馬のプロディガルサンに中山のOP特別で0.1差の2着したプランスシャルマン。続く2戦目もムチ1発で0.4差の楽勝。前走のGⅢアルテミスSは内と外に離れていた分差されてしまった感じ。

安定した先行力があるので軸にするには持って来いだが、父ダイワメジャーのGⅠ1600mの成績が1-1-2-37とさっぱりなのが心配。脚質的にも阪神外回りで先行すると苦しいような気がするが。

注 ブランボヌール

父ディープインパクト

新馬、函館2歳Sと連勝。3か月半の休養明けで臨んだファンタジーSではタイム差無しの3着に敗れる。しかし前走時は最終追い切りがラスト1F13.9と遅く、ヨレヨレで真っ直ぐ走れていなかった。

今回の最終追い切りは軽く仕掛けられただけで加速ラップを刻んでラスト1Fが最速の12.3と1叩きされてガラッと一変、今回は函館時の様な力強い走りが見られるはず。

阪神ジュベナイルフィリーズまとめ

展開ですが、メジェルダがハナ、キリシマオジョウ、メジャーエンブレムも前に付けそうです。デンコウアンジュは大外を回す可能性大ですか。

◎:デンコウアンジュ
〇:ウインファビラス
▲:キャンディバローズ
△:メジャーエンブレム
注:ブランボヌール

第67回阪神ジュベナイルフィリーズ

追い切り診断 ★データ ★予想

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です