第60回有馬記念を予想する~激走するのはどの馬か?

シェアする

オークス〇→▲   的中!
天皇賞(春)◎→△→〇 的中!
マイラーズC〇→◎   的中!
大阪杯〇→△   的中!
スプリングS◎→注   的中!
フィリーズレビュー〇→◎→▲ 的中!
日経新春杯◎→▲→△ 的中!
PR 競馬の軍資金を稼ぐ!

第60回有馬記念

12月27日(日)に行われます暮れのグランプリレース第60回有馬記念を予想します。

今年は混戦が予想され、この記事を書いている金曜日の昼の段階では全く予想が付きません。おそらく押し出される形でラブリーデイが1番人気になると予想されます。

3歳馬の菊花賞1.3着馬のキタサンブラックリアファルがこれに続くと思われます。

当レースの第60回有馬記念が引退レースになるゴールドシップのラストランにも注目が集まります。おそらくお得意の3コーナーからのマクリが見られるのではないでしょうか?

第60回有馬記念予想

2015年12月27日(日) 5回中山8日目 16頭 [15:25発走]

3歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝2500m (A)

馬名S性齢斤量単勝替 騎手
11オーシャンブルー牡757 76.314*石川裕紀
12ヒットザターゲット牡757 25.910 小牧太
23ラストインパクト牡557 20.6 8*菱田裕二
24ラブリーデイ牡5575.52 川田将雅
35アドマイヤデウス牡457 32.811 岩田康誠
36アルバート牡457 18.0 7*アッゼニ
47ゴールドアクター牡457 21.1 9吉田隼人
48ワンアンドオンリー牡457 34.012*浜中俊
59サウンズオブアース牡457 17.4 5 M.デム
510トーセンレーヴ牡757 83.315 ボウマン
611キタサンブラック牡3558.03*横山典弘
612リアファル牡355 8.9 4 ルメール
713ルージュバック牝3 53 17.4 6戸崎圭太
714ダービーフィズ牡557134.216田辺裕信
815ゴールドシップ牡6572.41*内田博幸
816マリアライト牝4 55 37.313蛯名正義

コース解説

中山芝2500m。スタート地点は、外回りコースの3コーナー手前付近、コーナーを計6回周る。最後の直線は中央4場所で最短の310m。コーナーが多いので基本的に先行有利。ディープインパクトが国内戦で唯一敗れたレースでもある。

現在の人気

1番人気:ゴールドシップ
2番人気:ラブリーデイ
3番人気:キタサンブラック

◎ ラブリーデイ

父キングカメハメハ。

今年の夏のグランプリレース宝塚記念の勝ち馬。秋は京都大賞典を楽勝して天皇賞秋でも危なげない勝ち方で受賞4連勝を達成。続くジャパンCでは展開のアヤで差されての僅差3着に。

休み明け4走目になるが追い切りでも変わらず動いており、4枠という絶好枠を引いたことで馬券圏内に入る確率がぐんと上がった感じ。

今回はスローペース確実と思われるので先行する同馬にとって展開も向きそう。不安点を挙げるとすれば、今回が休み明け4戦目という事と今年すでに9戦も走っている事。

〇 キタサンブラック

父ブラックタイド。

今年の菊花賞馬。ダービーはハイペースに巻き込まれて大敗したが、秋初戦のセントライト記念では持ち前の先行力を活かして押切り勝ち。続くGⅠ菊花賞では好位追走から内を突いての勝利。

今回は相手が格段に強くなるが、しぶとい先行力を活かしてどこまで粘れるか。

▲ サウンズオブアース

父ネオユニヴァース。

去年2014年の菊花賞2着馬。今年は日経賞から始動したが、後方から追い込むも届かずの4着。続く天皇賞は完敗。5ヵ月休養を挟み、京都大賞典ではラブリーデイの2着。続くジャパンカップでは、名手デムーロに騎手に乗り替わったが中団から伸びるも5着に敗れた。

ただラブリーデイとは僅か0.2差。今回は叩き3走目で、4走目のラブリーデイとは逆転の可能性もあるかも。

△ ラストインパクト

父ディープインパクト。

前走あわやのショウナンパンドラの2着に。これは鞍上ムーア騎手の好騎乗による所が大きい。最終追い切りでも前走同様の動きをしており、ショウナンパンドラが回避した現時点では、ジャパンカップ最先着馬になる。

当然今回は期待されるはずだったが、鞍上のムーア騎手が騎乗停止になり、天皇賞でどん詰まりで全く追えなかった菱田騎手に乗り替わる。これはマイナス材料。逆に考えるとマークされる事はなく人気にならないだろうから思いきって騎乗できる。

注 アルバート

父アドマイヤドン。

500万、1000万、1600万と勝ち進み、前走は初のオープン、しかもGⅡで圧勝して破竹の4連勝。今もっとも勢いがある同馬。今年絶好調の堀厩舎が若手外国人のアッゼニ騎手に託して一発を狙う。内で脚を貯められる6番枠もベストに近い枠に。

不安材料は前走の2.3着馬が条件馬というレベルの低いレースだった事。

第60回有馬記念予想まとめ

これといった逃げ馬が見当たらない今回はかなりのスローが予想されます。

◎:ラブリーデイ
〇:キタサンブラック
▲:サウンズオブアース
△:ラストインパクト
注:アルバート

参照:♥第60回有馬記念を分析する【馬券データ】♥
参照:♥ゴールドシップの状態は?第60回有馬記念2015年最終追い切り診断♥

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です